40代でシミだらけ!シミを消す方法は?

40代,シミ対策

年齢を重ねると、どうしても気になるのが「シミ」ですよね。

特に40代になるとシミが急に増えたように感じるのは、この年代ならではの理由があります。


毎日ケアしているつもりでも、なかなか改善されないシミは、どうすれば消せるのでしょうか?

今回は、40代でシミが増える原因と、その対策を紹介します。



40代はシミが一気に増える時期!

シミ予備軍,肝斑

若い頃よりシミが増えたと感じる40代の肌には、どんな特徴があるのでしょうか?

シミの予備軍が肌の表面に出てくる

シミの原因となる「メラニン色素」は、肌の表皮にある細胞「メラノサイト」が刺激を受けて活性化することで作られます。

若い頃と比べて40代の肌は乾燥しやすく、バリア機能が低下しているため、ささいな刺激でもメラニンがどんどん生成されます。


一方、作られたメラニンを排出する力は年齢と共に低下していき、メラニンはシミ予備軍として肌に蓄積します。

40代になると蓄積したシミ予備軍が一気に肌表面に出てくるので、シミが急に増えたと感じるのです。

肝斑が目立ち始める

シミにはいくつかの種類があり、その中で30~40代特有のシミと言われるのが「肝斑(かんぱん)」です。

肝斑は女性ホルモンの減少が原因とされ、両頬の骨に沿って左右対称にシミが出来ます。


60代以降になると薄くなったり消えるケースもあるなど、高齢になってからはほぼ見られないシミです。

通常のシミ治療に使うレーザーを当てると肝斑が悪化する可能性もあり、治療が難しいとされています。

<関連記事>:もしかして肝斑?どうすれば消えるの?


40代でシミが急に増える原因は?

40代,シミの原因

40代になるとシミが一気に増えるのは、なぜでしょうか?

ターンオーバーに時間がかかる

肌の生まれ変わりのサイクルを意味する「ターンオーバー」は、20歳頃の28日周期が理想とされています。

このサイクルは加齢によって遅れていき、40代の肌は60日程度と、20代の2倍以上の期間がかかります。

ターンオーバーが遅いと、メラニンの生成に対して排出が追い付かなくなり、肌に色素沈着してシミが残ってしまうのです。

<関連記事>:【お肌の生まれ変わり】ターンオーバーと美白・シミの関係

女性ホルモンのバランスが乱れる

40代の肌の変化は、女性らしい体つきや妊娠に関係する「女性ホルモン」が大きく影響しています。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」があり、これらは美肌作りにも作用しています。


エストロゲンはコラーゲンを増やし、プロゲステロンは皮脂の分泌を促しますが、この2つは30代後半から分泌量が減少します。

また疲れやストレスなど環境に左右されやすく、40代は特にホルモンバランスが乱れがちです。


2つのホルモンの減少やバランスの乱れは肌の乾燥を招くので、メラニンが排出されずにシミが出来てしまいます。

セラミドが減ってバリア機能が低下

加齢と共に、肌の水分を保持する成分「セラミド」を作る働きは低下し、逆にセラミドを分解する酵素「セラミターゼ」は活性化します。

すると生成よりも分解のスピードが上回ってしまうので、40代の肌は若い頃よりもセラミドが不足してしまいます。


40代のセラミド量は20代の6割程に減少し、50代に近づくと4~5割程度しかありません。

セラミドが不足すると角質が乾燥してバリア機能が低下し、肌の炎症が起きやすくなります。


肌の炎症は刺激となってメラノサイトを活性化させ、シミの発生につながってしまうのです。


継続が大事!40代のシミ対策のポイントは?

シミ対策,方法

40代のシミ対策は、毎日続けてケアしていくことが大切です。以下にそのポイントをまとめました。

シミに効く美白化粧品を選ぶ

一般的なシミや肝斑の対策には、「美白化粧品」を使ったスキンケアが有効です。

美白化粧品とは、厚生労働省が認可した美白有効成分が配合されている医薬部外品です。


40代のシミには「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「トラネキサム酸」などの美白成分が配合された商品が適しています。

肌のバリア機能を高めるため、「セラミド」が配合された保湿化粧品も併用すると良いでしょう。

<関連記事>:美白成分、アルブチンの効果や副作用について

ホルモンバランスを整える生活習慣を

女性ホルモンは加齢と共に減少し、増えることはありませんが、大切なのは2種類のバランスを保つことです。

日々の食事は和食を中心にして、肉や魚・野菜・卵・海藻・きのこなど、多くの食材を取り入れましょう。


エストロゲンに似た働きをする「イソフラボン」を多く含む、納豆などの大豆製品が特にオススメです。

また女性ホルモンは、ストレスと密接な関係があります。40代は仕事や家事、子育てなど、ストレスが溜まりやすい年代です。


お風呂にゆったり浸かったり、ヨガやストレッチで心身を落ちつかせて、ホルモンバランスを整えましょう。

皮膚科での治療も視野に

シミを早く消したい、スキンケアや生活習慣では改善されないという方は、皮膚科でのシミ治療も有効です。

シミの種類によって適切な治療法も違うので、皮膚科を受診して医師に判断してもらうと良いでしょう。


皮膚科でのシミ治療は選択肢が広く、投薬やレーザー治療などでシミの改善や予防ができます。

既にあるシミを消す方法には、美白効果が高い成分「ハイドロキノン」が配合された塗り薬が効果的です。


また肝斑の治療には、色素沈着を抑える「トラネキサム酸」を処方されることが多いです。

肝斑と他の種類のシミが重なっている場合、治療法によっては肝斑が悪化してしまいます。


この場合はまず肝斑の治療からスタートし、1~2か月後に他のシミの治療に移るケースもあります。

<関連記事>:肝斑にも効果あり?美白成分、トラネキサム酸の効果とは



以上、40代でシミが増える原因と、その対策を見てきました。

ターンオーバーが遅い40代のシミ対策は、何よりも「継続」がポイントです。

効果を感じるまでに時間がかかるので、毎日コツコツとケアしていきましょう。

<40代のシミ対策は?・まとめ>

  • 40代は蓄積したシミ予備軍が一気に表面化する
  • 女性ホルモンが原因の「肝斑」はこの年代特有のシミ
  • ターンオーバーの遅れやセラミド不足もシミの原因
  • 美白化粧品や生活習慣で毎日シミ対策を
  • シミが改善されない場合は皮膚科での治療も有効