目の下のクマは3タイプ!美白化粧品で消せないクマとは?

クマ,美白化粧品

目の下のクマは、顔が老けて見えたり暗く見えたりする原因です。

しかし、クマといっても実は3つのタイプがあります。クマの種類とその原因、美白化粧品の効果の有無について解説します。


目の下のクマ、どんな種類があるの?

クマの種類

目の下のクマには3つの種類があります。それぞれ原因が異なるため、クマのタイプによって対応も変わります。

血行不良が原因の「青クマ」

青みがかった色の「青クマ」は、目の疲れや寝不足などによる血行不良が原因です。

顔の他の部分に比べ、目の下の皮膚は非常に薄いです。そのため、目の周りにある毛細血管の血流が滞ると、うっ血したように目の下が青黒く見えます。


青クマは、日によって濃さが変わるのが特徴です。その時の血流の具合によっては、クマが目立たない日もあります。

また、目の下の皮膚を軽く引っ張ってみて、クマが薄くなったら青クマの可能性が高いです。

色素沈着が原因の「茶クマ」

茶色っぽい「茶クマ」は目の下にメラニン色素が沈着してしまったことが原因のクマです。

茶クマは体調の変化に関係なく、顔全体の中で目元だけ茶色く浮いている状態です。


青クマや黒クマと違って、皮膚を引っ張ったり、上を向いてもクマが残るのが特徴です。

茶クマの原因となる色素沈着は、紫外線や乾燥、擦りすぎなどの刺激で起こります。


特に女性の場合、アイメイクを落とすためのクレンジングも茶クマの原因となります。

また目元にはシミができやすいため、小さなシミが集中することでも茶色く見えることがあります。


皮膚が薄くて神経が過敏な目元は、特に色素沈着が起こりやすく、クマやシミができやすいのです。

<関連記事>:どんどん肌の透明感がなくなっていく!原因はくすみかも・・・

目元のたるみが原因の「黒クマ」

黒クマの原因は、目元のたるみの影です。皮膚の色が変わっている訳ではないので、上を向くと目立たなくなるのが特徴です。

同じ目の下のたるみでも、目の下にくぼみができて影を作っているケースと、目の下に膨らみがあって影を作っているケースがあります。


どちらも加齢やコラーゲンの現象で筋肉や皮膚が衰えたことが原因です。

むくんだ状態だとさらに目立ち、体調によって黒クマの大きさが変わる場合もあります。


美白化粧品でクマは消える?正しい対処法は?

クマを消す方法

厄介なクマを解消するため、まず思い浮かぶのが美白化粧品です。

しかし、美白化粧品は全てのクマに効果があるわけではありません。

美白化粧品で改善できるのは「茶クマ」のみ!

美白化粧品は、肌に沈着したメラニン色素に働きかけ、シミやくすみを改善するためのものです。

そのため、血行不良やたるみが原因のクマには効果がありません。


美白化粧品を使って効果があるのは、色素沈着が原因の茶クマだけです。

美白化粧品を塗り込むことで目元の血行や肌のたるみが改善して、青クマや黒クマが改善する場合もありますが、あくまで美白成分による効果ではないことを覚えておきましょう。

青クマ・黒クマの対処法は?

美白化粧品では改善できない青クマや黒クマは、それぞれ異なった対処が必要です。

まず血行不良によるうっ血が原因の青クマは、マッサージや温めケアが効果的です。


目元にたまった血流の流れを良くしてあげることで、青クマは解消できます。

頑固な青クマの場合は、肩こりや眼精疲労、冷え性などがうっ血の原因になっている場合もあります。


生活習慣を改善し、血行を良くすることを意識しましょう。

黒クマの場合は、目元のたるみを解消することが第一です。


目元には加齢や疲れが出やすいため、保湿成分や美容成分が含まれたエイジングクリームでのケアが効果的です。

また、目の下の筋肉を鍛えるのも有効です。黒クマはたるみによる目の下の影が原因なので、隠しにくいのが難点です。


ファンデーションやコンシーラー、ハイライトを上手く使って光を乱反射させると、影を薄くすることができます。

<関連記事>:くすみ・クマ・そばかすを解消するには?

要注意!消えにくい茶クマは「混合型」かも

美白化粧品を使ってもなかなか消えない茶クマの場合「混合型」のクマの可能性があります。

混合型のクマとは、茶クマだけでなく、青クマや黒クマも同時にできているクマです。


中には茶クマ、青クマ、黒クマの全てのタイプが混ざっているケースもあります。

混合型のクマが厄介なのは、対処法が非常に難しい事です。


たとえば、青クマと茶クマの混合型の場合、青クマの原因となるうっ血にはマッサージが効果的ですが、色素沈着が原因の茶クマには、過度なマッサージは逆効果です。

マッサージをしすぎると刺激になり、さらに色素沈着が濃くなって茶クマが悪化します。


混合型のクマを治すには、それぞれのクマの対策を、正しい方法でじっくり時間をかけてケアしていく必要があります。


目の下のクマを予防!美白のためにできることは?

目のクマを予防するには

一度できてしまった目の下のクマは、治すのが非常に厄介です。クマができる前にしっかり対策しておきましょう。

目元のケアは優しく丁寧に

目元の皮膚は顔の中でも特に薄い部分です。なんと、たったの0.02mm程度しかありません。

そのため目元は非常に刺激を受けやすく、特にデリケートなケアが必要になります。


クレンジングや洗顔の際に強く擦るのは、目元にとってダメージが大きいです。

また、洗浄力の高いクレンジングや洗顔料など、刺激の強い化粧品も避けましょう。

マッサージで目のクマを撃退!

マッサージは青クマの対策に最適ですが、血行が良くなることで肌のターンオーバーが改善され、茶クマにも効果があります。

エイジングケア化粧品を使ってマッサージすれば、黒クマの予防にもなります。


最も手軽にできるマッサージは、下まぶたの目尻から目頭、上まぶたの目頭から目尻と、両手の薬指で優しく押しながら一周する方法です。

あえて薬指を使うのは、指に力が入りすぎないためです。強く押すのではなく、軽く抑える程度でも十分効果が期待できます。


目のクマ対策におすすめのマッサージは他にも様々な方法がありますが、とにかく力を入れ過ぎないことが重要です。

過度な刺激を与えると、かえって色素沈着やたるみの原因となります。


マッサージをするときは、アイクリームやエイジングケア化粧品などを使い、滑りを良くして行いましょう。

何も塗らない状態だと摩擦が大きくなるため、目の下の薄い皮膚にとっては刺激が強すぎます。

<関連記事>:子供の頃からの悩み…そばかすを消す方法を教えて!

目をいたわる習慣をつけよう

目の疲れは、想像以上に目元にダメージを与えます。クマの予防のためには、目をいたわる習慣を付けましょう。

特にコンタクトレンズの長時間の装着やスマホの見過ぎなどは、目に大きな負担をかけ、クマの原因になります。


普段の生活習慣や癖も、意外なところでクマの原因となっています。たとえば、姿勢が悪いと皮膚がたるみ、黒クマの原因となります。

また、かすみ目やかゆみで目元を擦ると、強い刺激を与えて色素沈着が起こります。


目の下にクマを作らないためにはどうすればいいかを知って、普段から目をいたわる習慣を意識して生活するのが最大のクマ対策になります。

<この記事のまとめ>

  • クマには「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」の3種類ある
  • それぞれ原因が異なるため、クマの種類に合ったケアが必要
  • 美白化粧品の効果があるのは茶クマだけ
  • しつこいクマは「混合型」の可能性もある
  • クマ予防には目元に刺激を与えず、目をいたわる習慣を身につけるのが一番