背中のシミを消したい!気になる美白ケアは?



ふだんあまり意識しないだけに、背中にシミが見つかるとショックですね。原因が思い当たらないと、不安にもなります。

美しい背中を保つためには、夏の間だけ背中のことを気にするのでは不十分で、一年を通したケアが必要です。


今回は背中のシミの原因と、ケア方法について詳しく説明します。


背中のシミの原因



シミの原因の多くは紫外線ですが、背中のシミはそれ以外にも、気づきにくい原因があります。それはどんなものでしょうか?

紫外線

海水浴や露出の多い服装のときはもちろん、薄手のTシャツやブラウスを着ているときも、背中は紫外線を浴びています。

1枚はおっているからといって油断はできません。紫外線にはUVBとUVAの2種類があり、UVAは薄い布地なら通過して、少しずつ肌にダメージを蓄積していきます。


紫外線が当たると、肌はメラニン色素を作って黒い日焼けになります。

メラニンはターンオーバーで排出されますが、ダメージが蓄積した部分がシミになることがあります。


いったんシミができると中々消えないのは、ターンオーバーが停滞しているだけでなく、メラニンの異常生産が続いているからです。

<参考サイト>:シミの疑問 Q&A |ハイチオール【エスエス製薬】

ニキビ跡

背中の中央は皮脂腺が多く、ニキビができやすい所です。

背中のニキビは汗を吸った下着と接触するので、化膿ニキビになりやすいのが特徴です。


背中のニキビは見えないので、でき始めのときに痒みが出るとつい掻いてしまうのも、ニキビを悪化させる原因です。

ニキビが化膿すると皮膚の深くまでダメージが及び、ニキビ跡になったり、色素沈着が起きやすくなります。

接触や摩擦による色素沈着

入浴のときのタオルでのゴシゴシ洗いも、背中のシミや色素沈着の大きな原因になります。

とくに痒みのあるときは、ナイロンタオルなどでゴシゴシこすってしまいがちですが、これは良くありません。


また、きついブラジャーがいつも背中の皮膚と接触していると、接触性の色素沈着が生じることがあります。

化学繊維のキャミソールなども、サイズが小さいと背中とこすれ合って、色素沈着の原因になります。


背中は乾燥しやすく、痒みが出やすい所なので、しょっちゅう爪で掻いていると、やはり接触性の色素沈着の原因になります。

<関連記事>:シミの種類、炎症後色素沈着って何?

背中のシミのケア



背中も顔と同じケアを、というのは無理がありますが、シミが見つかったときは話が別です。

背中のシミは1個だけというケースは少なく、見つかるときはパラパラと何カ所にもあるのが普通です。


そんなときのケアはどうしたら良いのでしょうか?

紫外線対策の徹底

まず、できてしまったシミをこれ以上紫外線にさらさないことが重要です。

夏のレジャーは今まで以上に紫外線対策を徹底する必要があります。


薄手のブラウスを着るときは、背中にも日焼け止めクリームが必要です。

とくに白いブラウスは紫外線を通しやすいので、肌を露出していないからといって油断できません。

美白化粧品で美白する

「薬用」や「医薬部外品」の表示がある、美白成分を配合した化粧品で、背中を美白しましょう。

短期間で目に見える効果はありませんが、3ケ月、半年と続けることでシミを美白する効果が期待できます。


朝と夜の入浴後に、化粧水で保湿した後に美白美容液を塗るのがおススメです。

美容液を塗った後は、乳液かクリームでカバーします。


シミに有効な美白成分には、成分によって「メラニン色素の生成を抑制する」、「できたメラニンを漂白する」、「ターンオーバーを促してメラニンを排出する」などの作用があります。

メラニンの生成を抑制する成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸などがあります。ビタミンC誘導体はメラニンを漂白する作用もあります。


ターンオーバーを促す成分には、4MSK(資生堂の美白美容液の成分) 、エナジーシグナルAMP(大塚製薬の美白美容液の成分)などがあります


<関連記事>:シミ・美白化粧品の効果がでる期間は?

背中のシミの予防



背中のシミの予防でもっとも大切なのは、やはり紫外線対策です。

その他に背中に特有の注意もあるので、チェックしておきましょう。

夏の服装に注意

背中を露出するファッションのときは、背中にも日焼け止めクリームを必ず塗りましょう。

汗をかいた後は、塗り直す必要があります。


薄手のブラウスを着るときも、日焼け止めクリームが必要です。

羽織りものは紫外線カット素材のものを選び、なるべく色の濃いものが紫外線を通しにくくなります。

シミの原因になる刺激を与えない

紫外線以外の、シミの原因になる刺激にも注意しましょう。

背中のシミの原因の説明で触れたように、1.入浴時のタオルでのゴシゴシ洗い、2.爪で引っ掻く、3.下着で締めつける、などの刺激が色素沈着やシミの原因になります。


ウエストを締めつける下着も背中の痒みを誘発することがあるため注意が必要です。

下着は汗を吸収しやすい素材を選ぶと、ニキビの予防になり、痒みが出にくくなります。

長すぎる入浴で背中を乾燥させない

熱いお風呂に長時間入ると、肌の保湿成分が失われて乾燥します。

湯温は冬でも41度以下にし、入浴時間は10~15分(半身浴では20分程度)が適当です。


背中を乾燥させると、痒みが出やすいだけでなく、肌のバリア機能が低下して、様々な刺激に対する抵抗力が弱くなります。

入浴後に保湿クリームを塗るときは、手脚だけでなく背中にも塗りましょう。

清潔を保つ

何日も同じパジャマを着続けると、汚れたパジャマが化膿ニキビの原因になることがあります。

汗をかきやすい夏は、夜だけでなく朝もシャワーをあびて、寝ている間に掻いた汗や汗の成分を流しましょう。朝は石けんを使う必要はありません。

美白化粧品でシミを予防する

美白化粧品は、「予防」に使うのが本来の使い方です。

美白成分も「メラニンの生成を抑える」という予防効果のあるものが主流です。


うっかり背中を日焼けさせてしまったなど、シミができる心配のあるときは、背中にも美白化粧品を使用することをおススメします。

ただし、日焼けした直後ではなく、赤みが治まってから使用してください。


結婚式などでドレスを着る予定がある場合も、半年くらい前から美白化粧品でシミやくすみを予防しましょう。

夏以外も時々背中をチェックする

背中を見せる季節だけ背中をチェックしたのでは、いざというときに間に合いません。

季節を問わず、ときどき合わせ鏡をして背中の肌をチェックしましょう。


シミが見つかった時はもちろん、赤みや薄茶色の色素沈着などに気づいたら、原因を考えて早めに対処することが必要です。

人に背中を見せることは多くはありませんが、それだけに見られるときには美しい背中でありたいですね。

<関連記事>:顔と首の色が違う?!首の集中美白をしよう!


シミや色素沈着によるクスミのある背中にならないために、この記事をぜひお役立てください。

<背中のシミを消したい!気になる美白ケアは? まとめ>

  • 背中のシミの原因で一番大きいのは紫外線
  • ニキビや擦(こす)るなどの刺激も背中のシミの原因になる
  • 夏は背中にも日焼け止めクリームを塗ろう
  • 背中のシミは美白化粧品でケアしよう
  • 時々背中をチェックして早めに対処する