美白成分、アプレシエ(APPS)の美白効果とは



美容への関心の高まりに応えるように、新しい美容成分が次々と開発され、化粧品に利用・販売されています。

そんな比較的新しい美容成分として注目・評価されているのが、美白成分のアプレシエ(APPS)です。


次世代ビタミンC誘導体と言われるアプレシエとは、どんな成分でどんな美白効果を期待できるのでしょうか?

アプレシエ配合化粧品を選ぶ際のポイントや、化粧水を手作りする際の作り方、使用時の注意点についてまとめます。


美白成分「アプレシエ(APPS)」とは?

浸透力の高いビタミンC誘導体



アプレシエ(APPS)は、正式名称をパルチミン酸アルコルビルリン酸3Naといいます。

従来の美白剤であるアスコルビン酸2-リン酸ナトリウム(APS)にパルチミン酸を付加することで親油性をプラスした、新しいビタミンC誘導体です。


ビタミンC誘導体は水溶性と脂溶性とに分けられ、水溶性はサッと素早く、脂溶性はじっくりと時間をかけて肌になじむのが特徴です。

アプレシエは、親水性、脂溶性双方の特徴を併せもつために、皮脂で守られた細胞膜へ浸透しやすく、その浸透力は、従来のビタミンC誘導体の実に数十~100倍ともいわれます。


こうして皮膚深部で十分な美容効果を発揮することができるのです。

そのほか酸化安定性、作用力、ビタミンへの変換率、滞在時間等、いずれもレベルアップしており、より高い美容効果が期待できるようになっています。

アプレシエに期待できる美容効果

アプレシエの持つ強力な活性酸素除去作用によって、紫外線の影響を受けにくくなり美白に役立ちます。重度の傷や火傷の治療にも効果が見られます。

コラーゲン生成の促進、さらにコラーゲンを分解する酵素の阻害作用があり、2つの面から肌に潤いとハリをもたらして、シミやシワなどの肌老化を予防します。


肝斑やくすみ、毛穴が気になる方にもおすすめであり、これらの美容効果は、それぞれに試験でその効果が確かめられています。

<関連記事>:肝斑(かんぱん)とは?


アプレシエ配合化粧品を選ぶポイント



サラサラとした使用感で使いやすいうえに、高い浸透力や美白効果を兼ね備えるアプレシエは、化粧品の配合成分として人気です。

より効果の高いアプレシエ配合化粧品を選ぶためのポイントについて、確認しておきましょう。

アプレシエの配合方法

化粧水に溶けた状態のアプレシエは変質しやすく、配合が難しいと言われます。そのため、劣化を防ぐような工夫がされている商品を選ぶ必要があります。

アプレシエと化粧水が分かれていて、使用直前に混ぜ合わせる2剤式、セパレートタイプのものや、短期間で使い切り出来るものだと劣化がなく、より効果的に美白成分を肌内部に届けられます。

アプレシエ配合量

化粧品の成分表示は配合量の多いものから記載され、1%未満は順不同となっています。

APPS、パルチミン酸アスコルビルリン酸3Naとあればアプレシエのことであり、これが上位に表示されていれば配合量が十分ということで、効果を期待できます。


ビタミンC誘導体にもいくつかの種類があります。パッケージで「ビタミンC誘導体」と謳われていても、全成分表示でその詳細をしっかり確認しましょう。

ちなみに、美白化粧品などに含まれるビタミンC誘導体濃度の目安は、一般販売のもので1~2%、クリニックのもので5~6%です。

保湿成分を同時配合しているか

アプレシエ以外の配合成分にも注目してください。アプレシエは脂溶性が高いとはいえ、人によっては試用した際に肌の乾燥を感じることがあります。

そのためアプレシエとあわせて保湿成分を摂れるよう、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンといった保湿力の高い成分が配合された商品を選ぶと安心です。

<関連記事>:美白とコラーゲンが関係あるって本当?


アプレシエの手作り化粧水の作り方と注意点


手作り化粧水の作り方・使い方

アプレシエは劣化に注意が必要なので、材料を購入して、必要な分だけ手作りしながら使うという方法もおすすめです。材料や作り方の例を参考にしてください。

<材料>
・アプレシエ0.5g(濃度1%の場合)
・精製水もしくはミネラルウォーター50ml

目盛り付きの60ml投薬容器を準備し、材料の水とアプレシエ粉を入れて、よく混ざるようシェイクすれば出来上がりです。

都度、シェイクしてから使い、作ったものは1ヶ月以内に使い切ってください。


容器内に防腐効果のある保湿剤・ヘキサンジオールを入れておくと安心です。またアプレシエ粉は冷凍保存し、半年以内に使い切ります。

手作りする際のアプレシエ濃度は1%以内とし、目や口に入らないように十分注意しましょう。


また、品質が懸念される海外の廉価品などは安易に使わないよう、注意してください。

<関連記事>:美白に効果的!アスタキサンチン豊富な鮭のおいしいレシピ

市販品使用時の注意

アプレシエの劣化を避けるため保管法には十分に注意します。直射日光、高温、多湿を避け、冷蔵庫での保管がおすすめです。使用期間だけでなく、1回の使用量も、商品ごとの指示に従ってください。

記載のない場合は500円玉大が目安で、少しずつ手で肌につけることで、肌なじみがさらによくなります。

生活改善も大切

美白化粧品の使用とともに、肌に良い生活を送ることも大切です。ストレスは美容の大敵。強いストレスを感じると体内でビタミンが余計に消費されてしまいます。

緊張や不安、怒りといった心理的ストレスや、仕事や勉強、人間関係といった社会的ストレス、さらには空気汚染や気温などの環境的なストレスも存在します。これらを出来るだけ取り除き、リラックスして過ごすように心がけます。


カフェインやアルコールなどの嗜好品の摂り過ぎは、ビタミン消費に繋がります。ストレス発散にしても、美容のためには適量に止めておきましょう。

体は食事から作られています。栄養バランスの良い食事を、できるだけ規則正しい時間に摂るようにします。


肌調子を整えるホルモンの分泌が盛んになるのは、睡眠中です。睡眠時間の確保だけでなくその質を高められるよう、眠る前はスマホやテレビの光を避けたり、ゆったりと湯船につかってリラックスするのがおすすめです。

<美白成分、アプレシエ(APPS)の美白効果とは・まとめ>

  • 親水性、脂溶性を併せもつ新しいビタミンC誘導体
  • 活性酸素除去、コラーゲン生成促進の作用がある
  • シミやシワ、くすみ、肝斑や毛穴の開きに効果的
  • 劣化を防ぐ工夫があり、保湿成分入りの商品を選ぶ
  • 使用期限に注意し、高温多湿を避けて冷蔵保存
  • 美白化粧品の使用とともに肌に良い生活を送る