シミ治療薬、トランサミンの効果と副作用について



「トランサミン」は、シミ治療に興味のある方なら耳にすることも多いでしょう。

元々は止血剤として病気の治療などに用いられていた薬ですが、その作用が応用されて、シミ治療にも利用されてきました。


トランサミンの効果や注意点、副作用について、詳しく見ていきましょう。


トランサミンってどんな薬?

トランサミンはシミ治療として皮膚科で処方される薬として有名です。

安全性が高いため、トランサミンをサプリメントのように服用している方も多くいます。トランサミンとはどのような薬なのでしょうか?

トランサミンとは?

トランサミンはトラネキサム酸を主成分とする薬で、血液を溶かす・肌の炎症を引き起こすタンパク質、「プラスミン」の働きを抑制する働きがあります。

出血異常や不正出血などを改善する止血剤として用いられ、アレルギーや炎症反応をやわらげる目的でも使用されます。


トラネキサム酸は2002年に厚生労働省から美白効果のある成分と認定され、シミ対策としても注目を集めました。

歯磨き粉や0歳から飲める風邪薬にも用いられるほど、安全性が高い成分です。

<関連記事>:肝斑にも効果あり?美白成分、トラネキサム酸の効果とは

どこで使われている?

トランサミンはもともと止血剤、アレルギー症状や腫れなどの炎症の緩和など、病気の治療に用いられる薬です。

そのため、出血性の病気治療や手術中の止血のほか、湿疹やじん麻疹、扁桃炎、口内炎などにも適用されています。


またメラニン色素を生み出すプロスタグランジンなどの物質の働きを抑える効果もあり、シミを予防し美白効果が期待できるため、化粧品にも使われています。

トランサミンは病院で処方されるだけでなく、ドラッグストアなどで錠剤として市販もされています。

摂取方法は?

トランサミンは、決められた量を1日に3~4回に分けて飲むのが一般的です。

処方薬の場合、年齢や症状によって差はありますが、主成分であるトラネキサム酸の量は1日最大で2000mgまで摂取可能です。


それに対し市販薬の場合は1日最大750mgまでとなっています。

処方薬よりも効果は落ちますが、まずは試してみたいという方、病院に行く時間がない方には一つの手段といえるでしょう。


トランサミンは安全性が高いものの、止血作用があるため摂取すると血液が凝固する可能性があります。

化粧品や外用薬として用いる場合は血液に入る量が少ないためリスクが低いですが、錠剤やカプセル・散剤として服薬する場合は、事前に医師に相談することをおすすめします。


特に2ヶ月以上の長期にわたって服用したい場合は、必ず医師に相談して下さい。

服用後に副作用と思われる何らかの症状が出た場合も同様です。


<参考サイト>:効くメカニズム(トランシーノIIの成分について)|トランシーノII[第一三共ヘルスケア]


トランサミンの効果は?



トランサミンが病気の治療にも広く用いられていることがお分かりいただけたと思います。

ここからはトランサミンがもたらすシミ治療や肌への効果についてフォーカスをあて、さらに詳しくご説明します。

シミ治療への効果

皮膚に紫外線が当たると、シミの原因であるメラニンを生成する「メラノサイト」が活性化します。

トランサミンは、メラニンが生成される前にメラノサイトの働きを抑制する効果があるため、シミの治療や予防に用いられています。


紫外線によるシミだけでなく、女性ホルモンが原因と考えられている肝斑(かんぱん)、ニキビや虫刺され・火傷などが原因の色素沈着にも効果があります。

特にトランサミンの肝斑への効果は厚生労働省で認められ、ドラッグストアで医薬品として販売されるようになりました。

<関連記事>
【肝斑に効く!】トランシーノの効果と副作用とは?

肌の炎症への効果

トランサミンは、痛みや炎症・アレルギー症状の原因を発生させる「プラスミン」を抑制します。

湿疹やじん麻疹といった肌の炎症に効果があるほか、口内炎、扁桃炎などにも有効です。喘息の治療のために処方されることもあります。

併用でシミ治療が効果的になる成分は?

皮膚科などでシミ治療を行う場合、トランサミンだけでなくシナールというビタミンCなどを配合した複合ビタミン薬も一緒に処方されることもあります。

トランサミンはビタミンCと同時に服用すれば、さらに美白効果が高まるとされています。


ビタミンCは健康かつ美肌作りのために欠かせない栄養素であることは周知の事実です。

その他にも、保湿や抗炎症作用などの作用のあるリノール酸、メラニンの生成を抑制や黄ぐすみに効果のあるコウジ酸、新陳代謝促進の作用があるプラセンタエキスなどがあります。


症状に合わせてトランサミンと併用すれば、シミ治療により高い効果を得ることができます。

<関連記事>:シミ取りの美白成分、ビタミンCエチル


トランサミンに副作用はある?



トランサミンはシミ治療に効果を発揮しますが、本来は病気の治療に使用される薬であることを忘れてはいけません。

安全性が高いといわれていますが、まれに副作用がみられます。また、服用できない方や服用の際に注意が必要なケースがあります。

まれに見られる副作用

トランサミンは安全性が高いものの、他の薬もそうであるように副作用がゼロではありません。

主な副作用には、発疹やじん麻疹、肌の赤みや腫れ、食欲不振、吐き気、悪心、胸焼け、掻痒感などがあげられます。


これらはまれに見られる症状で、トランサミンの服用による重篤な副作用は、これまで確認されていません。

トランサミンの副作用は、服用する量を減らすと改善されるケースが多いですが、自己判断せずに速やかに医師に相談することをおすすめします。

服用できない人は?

トランサミンは止血作用があるため、血栓を引き起こす可能性があります。

そのため、脳梗塞や脳血栓・心筋梗塞・血栓性静脈などの既往歴がある方は、独自の判断で服用するのは避けましょう。


またトランサミンは腎臓で排出処理されるため、腎不全のある方も服用を避けましょう。

一般に腎機能の低下が始まるといわれる55歳以上の方も注意が必要です。


2ヶ月以上続けて飲みたい場合、妊婦や授乳中、アレルギーがある場合も事前に医師へ相談して下さい。

他の薬と併用する際も必ず医師に相談の上、服用しましょう。


特に歯医者などで処方される止血剤(トロンビンなど)と併用すると、血栓のリスクが高まるので注意して下さい。

これらは錠剤など服用に限ったことではありません。該当する方は、化粧品や外用薬の場合にも医師に相談し、指示に従いましょう。

<シミ治療薬、トランサミンの効果と副作用について まとめ>

  • トランサミンは止血剤、アレルギーや炎症を抑える薬である
  • シミ治療薬にも応用され、美白化粧品にも用いられている
  • トランサミンは安全性が高く副作用が比較的少ない
  • トランサミンは血栓を引き起こすリスクがあるため、既往歴によっては服用できない