透明感あふれる美白美肌を手に入れるスキンケア!



テレビCMなどでもよく「透明感のある肌に」といったキャッチコピーでスキンケアアイテムなどが紹介されていたりしますよね。

ですが、そもそも透明感とは何なのか、どのような肌の状態のことを言うのかわからないという方もいるはず。


透き通った透明感のある肌を作るために具体的にどのような対策をとれば良いのかについてもご紹介しましょう。

透明感のある肌=年齢を感じさせない肌でもありますので、最近何となく顔が疲れているなぁ、年をとったなぁと感じている方はチェックしてみてくださいね。


透明感って何?

透明感のある肌はすてき!ということは何となくわかるものの、透明感とはどのような肌の状態を指すのかわからないという方のためにご紹介します。

これは簡単に説明をするとシミやくすみ、日焼けがなく、滑らかで均一な肌色をした肌のことだといえるでしょう。


色白=透明感があるというわけではありません。というのも、ただ単に肌が白いのと透明感があるのとは違うことだからです。

透明感を作るために何よりも重要になるのが水分量に関することです。


水分量が不足していると、どうしても肌にくすみができたり毛穴が発生しやすくなりますので、美肌とは言えない状態になります。

では、いかにして肌に潤いをプラスしていけば良いのかについてご紹介しましょう。

<関連記事>:(質問)レーザー以外で美白になる方法を探しています。


透明感あふれる美白美肌を手に入れるスキンケア



スキンケアを丁寧に行うことで水分がたっぷりの透明感のある肌を作ることができます。

古い角質はしっかり落とす

注目したいのが「角層」と呼ばれる部分です。これは皮膚の表面にある非常に薄い層のことなのですが、約28日かけて新しいものに生まれ変わるという特徴を持っています。

しかし、人によっては肌が生まれ変わるサイクルが乱れてしまい、様々な肌トラブルに繋がることもあります。


また化粧品の有効成分も浸透しにくくなるため、本来の効果を発揮できなくなるでしょう。

そのため、基本のスキンケア以外にも古い角質を落とす成分を含んだ洗顔料や美白化粧品などを取り入れて対策を取ってみましょう。

クレンジング・洗顔と基本のスキンケアを

メイクを落とさずに寝るのは肌に負担をかけます。クレンジングと洗顔は自分の肌に合ったアイテムを使って丁寧に行ってくださいね。

毛穴が詰まっていると感じる場合には蒸しタオルを使って毛穴を開いて洗顔するのも効果的です。


それから乳液は付けずに化粧水だけを付けているという方もいるようですが、これではせっかく取り入れた水分がどんどん蒸発してしまいます。

たくさんの化粧水で潤いを与えたあとは、しっかり乳液でフタをしてくださいね。

<関連記事>:シミ・美白のクレンジング、注意点は?

継続してスキンケアすることが大切



スキンケアを行う際のポイントは毎日丁寧に行うということです。

シミやくすみには、やはり美白化粧品が効果的なのですが、一度使っただけで突然肌の透明感がアップするというわけではありません。


自分で肌に透明感が出たなと実感できるまでには最低でも数週間はかかるでしょう。

その肌を維持していくためにも継続が大切なので自分に合っているスキンケアアイテムを選択し、それをできるだけ長く継続してみてくださいね。


一般的には3ヶ月から半年ほど継続してみないとその商品が本当に自分に合っているのかどうか判断できないと言われています。

人によって1ヶ月に美容アイテムに対してかけられる費用というのは違うため、自分の場合、いくらまでの商品ならば無理なく継続できるのか考えてみましょう。

美白化粧品を使う際のポイント

肌の透明感をアップさせるために美白化粧品を使うというのは非常に効果的です。

しかし、使い方を間違えてしまうと思わぬトラブルを招くこともあるので注意しておきましょう。


例えば、ビタミンCやアルブチンといった美白成分は紫外線に弱いという特徴持っています。

紫外線を浴びると劣化するため、朝にこういった美白化粧品を付けて外出するのはおすすめできません。


商品によって注意点は違うのですが、「夜用」として夜のみにつける美白化粧品もありますよね。

そういったもの「朝にもつけた方がきっと効果があるはず」とつけて出かけた場合、自分で知らない間に美白化粧品に含まれる成分が劣化し、肌に悪影響を与えてしまうこともあるのです。


使い方や使う順番、量を間違えると十分な効果が得られなくなるので気をつけてくださいね。

<関連記事>:【美白美容液】正しく使って美肌を目指そう!


透明感を生み出すにはこの対策も必要!


やっぱり紫外線対策!

何よりも重要なのが紫外線対策です。

紫外線は夏場だけでなく1年を通してふり注いでいるので夏が終わったからといって油断しないでくださいね。


特に春と秋は肌にダメージを与えるほどの紫外線が降り注いでいるので、丁寧な対策を取る必要があります。

できるだけ日陰を選び太陽の光が降り注いでいるところを避けて歩くなど対策を取ってみましょう。


日差しが強い日は夏でなくても日傘をさすという方も増えているようです。

冬は空気が乾燥しており、肌のバリア機能も低下しています。


するとちょっとした紫外線でも肌にとっては大きなダメージになるため、夏場ほど力を入れる必要はありませんがしっかり日焼け対策をすることが重要度なのです。

日焼けどめにはいくつかの種類があります。成分が強いものほど肌への負担も大きいので、それほど紫外線が降り注いでいない時に強い日焼けどめを使うのはおすすめできません。


夏以外の季節は日焼けどめというよりもUVカット効果のある化粧下地やファンデーションを使うなどの方法で対策を取ってみてくださいね。

水分の補給が大事

肌の水分をアップさせるためには水を飲むのも効果的です。

体内の水分が不足していると肌の水分も少なくなるため、毎日十分な量の水分を摂りましょう。


コーヒーやジュースなどではしっかり水分を吸収できないため、純粋に水を飲んでみてくださいね。1日に1.5リットル程度を飲めば効果が期待できます。

一度にまとめてのものではなく、こまめに飲むのがポイントなので忘れることなく取り入れてみましょう。

血行を良くしよう



女性は男性に比べると血行不良になりやすく、冷え性に悩んでいる方も多いです。

肌の透明感をアップさせるためには血行も大切な役割を持っています。


口から取り入れた食事やサプリメントの栄養素というのは血液を通して運ばれるわけですが、血行が悪くなるとそれがうまく行われず、肌トラブルに繋がることがあるのです。

それに血行が悪くなると顔色も悪くなりますよね。血行の良い肌は明るく見えるので、血行を良くして透明感のある肌を手に入れましょう。


効果的なのは身体を温めるということです。冷え性で手足が冷えているという方は靴下を重ねばきしたり、手袋を身につけるなどの対策を取ってみましょう。

また、お風呂にゆっくり入るのも効果的です。お風呂上りは血行が良い状態になっているため、さらに血行を良くするためにマッサージも取り入れてみてくださいね。


何の対策も取らずにいると冷え性はなかなか改善しません。

血行が悪くなるのは美容だけでなく健康にとっても良くないことなので、早めに状態が改善できるように努力してみましょう。

<透明感あふれる美白美肌を手に入れるスキンケア!まとめ>

  • 透明感のある肌とはシミやくすみ、日焼けがなく、滑らかで均一な肌色をした肌
  • 体内の水分が不足していると肌の水分も少なくなる
  • 身体を温めて冷え性改善をすることも大切
  • 美白美肌のために紫外線対策はしっかり行おう