ブライダルエステって行くべき?自分でできる結婚式までのシミ・美白ケア



結婚が決まり挙式を待つまでの時間は、ワクワクして最高に幸せなものですよね。

周囲の方からもたくさんの祝福を受けることでしょう。とはいえ、挙式までには準備することがたくさんあり、大変なのもまた事実です。


そんな中で忘れたくないのが、人生の晴れ舞台を最高に美しい姿で迎えるための「自分磨き」です。

ブライダルエステが気になるものの、普段エステ経験がない方は、エステに行くべきかどうか迷うのではないでしょうか。


そこで、ブライダルエステの内容や費用、ブライダルエステに行った人、行かなかった人の意見や、自分でできる結婚式までのケアについてまとめます。ぜひ参考にしてください。


ブライダルエステって行くべきなの?


ブライダルエステは何のため?

挙式日を目標として、最も美しい花嫁姿に仕上がるよう、スケジュールを組んで行うブライダルエステ。

「ウェディングドレスを美しく着こなすための美容ケア」を行います。


普段の洋服と違い、ウェディングドレスはデコルテや腕、背中などが大きく露出します。

髪をアップにすることが多いためうなじも美しく見せたいですし、もちろん顔も普段以上に輝かせたいですよね。


数回エステに行ったからといって効果があるとは思えない、という意見もあります。

確かに美肌はある程度の時間をかけて作っていくものですが、エステがサポートするのは目に見える部分だけではありません。


エステで自分を磨くことで、ドレスの着こなしや注目を浴びることに対して自信や気持ちの余裕が生まれます。

エステティシャンに身をゆだねる時間でリラックスし、挙式準備の疲れをいやす効果も期待できるのです。

ブライダルエステの内容は?

サロンによって色々なコースがあります。自分では見えなかったり、手が届かないところのお手入れをしてもらえるのは、エステの大きなメリットですね。

・シェービング
ブライダルエステならではと言えるメニューが、顔やうなじ、デコルテの産毛を剃るシェービングです。肌表面の古い角質が剥がれて化粧ノリが良くなります。

脇のラインをケアすれば、ブーケトスも思い切り楽しめます。シェービングのほか、クレンジングや美肌パックで毛穴や黒ずみを目立たなくできます。

ちなみにエステの前日に脇の自己処理をするのはNG。余裕を見て準備してください。

シェービングのタイミングは挙式の3日~1週間前頃ですが、肌がデリケートで剃刀負けが心配なときには、1ヶ月前に試しぞりをしておきます。


・フェイシャルエステ
肝心な顔へのエステでは、マッサージやパックで肌トラブルを防ぎつつ、ワントーン明るいハリのある素肌、メイク映えする肌を目指します。

吹き出物やくすみなど気になっているトラブルがある場合、相談して集中的にケアしてもらいましょう。

元々肌質がデリケートな方は十分にカウンセリングを受けておきます。


・デコルテ
胸元の大きく開いたドレスでは、首のしわや胸元のくすみが目立ってしまうことがあります。

鎖骨周りのリンパマッサージや保湿ケアによって、デコルテにハリと透明感をもたらします。

回数を重ねるほど透明感が増すため、何度か通うのがおすすめです。


・背中、二の腕
挙式中はゲストに背中を見せるシーンが多く、しっかりお手入れしておきたいところ。ケーキカットや乾杯では二の腕が目立ちます。

ニキビやざらつきを取るクレンジング、マッサージでの引き締め、美白パックで肌を整えます。

背中ニキビが気になる場合、少なくとも3ヶ月前頃からケアを始めてください。


期間、費用はどのぐらい?

1日コースから1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月といった設定が見られます。

サロンのおすすめは挙式前の半年間ですが、実際には2~3ヶ月前から、10回程度のエステを受ける方が多いようです


挙式までのスケジュールはそれぞれであり、期間によって受けられる内容が変わってきます。

気になるエステ費用は、挙式までの短期間で仕上げるという特徴から、通常のエステよりお得な料金設定になっています。


相場としては、1日コースで約3万円、5~10回で約10万円、なかには30万円以上のコースもあります。


みんなはブライダルエステに行った?


行った人の意見

あるアンケートでは、花嫁の80%以上がブライダルエステを利用していた、という結果が出ています。

多数派の「エステに行った花嫁」からはこんな声が聞かれます。


・やらないよりはやった方がいい。数回のエステで痩せることはないけれど、流れを良くすることでむくみがなくなって、身体のラインがきれいに出るようになった。挙式前に2~3回集中ケアするだけでも違います。

・美容に気を遣う方じゃないけれど良い機会と思い、体験エステを数回受けた後に、気に入ったサロンでシェービング込みの2daysコースを受けました。痩せられなかったけど肌はピカピカになり、やって良かったです。

・通わずに直前のシェービングだけ利用。音楽とアロマが気持ちよく、リラックスして眠ってしまった。挙式前は仕事と準備で本当に忙しかったので、肌への効果よりもリラックスのために通っても良かったかも。

行かなかった人の意見

・自分は受けなかったがモチベーションが上がりそう。きれいになったと思い込むのも大事では?

・肌質がデリケートだと逆にトラブルを起こす可能性もあるし、慎重になる。エステの勧誘に遭いそうで不安。

・県外挙式で時間もなかったので、自宅で毎日炭酸パックしたら、化粧ノリが良くなって吹き出物が出なくなりました。


どっちにせよ大事なのがセルフケア!自分でできる結婚式までの美白対策!



ブライダルエステを利用するにしてもしないにしても、大切なのが毎日のセルフケアです

肌のターンオーバーには健康な方でも1ヶ月程度かかります。数か月の余裕を見てできることから始めてみましょう。

いつも以上のUVケアを

顔は気をつけていても、デコルテや腕までUVケアしている方は少ないと思います。ドレスを着たら顔と首の色が違っていたり、ボディがくすんでいては残念ですよね。

ドレスから露出する肌にシミや日焼け跡が出来ないよう、UVケアにはいつも以上に気を配りましょう。


UV効果のある手袋や日傘、長袖や帽子もしっかりかぶるようにします。

うなじへの日焼け止めを塗り忘れず、手が届かない背中はスプレータイプの日焼け止めが便利です。

美白化粧品でのケアを習慣に

昼間の日焼け止め対策と並行して、夜は美白化粧品で肌をより美しく仕上げていきます。

気になるシミには、効果の高い美容液・美容シートで集中美白します。ビタミンC誘導体やハイドロキノンといった美白成分が代表的ですね。


いい化粧品を探したいけどゆっくりお店を回る時間がないときには、ネットの口コミサイトを見てみましょう。

目的に合った商品を、空いた時間に探すことができます。


刺激の少ない洗顔料を使って少ない摩擦で肌を洗うこと、保湿を充分に行うこと、栄養バランスのとれた食事を心がけ、質の良い睡眠を十分にとることも美白につながる大事な習慣です。

式場のスタッフはプロですから、いざとなればウォータープルーフのファンデーションを使ったエアーブラシやジュエリーボディーアートでシミを隠したり、パール感のあるラメを吹きかけて美肌を演出してくれます。


その元となる肌が美しければ、花嫁姿はより一層輝くことでしょう。幸せな一日のために、セルフケアを頑張ってみてください。

<自分でできる結婚式までのシミ・美白ケア まとめ>

  • 挙式を目標にドレスを着こなすための美容ケア
  • 肌を磨くだけでなく自信やリラックスの効果も大きい
  • シェービングやデコルテのケアなどが特徴的
  • 2~3ヶ月前から通う方が多く、期間を自由に選べる
  • 満足の声もあれば、数回では意味がないという意見も
  • 紫外線対策や美白化粧品で充分なセルフケアを