曇りの日こそ紫外線に要注意!晴れの日よりシミができやすい?

曇り,紫外線対策

暑い日が増えてくると、「そろそろ紫外線対策しないとなぁ」と思う方は多いでしょう。

ですが、紫外線の多くなる時期や天気、紫外線の種類、正しい紫外線対策の方法などはちゃんと理解していますか?


実は夏の日差しが強い日以外にも、紫外線に注意すべき時があります。

それを知らずに、うっかり日焼けしてしまったりシミができてしまったりしたら悲しいですよね。


この記事で紫外線のことを学び、しっかり対策をとっていきましょう。



曇りの日の方が紫外線が強いって本当?

曇り,晴れ,紫外線量

「晴れの日よりも曇りの日の方が紫外線が強い」という情報を耳にしたことはないでしょうか。

日光が照りつける晴れの日と、雨は降っていないけれどどんよりとした曇りの日。

なんとなく晴れている方が強そうですが、本当に曇りの方が紫外線が強いのでしょうか。

晴れと曇り、紫外線量はどう変わる?

地上に降り注ぐ紫外線の量は、晴れの日を100とした場合、曇りの日は60~70(薄曇りの日は80~90)、雨の日だと30程度になります。

つまり、「晴れの日よりも曇りの日の方が紫外線が強い」という説は誤りなのです。


しかしながら、曇りの日でも相当量の紫外線が降り注いでいることは事実で、日差しがないからと言って、紫外線対策を怠ることはできません。

曇っていると紫外線に対して油断しがちで、いつの間にか日焼けをしてしまう事もあります。


この点を考えると、紫外線量こそ晴れの日の方が多いものの、「曇りの方が日焼けしやすい」のは本当かもしれませんね。

曇りの日の紫外線対策が重要なのはなぜ?

晴れた日の6~9割の紫外線が降り注いでいることもありますが、曇りの日にも紫外線対策をした方が良い理由は、それだけではありません。

曇りの日でも、時々晴れ間がのぞくこともありますよね。


その時、雲の粒子によって紫外線が反射・攪乱し、普段よりも強い紫外線にさらされることもあるのです。

場合によっては、快晴の日よりも多くの紫外線が降り注ぐ場合もあります。


こういったことから、曇りの日でも紫外線対策はしっかりしておいたほうが良いでしょう。

一番気を付けたいのは梅雨の季節

日焼け止めクリームや帽子など、紫外線対策のグッズは毎年いつ頃から使い始めていますか?

夏になってから、という方が多いかもしれませんが、それでは紫外線量の多い時期を何の対策もせずに過ごしてしまうことになります。


実は、日差しが気になる真夏の7~8月よりも、梅雨の5~6月の方が紫外線量が多いのです。

梅雨の時季はどんよりした天気の日が続いたり、出かけるときに雨が降っていたりして、つい紫外線対策を怠ってしまいがちです。


どんよりと曇って雨が降っている場合は、それほど紫外線を心配する必要はありませんが、晴れ間がのぞいた時のために、日焼け止めやアームカバーを持ち歩いておくと安心ですね。

<関連記事>:顔と首の色が違う?!首の集中美白をしよう!


天気で注意すべき紫外線が変わる?

天気,紫外線

実は紫外線にも種類があり、それぞれ特徴があります。

どんな性質があって、どんなことに気を付ければいいか見ていきましょう。

紫外線は2種類ある

紫外線には「UVA」「UVB」の2種類があります。まずはUVAについて見ていきましょう。

UVAは紫外線の約95%を占めており、高い浸透力が特徴です。


波長が長いため肌のまで浸透し、肌の弾力を作るコラーゲンやエラスチンを破壊して、シミやしわ、たるみなどを引き起こします。

一方でUVBは、いわゆる「日焼け」の原因となる紫外線です。波長が短いため肌の奥までは届かず、主に表皮に影響を及ぼします。


紫外線中に占める割合は低いですが、エネルギーが強く、長時間浴びると火傷のような症状を引き起こす場合もあります。

「天気の良い日に外で遊んでいたら日焼けした」という場合には、このUVBが関係しています。

<関連記事>:UVA、UVBとは?(紫外線の基礎知識)

曇りの日は「UVA」に要注意

どちらの紫外線も肌に悪影響を与えますが、曇りの日に特に注意したいのがUVAです。

UVAは波長が長く、雲を通り抜けて降り注ぐため、日差しがなくても多く降り注いでいます。


見てきたように、UVAは皮膚の奥の方まで浸透し、肌の老化を招く原因になります。

また、日焼けを起こすUVBとは異なり、UVAを浴びてもあまり炎症が起こらないため、気付くのが難しくケアが遅くなりがちです。


日差しがないからといって油断していると、いつの間にかシミやしわが増えていた…なんてことになりかねないため、しっかり対策しましょう。


曇りの日の紫外線ケア、ポイントは?

紫外線対策,ポイント

では、曇りの日には、どんなことに気を付けて紫外線対策をすればよいのでしょうか。

ここでは3つのポイントを紹介していきます。

曇りでも、晴れの日と変わらないケアを

晴れの日に比べると多少弱くはなるものの、曇りの日もしっかり紫外線が降り注いでいます。

「日差しがないから大丈夫」と思わずに、曇りの日も晴れの日と同じように紫外線対策をしましょう。

雨の日はそこまで気にしなくても良いかもしれませんが、雨が上がったり晴れ間がのぞいた時のために、日焼け止めや日傘等をカバンに入れて持ち歩くようにすると安心ですね。

屋内にいても要注意!

曇りの日でもUVAには要注意、とお話ししましたが、このUVA、屋外だけでなく屋内にいる時でも注意しなければなりません。

なぜかというと、UVAは窓やカーテンを通り抜け、屋内にまで届いてしまうからです。


家の中でも窓に近い場所や日当たりがよい場所は、当然紫外線を浴びる量が多くなりますし、外出の予定がなければ紫外線対策もしないでしょうから、余計に注意が必要になります。

できれば外出するときと同じように、日焼け止めやアームカバー等で対策をするのが理想的ですが、そうするのはなかなか面倒ですよね。


そういう場合には、紫外線カット効果のあるカーテンや窓用フィルムが役に立ちます。

また、あまり窓の近くで長時間過ごさないことも大切です。

<関連記事>:シミ予防、窓にuvカットフィルムを貼ろう!

うっかり日焼けはアフターケアが大切

ここまで、できるだけ紫外線を浴びないためのポイントについて解説してきました。

ですが、もしうっかり日焼けしてしまったときは、肌のダメージを最小限に抑えるために、きちんとアフターケアをしましょう。

アフターケアのポイントは次の4つです。


1.日焼けしたところを冷やす

日焼けはやけどの一種ですから、冷たい水や氷のうなどで日焼けしたところを冷やしましょう。

ほてりやヒリヒリ感がなくなるまでは、数日かかることもあります。範囲が広い場合は冷たいシャワーなどで冷やしてください。

2.しっかり保湿する

日焼けしたところの肌は、ダメージを受けて乾燥しています。

敏感肌用の化粧水など刺激の少ないもので水分を補給し、クリームや乳液をぬってしっかり保湿しましょう。

3.ビタミンCを摂るように心がける

ビタミンCには傷ついた細胞を修復し、肌の代謝を助ける働きがあります。

日焼けしてしまったら、果物や野菜など、ビタミンCを多く含む食材を食べるようにしましょう。

サプリメントや栄養ドリンクを活用したりして、ビタミンCを摂るのも良いですね。

4.早めに寝て充分な睡眠を取る

肌の修復は夜寝ている間に行われますが、それが最も活発になるのは夜10時~2時までの間とされています。

仕事や家事などがあると夜10時前に寝るというのは難しいかもしれませんが、少しでも早く寝て肌を回復させましょう。

充分な睡眠を取ることは、肌だけでなく体全体にとっても大切なことです。



ここまで、曇りの日の紫外線対策について見てきました。

日差しがないとつい油断しがちですが、紫外線によるダメージは少しずつ蓄積し、肌を老化させていきます。

若々しい肌を保つためには、毎日の正しいケアが大切ですよ。


<曇りの日こそ紫外線に要注意!・まとめ>

  • 「晴れの日より曇りの日の方が紫外線が強い」というのはウソ
  • 日射しがなくても紫外線は降り注いでいるため、曇りの日もしっかり対策を
  • 紫外線が最も多くなる5~6月も要注意
  • 紫外線には2種類あり、曇りの日はUVAに注意が必要
  • もしうっかり日焼けをしてしまった場合は、しっかりアフターケアを