美白とコラーゲンが関係あるって本当?



コスメ商品や化粧品のCM、広告などでよく目にする美容成分のひとつに、コラーゲンがあります。

コラーゲンといえば肌にハリや潤いが欲しいときに補給するもの、というイメージが強いですよね。実は美白を目指すときにも、ぜひ気にしたい美容成分なのです。


知っているようでよく知らないコラーゲンとはどういう成分なのか、コラーゲンの持つ美白効果について、効率よくコラーゲンを摂取する方法について紹介します。


コラーゲンとは?

体を構成する成分



私たちの身体の60%が水分で出来ていることはよく知られていますが、残りの4割はというと、タンパク質が約20%、脂肪が約15%、残りの5%は無機質で成り立っています。

20%のタンパク質のうち30%を占めるのが、コラーゲンです。


タンパク質の一種であるコラーゲンは、皮膚に40%、骨や軟骨に10~20%、そのほか血管や内臓にも含まれ、体にとって欠かせない成分と言えます。

肌で見てみると、表皮、真皮、皮下細胞の3層のうち肌の健康状態を左右する真皮の70%が、コラーゲンで構成されています。

コラーゲンの役割

コラーゲンは、それぞれ1000個ものアミノ酸がつながった3本の鎖が、コイルのように巻いている「3重らせん構造」と呼ばれる形状をしています。

分子間を様々な化合物で橋かけした架橋と言われる構造であるために強度が高く、このような構造で細胞同士を結びつけ、支えるのがコラーゲンの役割です。


コラーゲンを主成分とする細胞外マトリックスという構造は、細胞を守り、支え、結びつけています。

正しい位置に細胞を整列させ、各臓器・器官を支え、健康な状態の維持に役立っているのです。

コラーゲンの老化

年齢とともにコラーゲンの代謝力は減少していき、コラーゲンそのものが劣化して、肌をはじめ各器官の水分量や弾力性を保てなくなってきます。

20代のコラーゲンの状態を100%とすると、40代で70%、80代で20%にまで機能が低下し、細胞をつなぎ合わせる力がなくなって肌の弾力、潤いが奪われていきます。

このように老化とコラーゲンには、深い関係があるのです。

<関連記事>:なかなか消えないシミの原因は加齢とストレスが問題かも!


美肌成分コラーゲンには美白効果もあるの?


コラーゲンがターンオーバーに影響

真皮と、真皮を覆っている基底膜は、肌の一番外側の部分である表皮に栄養を送る役目を担っています。

真皮の70%を構成するコラーゲンの劣化によって、表皮に十分な栄養が届かなくなり、肌細胞の機能が低下し、その結果ターンオーバーが乱れてしまいます。


健康な肌では、おおよそ28日間のターンオーバーが機能することで、シミの元は体外へと排出されていきます。

しかしターンオーバーが乱れると、排出できなかった古い角質やシミの元が肌に沈着してしまい、分解されずにシミやくすみを引き起こすのです。


逆に言えば、コラーゲンを補うことでターンオーバーを正常に近づけ、シミの元を排出して美白効果を期待できます。

肌に潤いやハリを取り戻すとともに、美白も期待出来ればなお嬉しいですよね。


ある研究では、1日5gのコラーゲンペプチドを4週間以上摂り続けたところ、肌の水分量や弾力性がアップするとともに、シミの元が改善されたという結果が報告されています。

<関連記事>:すっぴん美人になるための美白術!


コラーゲンを摂取するには?


食材からの摂取は効率が悪い

コラーゲンを豊富に含む食材といえば、プルプルとしたゼラチン質の豚足やすっぽん、鶏の皮などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

このような食材は毎日の食事には向かない・・・と諦めなくても大丈夫です。


実はコラーゲンは、豚のこま切れ肉や鮭、ウナギなど身近な食材にも含まれています。

それなら毎日食べられる、と安心するのは待ってください。実はこれらの食材から摂取したコラーゲンが肌まで到達し、美白に役立つとは言えないのです。


これは、栄養素などの様々な物質を構成する最小単位・分子量に問題があります。

人間の身体は、せいぜい1000程度の分子量でなければ吸収出来ませんが、コラーゲンの場合10~30万の分子で構成されています。


分子量が大きすぎて、摂取しても体内でアミノ酸やペプチドへと分解されてしまい、コラーゲンとして吸収することができないのです。

肌のためには1日5gのコラーゲンペプチドの摂取が良いとされますが、食事で摂取するのは難しいと言えます。



低分子コラーゲンとして摂取

本来高分子タンパク質であるコラーゲンの分子量を、500~1000の分子量にしたのが低分子コラーゲンです

低分子コラーゲンであれば、そのまま体内に吸収されるため、体内での美白効果を期待できます。


飲料や食品、そして美白化粧品でも、低分子コラーゲン配合を謳う商品を探してみましょう。

サプリメントを活用

コラーゲンの補い方として、コラーゲン配合のサプリメントを摂る方法もあります。

粉末、タブレット、ドリンクなど色々なタイプがあり、自分が飲みやすく、生活に合ったものを選ぶと良いでしょう。


コラーゲンペプチドが血流にのって体内を巡り美容効果をもたらすとしても、その効果は1日もすれば消えてしまうもので継続性はありません。

そのためサプリメントは毎日飲み続けることが大切です。

エラスチン、ビタミンCと一緒に摂る

コラーゲンと同時に摂取したいのが、エラスチンとビタミンCです。エラスチンはコラーゲン繊維の結びつきをサポートし、ビタミンCがコラーゲンの生成を促します。

エラスチンは、食材では牛すじや魚の皮、小魚、しらす、牛や豚の心臓などに含まれています。


タンパク質が不足すると、コラーゲンの代謝が悪くなってしまいます。

そのため、コラーゲンと一緒にタンパク質を摂るように心がけてみましょう。


揚げ物など高脂肪の料理では、善玉ホルモンのアディポネクチンが減少することでコラーゲン生成が妨げられ、また高血糖でコラーゲンが糖化すると、肌のハリが失われます。

脂っぽい料理や糖分の多い食事を控えることが、美肌に繋がります。美肌、美白だけでなく、髪や骨の健康、傷の修復にもコラーゲンが役立ちます。

<美白とコラーゲンが関係あるって本当?・まとめ>

  • 体を構成する主な成分のひとつで、肌や骨、血管にも存在
  • 強固な構造で細胞同士を結び付け、支える
  • ターンオーバーの遅れを防いでシミ予防につながる
  • 食材のコラーゲンは分子量が大きく吸収が困難
  • サプリメントは毎日飲み続けるのが大事
  • エラスチン、ビタミンCと一緒に摂取する