肌のくすみを改善するスキンケア・食べ物は?

くすみ,改善,スキンケア

「体は元気なのに顔が疲れて見える」「肌の色が暗く見える」と感じる方は、肌がくすんでいるかもしれません。

肌のくすみの原因はいくつかあり、それに応じてスキンケア方法も違ってきます。


くすみを改善するには、どんな方法があるのでしょうか?

今回は、肌がくすむ原因と、肌のくすみを改善する方法を紹介します。



肌がくすんでしまう原因は?

くすみ,原因

肌の明るさや透明感がなくなり、くすんでしまうのは何が原因でしょうか?

原因1:肌の乾燥

肌の表面にある「角質」には、大きく分けて2つの機能があります。


(1)肌の水分の蒸発を防ぐ機能

(2)体の外から異物が入り込まないように防ぐ機能


肌が乾燥すると、水分の蒸発を防ぎ、紫外線などの刺激から肌を守るため、角質が厚くなります。

正常な肌状態の角質は、ターンオーバーによってはがれ落ちて、新しく生まれ変わります。


しかし乾燥した肌はターンオーバーが乱れてしまい、古い角質が肌表面にとどまってしまいます。

角質が厚みを増すことで白っぽく肌がくすんで見え、肌の透明感もなくなるのです。

原因2:メラニン色素

紫外線を浴びたり、摩擦などの刺激を受けると、肌の表皮の最下層に「メラニン色素」が発生します。

ターンオーバーが正常に働いている肌であれば、メラニン色素は徐々に排出されていきます。


しかしターンオーバーが乱れていたり、メラニン色素が過剰に作られると、肌に溜まります。

排出されなかったメラニンの色素が沈着すると、茶色いくすみになってしまうのです。

原因3:血行不良

冷えや偏った食生活などによって、体の血行は悪くなります。

酸素を多く含んだ血液は赤色ですが、体の血行が悪くなって酸素を失うと、赤紫色に濁ってしまいます。


濁った血液がうまく流れず停滞し、透けて見えることで、青白いくすみになります。

また血行不良によって、肌に必要な栄養が行き届かずターンオーバーが乱れることも、くすみの原因です。

<関連記事>:目の下・目元のクマの原因は?

原因4:肌の糖化

「糖化」とは、体内の脂質やタンパク質が糖質と結びつき、「糖化生成物」と呼ばれる物質に変化することです。

糖化を理解するには、ホットケーキの焦げ目を思い浮かべると、イメージしやすいです。


卵や小麦粉などの食材に含まれる、タンパク質と糖質が混ざって加熱されると、こんがり焼き色がつきます。

この焼けて色が変わった部分が、糖化生成物になった場所です。


この焦げ目と同じ現象が、肌でも起こっています。変化して出来た物質は、黄みがかった茶色になります。

これが蓄積されることで、肌が黄色くくすんでしまうのです。


糖化は加齢と共に進むので、避けられる現象ではありません。

しかしその進行状態は、日々の食生活に影響され、個人差があります。



以上4つの原因を表にまとめたので、参考にしてください。

原因 メカニズム くすむ色
肌の乾燥 ターンオーバーが乱れ、
古い角質がはがれ落ちない
紫外線・
肌への刺激
メラニン色素が排出されずに、
色素沈着を起こす
血行不良 酸素を失って濁った血液が、
停滞して透けて見える
肌の糖化 黄みがかった茶色の物質が生成され、
蓄積する


肌のくすみを改善するスキンケア・生活習慣は?

くすみ,スキンケア,生活習慣

スキンケアや生活習慣で肌のくすみを改善するには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

正しい洗顔法で汚れや古い角質を落とす

正しい洗顔法をマスターすることで、乾燥やメラニン色素の生成を抑えることができます。

洗顔料は、タマゴ1つ分くらいの量を目安に十分に泡立てて、肌と手の間にクッションを作ってください。


皮脂の多いTゾーンやアゴから優しく洗い始め、洗顔料が残らないようにぬるま湯で30回以上すすぎます。

洗い終わった後は、タオルで顔を押さえるように水分をふき取ってください。


また古い角質を落とすため、週1回程度の「ピーリング」も有効です。

角質ケアを行うと、ターンオーバーを整えることができ、くすみの改善に効果的です。

<関連記事>:UV化粧品の塗り過ぎはNG!

保湿効果の高い美白化粧品を使う

乾燥やメラニン色素が原因のくすみを改善するには、「保湿」と「美白」がポイントです。


メラニン色素によるくすみを解消するには、色素の生成を抑える美白化粧品がオススメです。

この場合、美白と保湿の両面からケアすることが必要です。


保湿によって肌のターンオーバーが整えられて、作られた色素が排出されやすくなります。

美白成分でメラニン色素の生成を抑えつつ、保湿によって排出を促すことで、くすみが改善されます。


乾燥によるくすみは、しっかり保湿をしてターンオーバーを整えることで、改善されていきます。

保湿化粧水で肌の水分を補給した後、乳液やクリームを使ってスキンケアしてください。

運動や入浴で血行を促す

血行不良によるくすみは、生活習慣を見直すことで改善できます。


お風呂はシャワーだけでなく、38~40度のお湯に20~30分浸かると、体が温まります。

運動はウォーキングやヨガなどの、有酸素運動が良いでしょう。


体を動かすのは、1日おきに30分程度で構わないので、長く続けることが大切です。

他にも、顔に蒸しタオルを乗せて温める方法が血行促進に効果的です。


蒸しタオルは、水で濡らしたタオルを絞って、電子レンジ(500W)で約30秒温めると簡単に作れます。

タオルを広げて顔に2、3分乗せると、毛細血管の血行が良くなり、くすみの改善に効果があります。

糖化を防ぐ食べ方を意識する

食べ終わった後の血糖値が高いと、糖化が進みやすくなります。

糖化によるくすみを改善するため、血糖値の上昇がゆるやかになるよう、食べる順番を工夫しましょう。


急激に血糖値を上げないように、まずは野菜や果物から食べてください。

その次に肉や魚、最後に炭水化物の順番で食べるだけで、糖化を防ぎ、くすみの改善につながります。

<関連記事>:卵白を使って剥きたてタマゴのような透明感のあるツヤ肌を!

肌のくすみを改善する食べ物は?

くすみ,食べ物

くすみの改善には、どんな食べ物や栄養素が効果的なのでしょうか?

ターンオーバーを促す食品

・納豆や卵

肌のターンオーバーを手助けをする「ビタミンB2」が含まれています。

皮脂の分泌を抑えたり、皮膚や粘膜を健康に保つなど、キレイな肌作りにも欠かせない栄養素です。

水溶性のビタミンで、体内に蓄えてはおけないので、毎日摂取するのが理想的です。


・サーモンやいくら

サーモンやいくらに含まれる「アスタキサンチン」は、活性酸素を除去する「抗酸化作用」があります。


私たちの体は、酸素を利用してエネルギーを生み出す過程で、「活性酸素」も自然に作られています。

活性酸素は体を守る働きがありますが、増え過ぎると肌のターンオーバーを鈍らせる原因になります。


アスタキサンチンは、ビタミンCの約6000倍の抗酸化作用があります。

活性酸素を除去してターンオーバーを整えることで、くすみの改善に効果的です。

血行を良くする食品

・レバーやひじき

これらに含まれる「鉄分」は、血液が細胞に酸素を届けるのを手助けする働きがあります。

鉄分を摂ることで、血行の促進につながり、くすみが改善します。

また肌に充分な栄養が行き渡るようになることで、ターンオーバーを整えるサポートにもなります。


・アーモンドやアボカド

血液の流れを良くして、ターンオーバーを整える「ビタミンE」が含まれています。

ビタミンEは、メラニン色素の生成を抑える抗酸化作用もあるので、積極的に摂りたい栄養素です。

血糖値が上がりにくい食品

血糖値が上がりにくい野菜・果物は、玉ねぎやトマト、りんごやみかんなどです。

肉類の中では、牛肉・豚肉・鳥肉、魚介類ではマグロやしじみなどが、血糖値を上げにくいです。

炭水化物は、白米より玄米が良いです。他にもパスタや、ライ麦のパンなどがあります。




以上、肌がくすむ原因や、その改善法について見てきました。

肌のくすみの原因は色々ですが、どのくすみでも、スキンケアや食べ物で改善することができます。

原因に合った方法を継続して行って、透明感のある肌を目指しましょう。

<肌のくすみを改善するスキンケア・食べ物は?・まとめ>

  • 肌の乾燥や糖化、メラニン色素の沈着など、くすみの原因はさまざま
  • くすみ改善には正しい洗顔と、保湿力の高い美白化粧水でスキンケア
  • くすみケアには肌の血行促進と、糖化を防ぐ食べ方も大切
  • ターンオーバーを促し、血行を促す食品を意識的に摂る
  • 血糖値が上がりにくい食品を選んで、糖化によるくすみを改善しよう