馬油の美白効果と使用上の注意点について



子供の頃、薬箱に「馬油(バーユ)」と書かれたクリームを見た記憶がありませんか?

「火傷したときに塗ってもらった」という方もいるのではないでしょうか。


昔ながらの民間療法的イメージがある馬油ですが、実は美白にも効果を発揮し、シミやくすみに良いということが分かっています。

馬油とはどんな製品なのか、馬油の持つ特徴や効果について、中でも美白・美容効果に注目して紹介します。


副作用の有無や使用上の注意点も確認しておきましょう。


馬油ってなに?


馬油は動物性の油脂

馬油とはその名の通り、馬のたてがみや腹部の皮下脂肪などを原料に作られた「動物性油脂」です。

元々は中国で使われていたものが奈良時代に日本に伝わったと言われており、それ以来民間治療薬として広く用いられてきました。


馬油は副作用がないため、火傷や肌荒れ、ひび、あかぎれ、切り傷などの皮膚治療に安心して利用できます。

万が一小さな子供の口に入っても問題がないといった安全性、そしてその性質にも理由があります。

<関連記事>:シミの種類、炎症後色素沈着って何?

皮脂に似ていて浸透率が高い

馬油は自然界の油脂のなかでも、人間の角質層の細胞間脂質、つまり皮脂にとても近い物質です。

そのため肌との相性がとてもよく、塗布することでスッと浸透して不足した皮脂を補い、肌のキメを整えたり、外部からの刺激から肌を守ってくれます。


同じくベタつきがあるスキンケア成分のワセリンやシアバターと比べて、馬油は融点がより低めの30度前後となっています。

馬油そのものはベットリしていても、体温によって液体化し、すぐにサラサラになって肌へより浸透しやすいのです。


家庭用の置き薬として下記のような利用法があり、漢方を扱う病院ではアトピーやニキビといった皮膚疾患へ処方されています。

  • 火傷の痛みを取り、跡を薄くする
  • 皮膚の痒みや化膿を抑える
  • ひび、あかぎれ、しもやけ、唇の荒れ、水虫に
  • シワやニキビが気になる部分に
  • 日焼け後のほてりに
  • 冷え性の血行促進や便秘にも
  • 抜け毛や髪の健康が気になるときに


馬油の様々な美容効果!美白作用もあるの?



肌の角質層の荒れを補ってくれる馬油には、「抗酸化作用」「殺菌作用」「抗炎症作用」「保湿作用」「血流促進作用」が見られ、これらが総合的に美肌、美白に効果を発揮すると考えられます。

抗酸化・殺菌作用による効果

馬油を塗ると、皮膚表面に油膜を張って浸透することで、肌内部の空気を追い出していきます。

こうして肌での酸化が抑えられ、細菌も皮膚に入り込むことができません。抗酸化はシミの予防となります。

<関連記事>:美白成分、アスコルビン酸について

抗炎症作用による効果

馬油には炎症を鎮めて熱を取り去る作用があり、これが火傷の治療に適しています。

ニキビや傷などの炎症に対しても効果を発揮し、跡が色素沈着してシミになるのを防ぎます。

保湿・血流促進作用による効果

馬油は少量でも広い範囲にスッと広がり、瞬時に肌に膜を作って保湿効果が得られます。

保湿は肌に潤いを与えるだけでなくバリア機能を高め、紫外線のダメージから肌を守ってシミの元を減らします。


膜を張ることでの保温効果、そして毛穴の奥に浸透した馬油成分による毛細血管への刺激によって、血液の循環が促されます。

血流が良くなれば肌の新陳代謝がスムーズになり、シミやくすみの元がきちんと排出されてワントーン明るい美肌を目指すことができます。


血行の促進は美容効果だけでなく、辛い頭痛や肩こりの改善にも有効です。

美白のための馬油の使い方

浸透力が高まるタイミングは洗顔後です。水分を軽く拭き取った肌に、米粒2粒程度の馬油をつけます。

伸びがとてもいいため、このように少量でも十分に顔全体をカバーできます。


3~4分経つと馬油が十分に浸透して肌がサラサラになってきます。その後に化粧水からのスキンケアを行いましょう。

このような普段のお手入れの他に、たまに行うスペシャルケアとして、サクランボ大の馬油をたっぷりと塗って湯船につかり、その後洗顔するとプルプル肌の潤い肌になります。


シミのある箇所に少し多めに馬油をつけマッサージしたり、洗顔後にたっぷりと馬油を塗って軽くマッサージしてからティッシュで押さえるという方法も有効です。

馬油を塗ってホットタオルで覆うと、保湿・血行促進効果がより一層高まります。


馬油が肌に浸透することで角質層までの道筋ができ、その後につける美容成分をよりしっかりと浸透させ、効果を高めるサポート的な利用もできます。

<参考サイト>:馬油の使い方|北海道純馬油本舗


馬油の副作用や使用上の注意点について


安全性が高く安心して使える

馬肉が食用にされることから分かるように、副作用の心配はありません。

浸透力は強いですが、鉱物油などと違って皮下組織にまで浸透することはないので安心です。


クリームだけでなく、シャンプーやトリートメント、飲む馬油など幅広い商品に配合され、赤ちゃんから高齢者の方まで使えます。

しかし、馬に対するアレルギーがあれば当然反応が出る可能性があります


他の化粧品と同じように、使用前にはパッチテストを行いたいですね。

馬油の選び方、消費期限について

馬油の配合濃度は商品により様々ですが、他に色々と成分が混ざっているよりも、純度100%の馬油の方が安心して使用できます。

なかには純度が低かったり香りが強いものもあるので注意してください。


液体とクリーム、2つのタイプがありますが、クリームタイプの方は温度が低いと固まるので手のひらで少し温めて使います。

続いて消費期限を見てみましょう。馬油には不飽和脂肪酸が多く含まれ、酸化しやすい性質です。


開封したら表面から酸化が進むため、直射日光の当たらない冷暗所で保管し、半年程度で使い切るようにします。

洗顔や全身の保湿に使ったり、乾燥ニキビや日焼けの炎症を抑えたり、かかとや足裏のケア、花粉症予防にスカルプケア、筋肉のこりやおむつかぶれなど、馬油はやけど以外にも様々な症状に使えるので、家族で共有できますね。


馬油と美白化粧品を併用すれば、美白成分の浸透力をアップさせより効果を引き出すことができます

美白化粧品の口コミサイトは、化粧品の効果や特徴を比較しながらじっくりと商品を選べるのでおすすめです。

<馬油の美白効果と使用上の注意点について・まとめ>

  • 馬の身体から採った動物性油脂が馬油
  • 皮脂に似ていて浸透率がとても高い
  • 保湿、血行促進などの作用が美白にいい
  • 洗顔後すぐに使い、その後スキンケアを行う
  • 副作用はないが馬アレルギーの方は注意
  • 酸化しやすいので半年程度で使い切る