美白成分アプレシエ(APPS)の美白効果とは?

アプレシエ,美白効果

さまざまな美容成分が開発されているなか、今もっとも注目されているのがアプレシエ(APPS)と呼ばれる美白成分です。

次世代ビタミンC誘導体との呼び声も高く、美肌にも効果があると期待されています。


アプレシエの美容効果や、アプレシエ配合化粧品を使う際の注意点などをまとめました。


新しいビタミンC誘導体「アプレシエ(APPS)」とは?

アプレシエ,ビタミンC誘導体

アプレシエ(APPS)は、ビタミンC誘導体の一種です。

これまでのビタミンC誘導体よりも、さらに美容効果が高い成分として注目されています。


数々の美白化粧品に配合されているほか、美容クリニックでの施術やドクターズコスメなどにも取り入れられています。

そもそも、ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCには美白や肌ハリをもたらす効果がありますが、酸化しやすく不安定な性質のため、化粧品に配合するのが難しいという弱点がありました。

その弱点を克服し、成分の構造が安定するように改良されたのが「ビタミンC誘導体」です。


化粧品などに配合しやすくなっただけでなく、肌への浸透力も高くなりました。

ところが、ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性の2種類があり、それぞれに別のデメリットがあります。


水溶性ビタミンC誘導体は即効性が高いのですが、刺激が強いというデメリットがあります。

それに対して脂溶性ビタミンC誘導体は、浸透力が高い反面、即効性に欠けてべたつきやすいのです。


従来のビタミンC誘導体を使うには、こうしたメリットやデメリットをよく考えて使う必要がありました。

<関連記事>:美白化粧品の定番!ビタミンC誘導体の効果とは?

アプレシエ(APPS)の特徴は?

ビタミンC誘導体は、もともと肌に浸透しづらかった成分を改良し、肌に取り入れやすくしたものです。

アプレシエは、こういった従来のビタミンC誘導体よりもさらに浸透力を高めたもので、その効果は従来成分の10~100倍あるといわれています。


アプレシエは、水溶性と脂溶性のどちらの性質も兼ね備えています。

親水性が高く、皮脂に溶けて肌の奥まで成分が届きやすいため、これまで難しかった皮膚の深部まで美容成分を届けることが可能となりました。


つまり、これまでのビタミンC誘導体のメリットを生かし、デメリットを抑えた、画期的な成分なのです。


アプレシエ(APPS)の美容効果は?

アプレシエ,美容効果

アプレシエには、以下のような4つの美容効果があります。

1.美白効果

ビタミンCが持つ美白作用をさらに高めたのがアプレシエです。

肌への浸透力が高く、美白成分を角質層まで届けることができるので、従来のビタミンC誘導体では得られなかった高い美白効果が期待できます。


肌のターンオーバーを整えるため、シミができるのを防いだり、透明感のある肌を作るのに役立ちます。

2.アンチエイジング効果

老化の原因となる活性酸素は、紫外線やストレスなど、日常のさまざまな要因で発生します。

アプレシエの持つ抗酸化作用は、体内にある活性酸素を除去するのに役立ちます。


活性酸素はシワやくすみの原因にもなるため、アプレシエを肌に浸透させることで、若々しい素肌を蘇らせる役目もあります。

保水力も高く、コラーゲン生成にも役立つので、肌のハリが気になる人にもおすすめです。

<関連記事>:美白とコラーゲンが関係あるって本当?

3.ニキビ予防効果

ニキビは皮脂の過剰分泌が主な原因となりますが、アプレシエにはこれを抑える効果があります。

毛穴が引き締まってニキビの予防にもなりますし、ニキビの炎症を抑える効果も期待できます。


また肌のターンオーバーを整えるため、ニキビ跡の改善にも役立ちます。

アプレシエはニキビの予防から改善まで、どの段階でも使う事ができるのです。


アプレシエ化粧品を使うときの注意点は?

アプレシエ,注意点

アプレシエは従来のビタミンC誘導体に比べて高い美容効果を持っていますが、安全に使うためにはいくつか注意点があります。詳しく見ていきましょう。

購入の際は濃度に注目!

アプレシエをはじめ、ビタミンC誘導体は濃度が高いほど高い効果を期待できます。

ただし、高濃度になるほど肌への刺激が強くなるため、一概に高濃度が良いとは限りません。


特に海外から個人輸入した化粧品などは必要以上に濃度が高く、肌に合わないケースも多いです。

またアプレシエは比較的新しい成分のため、まだまだ高価です。


アプレシエ配合をうたっていても、実際はほとんどアプレシエが含まれていない低品質な商品もあります。

ビタミンC誘導体の配合濃度の目安は、市販の美白化粧品で1~2%、クリニックで処方されるもので5~6%です。


アプレシエの成分は「APPS」「パルチミン酸アスコルビルリン酸3Na」と表記されます。

配合量の多すぎるものや粗悪品を避けるためにも、アプレシエ配合の化粧品を購入する際には濃度をチェックしましょう。

手作り化粧水は保管方法に注意

市販のキットを使えば、粉末のアプレシエを使った手作り化粧水を作ることができます。

手作りキットには防腐効果のある保湿剤が含まれていることが多いですが、どうしても市販の化粧品に比べれば酸化しやすいです。


アプレシエを使った手作り化粧水は、高温・多湿を避けて1か月以内に使い切りましょう。

また市販のものであっても、あまり長く置くと酸化してしまうので、最大でも3か月以内に使い切るのがおすすめです。

<関連記事>:【40代必見!】アンチエイジングに欠かせない7つの成分とは?

乾燥肌・敏感肌の人は使用しない

アプレシエは従来のものに比べて比較的肌に与える刺激は少ないですが、高濃度配合の化粧品などでは肌がピリピリすることがあります。

敏感肌の方は使用を避けるか、医師に相談することをおすすめします。


また、ビタミンC誘導体は皮脂を抑える効果があります。

皮脂の過剰な分泌やニキビ肌には役立ちますが、乾燥肌の人にとっては逆効果です。


アプレシエ配合の化粧品を使う場合は、保湿効果の高いクリームなどを併用するなど、保湿を忘れないようにしましょう。

アプレシエは美容効果の高い成分ですが、濃度や肌質のバランスで、かえって肌トラブルを引き起こしてしまう事もあります。


自分の肌の状態を見極め、適切な濃度の化粧品を選ぶようにしましょう。


<この記事のまとめ>

  • アプレシエは従来のビタミンC誘導体の効果をさらに高めた成分
  • 水溶性と油溶性の両方の性質を併せ持っている
  • 肌への浸透力が高く効果的に美白成分を肌の奥まで届ける
  • 美白効果のほか、アンチエイジングやニキビ予防にも役立つ
  • 濃度が高すぎると刺激が強いため敏感肌や乾燥肌の人は注意