【自宅で簡単!】クエン酸ピーリングによる美白ケア



美白化粧品で毎日お手入れしているという方も多いと思います。しかし化粧品だけではなかなか効果を実感しにくいですよね。

「エステで美白ピーリングでもしたいけど、お金がかかるし定期的に通うのは難しいわ・・・」そんな方におすすめなのが「クエン酸ピーリング」です。


クエン酸ピーリングは、材料さえ揃えば自分でクエン酸水を作って自宅でピーリングすることも可能です。

ここでは、自宅で手作りできるクエン酸ピーリングの方法や注意点についてご紹介いたします。


そもそもピーリングって何?

ピーリングは角質ケア目的の美容法です。通常ターンオーバーが正常に働いている時は、古い角質が自然と剥がれ落ちるので、メラニンも共に排出されて肌に残る心配はありません。

しかし、ターンオーバーが乱れてくると古い角質が残りやすくなり、メラニンの排出が鈍ってきます。それが、美白に大敵のシミやくすみの原因になります。


メラニンを排出させるためには、肌の再生を促すことが必要なので、ピーリングを行って古い角質を除去する角質ケアをし、ターンオーバーを促進させます。

そうすることで、シミや色素沈着したニキビ跡の解消に繋がることはもちろん、コラーゲンやヒアルロン酸の生成も促され、毛穴や小じわ改善の効果まで期待できます。


ここまでは、ピーリングの基本的な説明でしたが、ピーリングにも色んな種類があります。 近頃、自宅でもできることでとっても注目されているのが「クエン酸ピーリング」です。

<関連記事>:塩麹を使って自宅でシミ美白ケアができちゃいます!

自宅でも簡単にできるのが「クエン酸ピーリング」!


クエン酸って?

クエン酸は柑橘類に含まれる有機化合物のことで、簡単にいうと酸っぱいと感じる酸味成分です。

クエン酸には疲労回復効果や血流改善などの作用があるため、健康・美容目的で食材から摂りいれたり、酸の力で汚れを落とす働きもあるため掃除や洗濯などの場面でも利用されています。

クエン酸ピーリングのメリット

ピーリングには、レーザーや塩などで強制的に角質を除去する物理的なピーリングや酸系の薬剤を使用して角質を溶かすケミカルピーリングなどがあり、クエン酸ピーリングは後者に含まれます。

クエン酸は、もともと食材に含まれる成分であり、AHAと呼ばれる天然由来のフルーツ酸ですので、刺激臭もほとんどなくピーリング剤としては比較的低刺激だと言えます。


クエン酸はスーパーなどでも入手することが可能なので、自宅でピーリング剤を手作りすることも可能です。お金をかけずに手軽に試すことができる点もクエン酸ピーリングの魅力でしょう。

では、次では気になるその作り方についてご紹介しましょう。


クエン酸ピーリング水の作り方とピーリング方法


必要な材料

家庭で作るための必要材料は、

・精製水 30ml
・クエン酸 3g
・容器

これらは、薬局やドラッグストアなどで揃えることができます。

クエン酸1に対して精製水は10の比率で配合するのがポイントです。沢山作りたい場合はこの1:10のバランスを守って調合してください。

しかし、保存料は使用しませんので、作り置きはあまり好ましくありません。毎日使用するものではないので、その都度必要な分量を作ることをお勧めいたします。

また、肌が弱い方は、クエン酸と同量の「重曹」を加えると良いでしょう。重曹により中和されるため酸の力が弱まり低刺激になります。

<関連記事>:頬骨の上にあるそのシミは「こすり過ぎ色素沈着」かも・・・!

クエン酸ピーリング水の作り方

清潔な容器に精製水とクエン酸を入れ混ぜ合わせます。重曹を入れる場合は、少しずつ足して混ぜてください。泡がでなくなったらクエン酸ピーリング水の完成です。

数回分作り置きする場合は、蓋のついている容器に保存しておきましょう。クエン酸ピーリング水はサラサラとした水のようなテクスチャーですので、プッシュタイプの容器が使いやすくてお勧めです。

ピーリングの方法

クエン酸ピーリングをする際には、きっちりメイクオフして清潔な肌にしておきましょう。

タオルで水分を十分にふき取った後、顔全体もしくはシミやニキビ跡など気になる部分にクエン酸水をつけますが、目の近くや傷・炎症がある場所は避けるのがポイントです。


クエン酸水はサラサラしているので、コットンに浸してパックにしても良いでしょう。

塗布して5分間放置したら洗い流します。肌が弱い方は2~3分にしておくと安心です。ピリピリと刺激を感じたら、濃度を低くするなどして調整してみると良いでしょう。

ピーリングの頻度は、最初は週に1回から始めて、慣れてきたら週に2~3回が目安です。やりすぎないように注意しましょう。


ピーリング後は肌が乾燥しているので、保湿は入念に行ってください。その際は、できれば低刺激で、セラミドなど肌のバリア機能を高める保湿成分を配合した化粧品がおすすめです。


クエン酸ピーリングの注意点・リスク



家庭で簡単にできるからと言って、クエン酸ピーリングが安全という訳ではありません。

ピーリングの中では低刺激と言えますが、それでもケアの仕方や使い方によってはお肌に悪影響を及ぼす危険性がありますので、くれぐれも注意しなくてはなりませんよ。

最後に、クエン酸ピーリングの注意点やリスクについてお話致します。

紫外線に注意する

角質が一枚剥がれた状態ですので、お肌はすごくデリケートです。そのため、紫外線の影響も受けやすくなっているので、今まで以上の紫外線対策も必要になってきます。

日焼け止めクリームはもちろん、陽射しの強い夏場であれば日傘や帽子なども利用して紫外線をブロックしたいですね。

<関連記事>:サングラスでシミ美白対策ができる?その理由は?

クエン酸の濃度を上げない

クエン酸は濃度が高すぎると塩酸より怖いものになります。

ピーリング後はお肌がツルツルになって嬉しくなりますが、さらに効果を高めようとして、クエン酸を入れすぎると逆に肌を傷めることになるので量はきっちり守るように注意しましょう。

乾燥を悪化させる可能性がある

美白やアンチエイジングに効果的なクエン酸ピーリングも、副作用が全くないわけではありません。 自分の肌がピーリングによるターンオーバー作用に対応しきれず、カサカサ肌になることもあります。

乾燥肌は紫外線の悪影響を受けやすいので、肌が老化するおそれもあります。人によっては、赤く腫れたり、かさぶたができることもあります。


一歩間違えると、美白どころかボロボロの肌になるおそれもあるので、このようなデメリットがあることも認識しておきましょう。

確かに、家庭で手軽にできるクエン酸ピーリングは便利かもしれませんが、肌質も体質も人それぞれです。


万が一のことを考えるとあまりオススメできる美容法ではありません。それよりも、美白化粧品を使用して地道にコツコツとスキンケアを継続する方が効果的で安心でしょう。

下記では、美白やシミ予防に有効な美容成分を含んだ化粧品を紹介しています。トライアルセットもありますので、ぜひ試してみてくださいね。

<クエン酸ピーリングによる美白ケアのまとめ>

  • クエン酸とはレモンや梅干しに含まれる酸っぱい成分
  • ピーリングは角質を除去してターンオーバーを整える効果がある
  • シミやくすみ、ごわつきの解消に効果的
  • クエン酸と精製水は1:10の比率を守って調合すること
  • 濃度を高めたり頻繁に行うと肌トラブルや老化を招くので要注意