UVA、UVBとは?(紫外線の基礎知識)

UVAとは,UVBとは

「紫外線が肌に悪い」ということは、多くの人が知っていますよね。

その紫外線には「UVA」や「UVB」など種類があり、それぞれ肌に違う影響があることは知っていますか?


紫外線を正しく理解しておくと、日焼けやシミ・たるみなどの肌トラブルを、効果的に防ぐことができます。

今回は、紫外線の「UVA」と「UVB」について紹介します。



UVAとUVBって何?

UVAとUVB

UVA・UVBとはどんな紫外線で、どのような違いがあるのでしょうか?

3種類ある紫外線の一種

紫外線は波長の長さによって、長いほうから紫外線A波(UVA)・B波(UVB)・C波(UVC)に分けられます。

紫外線の波長が短くなるほど、皮膚への影響が強いと言われています。


UVCはオゾン層に吸収されて地表に届かないため、地上に届く紫外線は「UVA」と「UVB」の2種類です。

紫外線を浴びると、体内ではビタミンDが作られたり、気持ちを安定させる物質「セロトニン」が分泌されます。


体を健康に保つために、紫外線はある程度必要ですが、美容面では肌トラブルの原因になるなど悪影響があります。

<関連記事>:夏、絶対日焼けしたくない人のためのシミ予防・美白対策!

UVAは「生活紫外線」

UVAは日常生活で無意識のうちに長時間浴びやすいので、「生活紫外線」とも言われています。

オゾン層や雲を通り抜けやすく、地表に降り注ぐ紫外線の90%以上がUVAです。


UVAはUVBの20~30倍の量が常に降り注いでいて、季節や天候による量の変動が大きくありません。

春の3~4月の段階で、最もUVA量が多い5~9月とそれほど変わらない量が、冬の1月でも、夏の約80%のUVAが降り注いでいます。


また雲を透過しやすいため、天候が曇りでも晴れの日の80~90%、雨でも30%程度のUVAが地表に届きます。

波長が長いUVAは、その30~50%が肌の表皮を通り抜けて、真皮にまで届いてしまいます。


短期間ではUVAの影響を感じにくいですが、じわじわと肌にダメージが蓄積されていきます。

UVBは「レジャー紫外線」

海などのレジャーで起こる日焼けの主な原因となるUVBは、「レジャー紫外線」とも言われています。

UVBは雲を通り抜けにくいので、地上まで届く量は紫外線全体の約10%程度です。


UVBの量は季節や天候によって、変動があります。

3~4月頃からUVBが増え始め、夏の7~8月頃が最も量が多いです。


10月~3月は量が少なくなり、冬のUVBの量は夏の20%程度にまで減ります。

雲を透過しにくいUVBは、天候が雨だと晴れの日の約10%しか地上に届きません。


また1日の中でもUVB量は差があり、10時ごろに増え始め、11時~14時頃が最もUVBが多い時間帯です。

波長が短いので皮膚への影響が強く、短時間で大きな肌ダメージがあります。


一般的に「日焼け」と聞いて思い浮かべる、炎症を起こしてヒリヒリと痛む日焼けは、UVBによるものです。

<関連記事>:日焼け止めが効かない!その原因は?おすすめの日焼け止めは?

UVAとUVBは、肌にどんな悪影響がある?

UVA,UVB,悪影響

UVAやUVBを肌に浴び続けると、どんな影響があるのでしょうか?

UVA:黒い日焼け、シワやたるみ

UVAはシミの原因となる、メラニン色素を作る細胞を活性化させ、黒い日焼け(サンタン)を起こします。

UVAが届く真皮には美しい肌の元となる、コラーゲンやヒアルロン酸などを作る細胞があります。

この細胞にダメージが加わると、肌の弾力や潤いが失われやすく、シワ・たるみの原因になります。

UVB:赤い日焼け、シミや火傷

肌が赤くなる日焼け(サンバーン)・肌がヒリヒリするなどの状態は、UVBが原因です。

サンバーンはやけどの一種で、炎症がひどいと肌に水ぶくれができる場合もあります。


UVBは表皮にある細胞を活性化させて大量のメラニン色素を作り出し、シミ・ソバカスの原因になります。

またUVBによって赤くなった肌は、細胞の遺伝子が傷ついた証です。


細胞へのダメージが繰り返されると、細胞に傷が残ったり修復のメカニズムが壊れ、皮膚がんにつながる可能性があります。


UVAとUVBの対策は?

UVA,UVB,対策

ここまでUVA・UVBの違いと、肌への影響を説明しました。

ではこの2つの紫外線を防ぐために、どんなことに注意すれば良いのでしょうか?

UVAは年間を通して要注意!

先ほど書いた通り、季節や天候によってUVAの量は左右されにくく、年間を通して降り注いでいます。

洗濯物を干す時や、近くのスーパーに買い出しに行く時など、短い時間でもUVAは肌に蓄積されていきます。


またUVAは雲だけでなく、窓やガラスを通り抜けてしまうため、屋内にいても注意が必要です。

家や車の中で、常に同じ方向からUVAを浴びていると、顔の片側だけシワ・たるみが出来る可能性があります。

<関連記事>:美白ケア、日焼け後のアフターケアは?

日焼け止めはどうやって選ぶ?

日焼け止めには「PA」と「SPF」という指数が書かれています。

指数が大きくなるほど、紫外線をカットする効果が高いです。


しかしPA・SPFの高い日焼け止めは肌への負担が大きいので、季節や行動によって使い分けることが大切です。

UVAから肌を守る力はPAで表され、「PA+」から「PA++++」まであります。


UVAは1年中多く降り注いでいるので、行動に関係なく、夏はPA++以上、秋・冬でもPA+の日焼け止めが必要です。

一方UVBを防ぐ力はSPFで表され、SPFが30~50の日焼け止めなら、降り注ぐUVBの97%以上をカットできます。


UVB量は季節によって差があるので、春・秋はSPF20、UVB量が多い夏はSPF30以上の日焼け止めを選びましょう。

海・山にレジャーに行く時はSPF40~50、屋内や短時間の外出ならSPF10~20と、行動によって使い分けると肌の負担が少ないです。

日傘や帽子で紫外線対策を

日焼け止め以外にも、以下のような紫外線を防ぐ方法があります。

  • 日傘を使用する、帽子をかぶる
  • 長袖を着る、アームカバーをつける
  • 襟つきの服で首の後ろを守る
  • サングラスをかける
  • 日陰を選んで行動する


また紫外線量の多い時間帯の外出を避けることも有効です。

お昼の時間帯はUVBの量が多いので、朝方か16時以降を選んで行動すると良いでしょう。

日焼けしたら早めのケアが大切

肌が赤く日焼けした場合は炎症を鎮めるため、まず冷やすことが大切です。

炎症を早く抑えることで、日焼け後にシミやソバカスが残りにくくなります。


日焼けした肌の色を戻すには、肌のターンオーバーを促してメラニン色素を排出しやすくしましょう。

ターンオーバーを促すには、ビタミンA・C・Eを意識したバランスの良い食事が良いです。


ターンオーバーは睡眠中に行われるため、6時間以上の睡眠を取るよう心掛けてください。

またUVAやUVBによって日焼けした後の肌は、乾燥しやすい状態です。


浸透力の高い美白化粧水を使って、十分な保湿を行ってください。



以上、UVAとUVBの違いや肌への影響について見てきました。

UVAとUVBの違いを正しく知って適切紫外線対策を行い、肌トラブルを防ぎましょう。

<UVA、UVBとは?・まとめ>

  • UVAとUVBは、3種類ある紫外線の一種
  • 波長が長いUVAは、降り注ぐ紫外線量が多い
  • UVBは短い波長で、短期間で大きな肌ダメージを負う
  • UVAはシワ・たるみ、UVBはシミ・ソバカスの原因になる
  • 日焼け止めや日傘、帽子などでUVA・UVB対策をしよう