シミ予防、窓にuvカットフィルムを貼ろう!



外に出るときにはしっかり日焼け止めをしているのに、なんとなく肌が黒くなったように感じるとき、それは気のせいではなく、室内での「やんわり日焼け」である可能性があります。

紫外線は春~夏だけでなく1年を通して降り注ぎ、現代ではオゾン層の破壊によってその量は増加していると言われます。


この紫外線は、実は屋内にも少なからず降り注いでいるのです。白く美しい肌でいたい方にとって、屋内での紫外線対策は欠かせません。

家やオフィスなど屋内で日焼けするとうのは事実なのか、屋内での紫外線対策法について情報をまとめます。


家にいても日焼けするって本当?

紫外線は窓を通過して室内に



一般的な窓では紫外線をカットすることはできません。

戸外の紫外線照射量を100%とすると、日の当たっている窓辺では約80%、日の当たらない室内でも空気中に反射・散乱した紫外線が10%程度入り込んでいます。


紫外線のUVAとUVBの2種類のうち、肌表面を赤く日焼けさせるUVBは窓ガラスで遮断することができますが、ガラスを透過して室内に降り注ぐのは、肌の深部に影響しじわじわと黒く日焼けさせるUVAです。

<関連記事>:曇りの日こそ紫外線に要注意!晴れの日よりシミができやすい?

実際に紫外線の強さを確認してみると

自分で簡単に紫外線の強さを知ることができる「UVチェッカー」をご存知ですか?

キーホルダーなどになっていて、ビーズの色が濃くなるほど、紫外線が強く日焼けしやすいということが分かるようになっています。


色々な場所や条件でこのチェッカーを試してみると、まず晴れた屋外では、すぐに鮮やかに濃い色へと変わり、紫外線が強いことを示します。

日陰では少し色が和らぎ、強~中程度になります。


次に室内を見てみると、窓際10cm程度では、屋外の日陰とほぼ同程度の色の濃さ、窓から1.5mの日陰と日向半分程度の場所では、中~弱の間ぐらいの色の変化が見られ、窓から離れるにつれ紫外線の強さは弱まっていきます。

南向きの窓など日光量が多いほど、紫外線も強まると考えられますね。

小雨の日では晴れの日よりは紫外線が弱まりますが、屋内の窓際では、屋外とほとんど変わらないほどの紫外線量があります。


このように、室内でも実際にかなりの量の紫外線が降り注いでいて、日焼けを促しているということが分かります。

ノーメイクで、室内でゆっくりとお昼寝している間、じんわりと日焼けしてしまっているかもしれないのです。


また「照明や液晶画面などの電化製品からも紫外線を浴びる」という説を聞いたことがあるかもしれませんが、これはチェッカーで測ってみても反応がなく、日焼けを気にする必要はないようです。

<関連記事>:サングラスでシミ美白対策ができる?その理由は?

自宅で行うべき紫外線対策とは


窓にUVカットフィルムを貼る

車の後部座席のウィンドウでは黒っぽいUVカットフィルムが貼られて、外からは車内が見えにくくなっていますよね。

これと同じようなフィルムを自宅の窓に貼ることで、紫外線をカットすることが可能です。


このフィルムは、アクリル樹脂、透明シール、ポリエステルで作られ、屋外からの紫外線の90~99%を遮断することができます。

室内での日焼けを防げるのが大きなメリットですが、このフィルムにはほかにも様々な効果があります。


UVをカットして、カーテン、フローリング、畳、カーペット、家具などの日焼け・劣化を防ぎます。商品の色褪せを防ぎたい店舗でも、このUVカットフィルムが使われています。

万が一、物がぶつかって窓が割れてしまったときのガラス飛散防止になり、地震被害対策としても有効です。


窃盗犯は窓から侵入することが多いですが、フィルムが貼ってあることでガラスを割りにくくなり、防犯効果が期待できます。

意外なところでは、室内の照明器具の紫外線が外に漏れるのをカットすることで、虫が室内に入ってきにくくなるという効果も。


ただし二酸化炭素に反応する蚊などには効果がありません。断熱効果のあるUVカットフィルムでは、室内の温度変化が少なくなりエコにつながります。

UVカットフィルムはホームセンターで購入してDIYすることが可能です。断熱・熱遮断機能や防犯機能、明るさなど、機能の有無をチェックして選びましょう。


霧吹きなどで窓ガラスとフィルムをたっぷり濡らし、中の空気をゴムベラで押し出しながら貼り付ける作業は、難しいものではないもののコツが要ります。

仕上がりの見た目が気になる場合には、施工業者に作業を依頼すると安心です。

<関連記事>:日焼け止めの効果的な塗り方は?美白をあきらめない!

UVカットカーテンを利用

UVカット加工されたカーテンを一枚かけるのでも効果があります。

遮光カーテンでは室内が暗くなってしまうので、UVカットのレースカーテンを増やしてみてはどうでしょうか。


室内の明るさをある程度保ったまま、紫外線をカットすることができます。

寝室では遮光カーテンを使うと、明かりを残さずに睡眠の質を高めることができるうえ、明け方の紫外線をカットすることができます。


窓辺に座ったり寝ころんだりすることが多い場合には、模様替えをして家具の配置を変えることで紫外線量を減らすことができます。

朝起きたら日焼け止めを塗る習慣

家の中で過ごす日であっても、朝起きて顔を洗ったら、化粧水と一緒に日焼け止めを塗るのを習慣にしてみてください。

商品選びでは、室内にまで入り込むUVAに対して効果があるもの、つまりPA値を基準に選びます。


毎日使用するものですから肌に刺激が少ない商品を選んで、数時間ごとに塗りなおすことで効果を維持します。

ある程度の日光は必要



紫外線を全くカットしてしまうのは、実は健康によくありません。

ビタミンDは日光を浴びることで体内で生成され、ビタミンDが不足すると骨が弱くなり、骨折や骨粗しょう症、高血圧や糖尿病のリスクを高めます。


少なくとも週に2回、5~30分間、日焼け止めなしで全身に昼間の日光を浴びる時間を作ります。

厳密に考える必要はありませんが、肌には日光浴も必要だということを頭に置いておきます。


スキンケアでは美白化粧品をプラスすれば、紫外線対策だけでなく積極的に美肌へアプローチすることができます。

紫外線カットグッズを上手に利用しつつ、美しく健やかな肌作りを目指しましょう。

<家にいても日焼けする?自宅で行うべき紫外線対策!・まとめ>

  • 窓ガラスはUVBをカットするがUVAはカットできない
  • 屋内でも窓の近くではかなり紫外線が強い
  • 窓にUVカットフィルムを貼ると色々な効果がある
  • 朝起きたら日焼け止めを塗るのを習慣に
  • ビタミンDのための日光浴を確保する
  • 予防だけでなく美白化粧品で積極的に美肌作り