肝斑は、シミのレーザー治療では消せない!



美容外科や皮膚科で行われるシミの治療方法といえば、薬の処方とともにレーザー治療が思い浮かびますが、中でもレーザー治療が難しいとされるのは「肝斑(かんぱん)」です。

肝斑はシミのレーザー治療では消せないだけではなく、レーザー治療、光治療を受けることでのリスクがあります。


治療を検討する前にそのリスクを知っておきましょう。

<関連記事>:もしかして肝斑?どうすれば消えるの?


肝斑とは

肝斑とは、30代、40代の女性に特に多く見られる色素班の一種で、目の下や両頬、額などに左右対称に現れ、淡褐色でもやもやとした形状が特徴です。

発症に大きく関係するのはホルモンバランスの乱れですが、洗顔時、メイク時の摩擦による刺激や、紫外線、生活習慣の乱れ、ストレスなども影響するとされています。


そのため、体調の変化によって色が濃くなったり、薄くなったりすることがあります。

根本的な原因はいまだ解明されておらず、現在の肝斑治療としては光治療、レーザー治療、内服薬、塗り薬の処方が主流です。

<関連記事>:【肝斑に効く!】トランシーノの効果と副作用とは?


肝斑にレーザー治療は効かない?

肝斑治療で注意が必要なのは、レーザーの刺激によって肝斑が濃くなってしまう可能性があるという点です。

特にそのリスクが高くなる高出力レーザーの使用は、肝斑治療にとって禁忌です。


さらに、ほかの種類のシミに肝斑が混じっているのを見逃したままレーザー治療が行われてしまい、肝斑以外のシミが薄くなっても肝斑は濃くなってしまう、というケースがあります。

これは医師の診断、治療方針決定が誤っていたためであり、このようなリスクを避けるためには、より精度の高い判断ができる、腕の良い医師にかかる必要があります。


レーザーよりもマイルドな効果をもたらす光治療であっても、決してリスクがないとは言えません。

皮膚科でフォトフェイシャルの肝斑治療を1年続けたものの、肝斑が茶色になって剥がれ、再発する状態を繰り返し、一向に改善しない、という体験談も聞かれます。


このようなケースでは、医師の治療方法の選択を疑うべきでしょう。

このように肝斑治療では、医師の診断・治療方針選択が治療結果を大きく左右するため、信頼できる医師を選ぶことが重要です。


また、肝斑に効果があるとされる最先端の光治療やDYレーザーを利用できるクリニックは限られており、とりあえず近くの美容皮膚科を選んでみたとしても、いい医師に巡り会えるとは限りません。

結果として肝斑が濃くなってしまうのが心配ならば、自宅でケアが続けられる美白化粧品を使用して、経過を見てみましょう。


下記サイトではおすすめの美白化粧品が紹介されています。参考にしてみてください。