30代女性はシミが増加する?!その理由と対策を教えて!



ある調査によれば、30~40代女性の肌悩みの1位は「シミ」という結果が出たそうです。

10代、20代の頃にはなかったはずのシミが現れ始めるのが30代であり、その後は数や濃さが増していき、どんどん目立つようになっていきます。


しかしできてしまったシミも、諦めることはありません。

女性の場合には特に「30代」にシミが増加する理由があるのます。

30代になってシミが増える理由を知り、これに対する正しい対策をすることで、いつまでも美しい肌を目指しましょう。


30代女性の肌悩みと言えば「シミ」!!



シミができ始め、急速に増えていく30代。それまでは肌内部に隠れていたシミの予備軍となるメラニン色素が顕在化してくる時期です。

どうして30代にシミの顕在化が急に起こるのか、そこにはいくつかの理由が考えられます。

30代でシミが増える理由(1)肌の代謝力が低下

皮膚の細胞はある程度の期間での生まれ変わり、つまりターンオーバーを繰り返しており、その周期はだいたい30~45日と言われます。

この周期は、年齢を重ねるにつれだんだんと遅くなっていきますが、特に30代頃に全身の代謝機能の低下が目立ち始め、肌代謝であるターンオーバー周期が遅れ始める場合が多いのです。


紫外線やその他の様々なダメージによって発生したシミの元は、10~20代のターンオーバーが遅れていない時期では、シミになる前に排出されて、新しい肌に生まれ変わり続けます。

しかし30代を過ぎてターンオーバーが遅れることで、シミの元が排出される前に色素が沈着してしまい、消えなくなってしまうのです。

<関連記事>:【お肌の生まれ変わり】ターンオーバーと美白・シミの関係

30代でシミが増える理由(2)女性ホルモンの影響

女性ホルモンにはメラノサイトを活性化させる作用があります。

そのため、女性ホルモンの分泌が活性化する妊娠~出産の時期には、シミが増えたり、濃くなったりするのです。


これは出産のために必要、かつ自然な体の変化ですから仕方がありません。

産後に女性ホルモンの状態が戻れば、メラノサイトへの刺激の減少とともに肌状態は落ち着いてくるものですが、しかし今度は子育ての忙しさから、肌ケアにかけられる時間や手間がなくなります。


幼児期の子供と屋外で遊ぶ時間が増えて紫外線を浴びる機会が多くなることでも、シミは増えやすくなります。

育児や仕事のストレスからホルモンバランスが乱れたり、ストレスから増加した活性酸素がメラノサイトを刺激したりする面からも、シミが影響を受けやすい時期と言えます。


20代での出産であれば、理由(1)で挙げたような規則正しい肌の新陳代謝によって産後のシミの排出もスムーズです。

しかし近年では30代後半でのお産は珍しくなく、この点からもシミが増えて目立つ時期が重なってくるのです。

30代でシミが増える理由(3)保湿力の低下

30代を過ぎると、エイジングのひとつとして肌のハリを保つコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸の量が減少していきます。

これらの成分には肌の弾力だけでなく、潤いを保つ役割もあるために肌の乾燥が進みます。


乾燥した肌では、紫外線などの刺激に対するバリア機能が弱まり、よりダメージを受けやすい、シミのできやすい肌になってしまうのです。

<関連記事>:どんどん肌の透明感がなくなっていく!原因はくすみかも・・・

30代女性に勧めるシミ美白対策


肌のターンオーバーを促す

シミの元を定期的に排出し、沈着させないためには、肌のターンオーバー周期を出来るだけ遅らせない、つまり代謝力をアップさせる必要があります。

体の中からのケアとして、生活習慣の見直しが基本となります。


栄養バランスを整えて、ビタミンを含む食材を摂るようにしたり、酵素ドリンクなどを試してみると肌に良いですね。

適度な運動の習慣をつけること、充分な睡眠をとることは、ターンオーバーの正常化に役立つだけでなく、ストレスを解消する点でもシミ予防となります。


質のよい睡眠を取れるように、睡眠時間までの過ごし方を工夫したり、アロマやストレッチ、間接照明を利用してリラックスすると効果があります。

施術や機器で肌代謝を促進

体の外からの代謝促進として、ケミカルピーリングという選択肢があります

古くなった角質を薬剤の作用によって剥がすことで、強制的に新しい肌に生まれ変わらせます。


エステやサロンなどでは定番の施術ですし、自宅で薬剤を使ってセルフピーリングを行う方もいます。

ピーリング石鹸や角質除去マスク、ピールローションでのケアならば、ピーリングが初めての方でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。


サロンで気になるシミ治療には色々なものがありますが、例えばIPLという光治療では、顔全体に光線を当てて新陳代謝を促します。

そのため一時的に押し出されたシミが濃くなったように感じますが、自然に剥がれ落ちてシミのない肌を期待できます。


集中的に取り除きたいシミには、レーザーのポイント照射を用います。軽いやけどのような状態になりますが、カサブタになってシミが取れていきます。

こういった機器を使った後の肌は無防備でダメージを受けやすいため、日焼け対策を万全にしましょう。


美容成分を肌の深部にまで効率的に届けられるイオン導入も、人気のシミ治療法です。

ビタミンC誘導体の美容液を使うことで、メラニン生成の抑制を目指します。

<関連記事>:美白美容液で、ニキビ跡の赤み対策を!

美白化粧品の活用



自宅での肌ケアとして、30代からはぜひ、美白化粧品を使う習慣を始めてみてください。

美白化粧品には様々なシリーズがあり、それぞれの年代ごとに、重点を置きたいケアに合わせた商品が開発されているので、30代に合ったシリーズを選ぶといいですね。


美白化粧品に含まれる成分には、メラニンの生成を抑制してシミを予防する効果があり、毎日の習慣として使い続けることで出来てしまったシミを薄く目立たないようにすることが可能です。


その強力なシミ改善効果から肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノンや、美白化粧品ではポピュラーな成分であるビタミンC誘導体、エラグ酸やアルブチンなど、メラニンの生成をブロックしたり、コラーゲン生成を促すことでシミ改善が期待できます。


どの化粧品を選べばいいのか迷ったら、美白化粧品の口コミ比較サイトを参考にしてみるといいでしょう。

トライアルセットがある化粧品なら、実際に自分の肌で試すことができて安心です。

紫外線対策と保湿が基本

30代のシミケアに限らず、紫外線対策と保湿は、常に肌ケアの基本です。

夏だけでなく年間を通しての紫外線対策を意識し、日焼け止めはたっぷりと使って塗り直しをすると、美白効果が確かなものになります。


せっかくの美白成分の効果も、肌が乾燥していては十分に実感できません。乾燥では、縮んだ角質細胞のすき間から紫外線が入り込んでしまいます。

化粧水をたっぷりと使って、夜はシートマスクでのスペシャルケアや、ゆっくりと美容クリームでマッサージしをしてみてください。


肌に刺激を与えないよう、優しく行いましょう。外出先では、スプレータイプの化粧水ミストで簡単保湿できます。


入浴時のシャワーや浴槽からの蒸気からも保湿効果を期待できます。潤った肌には美容成分がぐんぐんと吸収されていき、シミ改善がはかどりますよ。

<30代女性はシミが増加する?その理由と対策を教えて!・まとめ>

  • 30代は肌の代謝力、保湿力が低下する時期と重なる
  • 出産、育児時期と重なり、女性ホルモンの影響でシミが増加
  • 生活習慣の見直しや美容機器を使って肌の代謝を促す
  • 30代の肌に合わせて開発された美白化粧品がおすすめ
  • 保湿された肌なら美白成分が浸透しやすい