【これで5歳若返り!】アンチエイジングに効果的な飲み物は?

アンチエイジング,飲み物

アンチエイジングというと、化粧品や食べ物をイメージしがちですね。

実は「飲み物」にも、アンチエイジング効果を期待できるものがあります。


食事や化粧品よりも手軽な方法ですが、飲み物の種類や摂取方法を知っておかないと、かえって健康を害してしまう恐れもあります。

そこで今回は、アンチエイジング効果が期待できる飲み物や上手な飲み方をお伝えします。


アンチエイジングには水分が大事?!

アンチエイジング,水分

赤ちゃんの肌はハリと弾力に満ちてプルプルですが、高齢者のお肌は乾燥してガサガサ・シワシワです。

これは、細胞が持つ水分量の差が原因。若さと水分には、密接な関係があるのです。


まずは、アンチエイジングと水分摂取について学びましょう。

若さのためには水分補給!

人間の身体のおよそ60%は、水分で構成されています。

水分は主に体中の細胞の中に蓄えられていますが、年齢とともにその量は低下していき、高齢者になると約55%程度まで低下してしまうのです。


お肌に弾力やハリ・みずみずしさがなくなるのはこのためで、年を重ねるほどに積極的な水分摂取が大切になります。

1日の水分摂取量、どれくらいが理想?

では、若々しさを保つためには一日にどれくらいの水分が必要になるのでしょうか?

一般的には、1.5~2リットル程度を摂取するのが望ましいとされています。


ですが、一気に大量の水分を摂るのはおすすめできません。

血液が薄くなりすぎたり、代謝が間に合わず「むくみ」の原因になったりするからです。


1~2時間おきくらいにコップ1杯程度をこまめに摂取しましょう。

喉が渇いてからでは、すでに水分が不足している状態ですので、喉の渇きを感じる前に飲むことが大切です。

正しい水分の取り方は?

こまめな水分摂取が大切ではありますが、やみくもに水分を摂ればいいかというと、そうでもありません。

効果的な水分摂取にはコツがあります。


まず、できるだけ常温のものを摂取することです。

冷たすぎる飲み物は体温を下げ、内臓の活動を低下させてしまいます。


また入浴・運動の前後は、汗によって体から水分が失われてしまうので、特に意識して摂取しましょう。

意外と忘れがちなのが、睡眠前後です。睡眠中は水分摂取ができませんから、脱水に近い状態になりがちです。


就寝前と起床直後に水分を補う必要があります。

アンチエイジングだけでなく、心筋梗塞や脳卒中などのリスクを下げる効果も期待できますよ。


アンチエイジングに効果的な飲み物は?

アンチエイジング,効果的な飲み物

水分といっても、「飲料ならば何でもOK」と考えるのはちょっと危険です。

アンチエイジングに適した飲み物とNGな飲み物があるのです。


せっかく水分を摂るなら、美容と健康にも効果的なものを選びましょう。

ミネラルウォーター・炭酸水

「水」を飲む場合、ミネラルウォーターや炭酸水がおすすめです。

ミネラルウォーターには通常の水道水よりもカリウムやマグネシウムなどのミネラル分が豊富に含まれているので、水分摂取と同時にデトックス効果がある栄養素も摂取できます。


軟水よりも硬水のほうがミネラル分が多いので、飲みにくさを感じないならば積極的に選びたいところです。

また炭酸水は、発泡する炭酸ガスが胃腸を刺激し、動きを活発にしてくれます。


満腹感も感じやすいので、食べ過ぎ予防にも一役買ってくれるでしょう。

美肌効果だけでなく便秘解消・ダイエット効果も期待できますよ。

<関連記事>:どんどん肌の透明感がなくなっていく!原因はくすみかも・・・

緑茶

緑茶の中にはビタミンCやカテキンが豊富に含まれています。

「美肌と言えばビタミンC」というくらいメジャーですよね。


ビタミンCは細胞の新陳代謝を促進する効果があり、お肌の若返りには不可欠な栄養素です。

またポリフェノールの一種であるカテキンは、高い抗酸化作用と殺菌作用・脂肪燃焼作用を持っています。


体内の老廃物を排出し、病気にかかりにくくしてくれるだけでなく、ダイエット効果も併せ持つ飲み物と言えるでしょう。

赤ワイン

ブドウから出来ている赤ワインには、赤い色素であるブドウポリフェノールがたっぷりと含まれています。

カテキン同様、ポリフェノールには抗酸化作用があり、細胞がサビついて老化していくのを防いでくれる効果を持っています。


ブドウの皮の色が重要ですので、残念ながら白ワインには赤ワインと同じようなアンチエイジング効果は期待できません。

ワインを飲む機会があるときは、赤を選ぶようにしましょう。 

<参考サイト>:美容や抗加齢にも 健康効果高めるワインの飲み方


これはNG!美容のための水分補給、注意点は?

アンチエイジング,NG

先ほどご紹介した、アンチエイジングに効果的な飲料であっても、飲むときに気を付けたいポイントがあります。

せっかくの美容・健康効果を失くしてしまわないよう、これからお伝えする点には特に注意してくださいね。

炭酸水=炭酸飲料ではない

アンチエイジングに効果的な炭酸水とは、砂糖や果汁などが含まれていない「純粋な炭酸水」のことです。

味付けのしてある炭酸飲料では糖分も同時に摂取してしまいますから、美容にとっても健康にとっても良くありません。


糖分は細胞の老化を速める働きを持っているため、アンチエイジングとは正反対になってしまうのです。

いわゆる清涼飲料水や炭酸入りのジュース類と炭酸水を勘違いしないように注意してください。

カフェインの摂り過ぎに注意

カフェインにはエネルギーの代謝を促進し、活動性を向上させる働きがあります。

また利尿効果も持つので、むくみ対策としても効果が期待できるでしょう。


ただし、それは適量を適切なタイミングで摂取した場合の話です。

カフェインには依存性があり、過剰摂取は禁断症状のようなイライラを招くことも考えられます。


カフェインが持つ覚醒作用と利尿作用から考えれば、就寝前には不向きなことはおわかりですよね。

緑茶を飲むのは夕方くらいまでの時間までとし、一日のトータル量は1リットルを超えないほうが安心です。

<関連記事>:アンチエイジングに適した運動とは?

食事とのバランスが重要

○○だけダイエットに健康上問題があるように、ひとつの飲料に頼りすぎるのはよくありません。

ミネラルもポリフェノールも、高いアンチエイジング効果が期待できるのは確かですが、飲み物だけで賄うのは現実的ではないのです。


食事とのバランスを取りながら、水分や栄養をトータルで賄うようにしてください。

必要な成分や栄養素を過不足なく体の中に取り込むことが、健康も含めたアンチエイジングには欠かせません。


飲み物にこだわりすぎてはストレスもたまります。

過度に厳しくこだわりすぎずに、楽しみながら心と体のアンチエイジングを心掛けたいものですね。


<この記事のまとめ>

  • 加齢とともに減少する体内の水分を補うことが、アンチエイジングには大切
  • 水分摂取の際は、アンチエイジング効果のある成分が含まれる飲料がおすすめ
  • 硬水・炭酸水・緑茶・赤ワインなどには抗酸化作用やデトックス効果が期待できる
  • 水分摂取の際は、摂取量や摂取のタイミングも考慮することが必要
  • 飲み物だけにこだわりすぎず、食事とのバランスを取ることを忘れずに