20代後半からのシミ予防の対策について

20代後半,シミ対策

「20代後半になって急にシミが目立ち始めた!」という方は、意外と多くいます。

20代後半の肌は「お肌の曲がり角」とも言われ、実は肌状態が大きく変化しやすい時期なのです。


今まで気にならなかったシミが目立つようになるのも、この変化が関係しています。

今回は、20代後半からのシミ対策について紹介します。



20代後半の肌はどんな状態?

20代後半の肌

10代や20代前半と比べて、20代後半の肌はどのように変化するのでしょうか?

肌のピークは20歳だった!

肌が最も美しく健康なのは20歳頃と言われていて、これに関係しているのが「体内酵素」の減少です。

呼吸によって酸素が体内に入ると、「活性酸素」という物質に変化します。


活性酸素は免疫機能などの役割がありますが、毒性が強く、細胞を酸化させてシミを作る原因にもなります。

体内酵素はこれを除去する作用を持ちますが、酵素の量は20歳がピークで、その後劇的に減ってしまいます。


酵素が減ると活性酸素を除去する力が衰えるので、20歳を境にシミが出来やすい肌になっていくのです。

20代前半と後半で、肌は変化する

20代は肌が変化しやすいので、ひとくくりにせず20代「前半」と「後半」に分けて考えなければなりません。

20代「前半」は、肌の代謝が良く皮脂の分泌が多いので、主な肌の悩みはテカリやニキビなどです。


一方20代「後半」になると、乾燥や大人ニキビが気になり始めます。

この悩みの原因は、肌のハリや弾力を保つ成分「コラーゲン」「エラスチン」の減少です。


これらの成分は20代前半をピークに減っていき、肌のハリや弾力が低下した肌はシミ・シワが出来やすくなります。

<関連記事>:美白とコラーゲンが関係あるって本当?

ターンオーバーが遅れ始めている

肌の美しさを保つカギは「ターンオーバー」、つまり肌の生まれ変わりの周期です。

20歳頃のターンオーバーは約28日周期と理想的ですが、このサイクルは加齢とともに遅れていきます。


30歳は1回のターンオーバーに40日程度かかると言われ、20歳の周期より1.5倍も遅れてしまうのです。

20代後半はこの一歩手前の状態ですから、すでにサイクルは遅れ始めています。


ターンオーバーによって、シミの原因となるメラニン色素が排出されにくくなり、10代や20代前半よりシミが残りやすい肌になるのです。


なぜ20代後半はシミが目立つの?

20代後半,特徴

20代後半の肌になってシミが目立つようになるのは、この年代ならではの原因もあります。

生活習慣が乱れやすい

20代後半は働きざかりで仕事が忙しく、デスクワークが中心だと1日中座りっぱなしです。

また交友関係が広がり、外食や飲酒の機会が増えたり、夜遅くまで出かけることも多くなります。

食生活の偏りや睡眠・運動不足など、生活習慣が不規則になるとターンオーバーが乱れ、シミが残りやすくなります。

環境が変化しやすい

20代後半は職場で部下が出来たり、仕事の責任が増えるなど、職場環境が変わりやすい時期です。

環境が変わると、どうしても避けられないのがストレスです。


ストレスはターンオーバーだけでなく、ホルモンバランスが乱れる原因となり、シミの発生につながります。

また結婚やそれに伴う引越しで生活環境が変わったり、妊娠して体が変化していく時期でもあります。


妊娠中は女性ホルモンが多く分泌され、メラニンが作られやすい肌状態になるので、シミが出来やすいです。

出産後、ホルモンバランスが整うとメラニンの生成は減少しますが、対策を怠るとそのままシミが残る可能性があります。

<関連記事>:なかなか消えないシミの原因は加齢とストレスが問題かも!


今なら間に合う!20代後半からのシミ対策は?

シミ,対策

肌の変化だけでなく、生活習慣や環境の変化も大きい20代後半には、どんなシミ対策が効果的なのでしょうか?

コラーゲンや酵素を補う食事

シミ対策には、肌に必要な栄養素を補うことが大切です。

コラーゲンはタンパク質の一種であり、肉・魚の皮や骨に近い部分に多く含まれています。


おすすめの料理は、鶏の手羽先の煮込みです。肉だけでなく、煮込んだスープにもコラーゲンがたっぷりです。

体内でコラーゲンを作るにはビタミンCが必要です。


じゃがいもやブロッコリーなど、ビタミンCが多い野菜と一緒に調理するとなお良いでしょう。

また活性酸素から身を守るため、酵素を積極的に摂ってください。


酵素を多く含むのは、バナナ・りんごなどの果物、野菜ではレタス・トマトなどです。

ただし酵素は熱に弱いので、サラダなど生のまま摂取すると良いです。

ターンオーバーを促すスキンケア

シミの原因のほとんどは、紫外線とターンオーバーの乱れです。20代後半からシミを意識したスキンケアを行いましょう。

ターンオーバーが正常に行われるために、20代後半の肌に必要なスキンケアは「保湿」です。


きちんと肌が潤っていれば古い角質が排出されやすく、シミが出来にくい肌を保つことができます。

化粧水はしっかり肌に浸透させ、足りない場合は少し時間を空けて、数回重ねづけしましょう。


そのうえから保湿クリームを塗って水分を閉じ込めましょう。保湿成分は「セラミド」がおすすめです。

またシミを防ぐため、美白化粧水や紫外線を防ぐ日焼け止めを使って、メラニンの生成を抑えることも効果的です。

<関連記事>:【お肌の生まれ変わり】ターンオーバーと美白・シミの関係

ホルモンバランスを整える生活習慣

シミ対策には今までの生活習慣を見直し、乱れたホルモンバランスを整えることも有効です。

運動や入浴では、体を温め、血行を促進することを意識しましょう。


デスクワークが多い方は、血行と代謝が悪くなりがちです。

1時間に1回、立ち上がって背伸びすると良いでしょう。


家で手軽に始められる運動は、ヨガやストレッチです。

深く呼吸をすることで、リラックス・ストレス緩和効果もあります。


入浴は湯船に浸かるのが理想ですが、時間がない方はシャワーを浴びながら、足湯をするのがおすすめです。

冷えやすい足先の血行を良くすることで、全身も温まりやすくなります。


また睡眠は、6~7時間寝るのが理想的です。時間の確保が難しい方は、睡眠の質を上げる工夫をしましょう。

夕食を寝る3時間前までに済ませる、寝る前にパソコンや携帯電話を見ないなど、出来ることから始めてください。



以上、20代後半からのシミ対策について見てきました。

30歳手前のこのタイミングでシミ対策をしっかり行って、いつまでも美肌を保ちましょう。

<20代後半からのシミ対策は?・まとめ>

  • 20代から体内酵素やコラーゲンなどが減少する
  • ターンオーバーが遅れ始め、シミが目立つ肌になる
  • 20代後半は生活習慣の乱れ・環境の変化が起こりやすい
  • シミ対策にはコラーゲンや酵素を補う食事を摂る
  • スキンケアや生活習慣の見直しも有効な対策