色白は要注意?日焼けしやすい肌質の方のための美白対策!



日焼けをすると肌が赤くなる人と黒くなる人がいますが、なぜそういった違いが生まれるのか知っていますか?

この記事では色白と色黒の肌の違いを説明しながら、日焼けとの関係や美白対策について解説していきます。


日焼けしやすい人も、これを読んで白くキレイな肌を手に入れましょう。


色白の人は日焼けしやすいって本当?

色白,日焼けしやすい

もともと肌が白い人は日焼けしやすいイメージがありますが、それは本当なのでしょうか。

ここでは、色白と色黒の人では肌質にどんな違いがあるのか解説していきます。

色白と地黒、肌にどんな違いがあるの?

色白になるか地黒になるかは、遺伝的な要素や生まれ育った場所等によって左右されます。

両親が色白であれば子どもも色白になる確率が高いですし、暑い地域では地黒の人が多いイメージがないでしょうか。


色白の人はもともとメラニン色素が少なく、地黒の人はメラニン色素を多く持っています。

このメラニン色素の量が、肌の色だけでなく日焼けのしやすさにも影響してきます。

色白さんが日焼けしやすいのはなぜ?

少し意外かもしれませんが、メラニンには紫外線から肌を守る働きがあります。

メラニンが少ないと肌は白くなりますが、同時に肌のバリア機能も低くなっているということです。


そのため、色白の人は日焼けによる炎症で赤くなりやすいのです。

ただし色黒の人も、日焼けしにくいからといって対策を怠ってはいけません。


色白の方が日焼けした際に変化が出やすいだけで、色黒の人は日焼けしないという訳ではありません。

<関連記事>:美白成分、ビタミンC誘導体について

色白は日焼けしやすい、だけじゃない!

メラニンは紫外線を吸収することで、細胞を守る役割をしています。

つまり色白の人はメラニンが少ない分、紫外線を浴びた時に肌へのダメージが大きくなるのです。


紫外線によって肌の細胞がダメージを受けると、メラノサイトが刺激されてシミができやすくなります。

またコラーゲンやエラスチンが破壊されてシワやたるみの原因にもなり、肌の老化が進行しやすくなります。


肌が白い分、シミができたら目立ちますし、シワやたるみの影でより一層老け顔に見える場合もあります。

このように、色白の人は日焼けしやすいだけでなく、色々な肌ダメージのリスクが高いとも言えるのです。


色白と地黒、同じケア方法で大丈夫?

色白,色黒,スキンケア

色白の人と色黒の人では、日焼けの仕方が異なります。

紫外線の種類や日焼けの種類を知り、自分にあった日焼け対策を考える際の参考にしてください。

日焼けタイプは紫外線の種類で決まる

紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類があります。

UVAは紫外線の約95%を占めており、その高い浸透力で肌の奥まで届いて、赤いやけどのような日焼けを引き起こします。


このタイプの日焼けを「サンバーン」といい、紫外線によって細胞が破壊されることで肌のハリが失われるため、シワやたるみの原因になります。

一方で紫外線の約5%を占めるUVBは、主に「黒くなる日焼け」の原因となります。


これは「サンタン」と呼ばれるタイプの日焼けです。

紫外線のダメージから細胞を守るために、メラニンが大量に作られることで肌が黒くなりますが、これが色素沈着すると、シミやくすみの原因になります。

日焼けで赤くなる人と黒くなる人の違いは?

色白の人は日焼けの炎症が起こりやすいため赤くなりますが、色黒の人は赤くなりにくい傾向にあります。

また、元々の肌の色の関係で、赤くなっていても分かりにくいという面があります。


また日焼けをして黒くなるかは、メラニンが生成されやすい肌質かどうかによります。

メラニンを生成しやすい人は、紫外線のダメージを軽減するためにメラニンが作られるので肌が黒くなります。


このタイプの人は、メラニンが原因となるシミに注意が必要です。

逆にメラニンを生成しにくい人は、紫外線を浴びてもメラニンが作られないので肌が黒くなりません。


ただし、紫外線のダメージを直接受けるため、シワやたるみができやすくなるという点には注意が必要です。

<関連記事>:日焼けした腕の美白ケアは?

肌タイプによって、日焼け止めは変えるべき?

日焼け止めに書かれている「SPF」や「PA」がそれぞれ何を表しているか知っていますか?

これらの表記は、UVAやUVBに対するカバー力を表しています。


SPFは、主にUVBを防ぐ効果の強さを表しており、数値が大きいほど効果も大きくなります。

見方としては、日焼けするまでに10分かかる人がSPF50の日焼け止めを使った場合、10分×50=500分(8時間20分)効果を発揮するということです。


そしてPAは、主にUVAを防ぐ効果の強さを表しています。PA+からPA++++まで4段階あり、+の数が多いほど効果が強くなっています。

今は日焼け止めも様々なタイプが出ています。


メイクの上から塗れる無色のパウダータイプのものや、保湿成分を配合したスキンケアもできるタイプなど、多種多様な日焼け止めがあります。

自分の肌のタイプや状態に合った日焼け止めを探してみてください。

<参考サイト>:SPFとPAの違いって?賢い日焼け止めの選び方|アネッサ


色白さん必見!正しい美白対策は?

色白,美白対策

白くてキレイな肌を作るには、紫外線をはじめとする肌へのダメージをできる限り少なくしたり、肌の状態を整えたりする必要があります。

ですが、方法やタイミングなどを間違えると、かえって肌を傷つけてしまう可能性もあります。


ここからは、正しい美白対策について紹介していきます。特に色白の人は必見です。

紫外線対策は日焼け止めだけじゃダメ!

季節や天気によって量は変化しますが、紫外線は一年中降り注いでいます。

日焼け止めだけではなく、日傘やサングラス、アームカバーなども活用し、できる限り紫外線を浴びないように普段から心がけましょう。


また屋内にいるときも、紫外線には注意が必要です。窓やカーテンがあっても、UVAはそれらを通り抜けて屋内まで届いてしまいます。

紫外線カット効果があるカーテンや窓用フィルムを貼ったり、窓際で長時間過ごすのを避けるなど、屋内でも紫外線対策を怠らないように気をつけてください。

乾燥対策でくすみを防ぐ

美肌を目指すのであれば、乾燥対策は必須です。乾燥して肌のターンオーバーが乱れると、肌がくすむ原因になってしまいます。

顔を洗ったあとは、すぐに保湿をするようにしましょう。洗顔後何もせずそのままにしていると、どんどん肌の水分が失われていきます。


清潔な手またはコットンに化粧水を出し、軽く肌をおさえるような感じでやさしく保湿します。

化粧水を染みこませようとして、肌を強くたたいたりしないように気をつけてくださいね。

<関連記事>:乾燥肌×美白ケア、注意点やポイントは?

美白化粧品はどう選ぶ?

色白の人は肌が弱いことが多いため、化粧品を選ぶ際には注意しましょう。

できるだけ添加物が少なく、刺激の弱いものを選ぶのがオススメです。


化粧品に含まれている美白成分の中には、肌が乾燥しやすくなるものもあります。

また、美白成分は刺激が強いものも多いので、肌がダメージを受けているときに使用すると悪化してしまうことが考えられます。


日焼けをすると美白化粧品を使いたくなるかもしれませんが、ヒリヒリが治まるなど、症状が少し落ち着いてから使うようにしましょう。


<この記事のまとめ>

  • 色白の人はメラニンが少なく、紫外線のダメージを受けやすい
  • メラニン色素には紫外線から肌を守る働きがある
  • 色白の人は肌が赤くなりやすく、色黒の人は赤くならずに黒くなりやすい
  • 日焼け止めのSPFはUVBを、PAはUVAを防止する効果の強さを表している
  • 美白化粧品はできるだけ刺激の少ないものを選び、日焼け直後は使用を避ける