美白成分でアレルギーが起こる可能性があるって本当?



美白コスメやエステの施術などは実にさまざまなものがありますが、最近は短期間で確かな効果を得られる優秀なアイテムがさらに増えてきたように思います。

特に、医療で使用されるような成分を配合しているコスメは、美白効果が高いとして話題になっていますが、効果が高い分副作用などのリスクがある点が心配です。


また、美白成分にアレルギーがある人などは、使用することでアレルギー反応が出て、美白どころか肌トラブルの原因となってしまうことも。

そこでこちらでは、安全に美白ケアを行なえるように、美白成分とアレルギーの関係や、肌トラブルを防ぐ方法などについて詳しく解説しています。


美白成分でアレルギーを起こす可能性がある?


成分によってはアレルギーを引き起こすものもある

よほどの敏感肌でない限り、コスメでアレルギー反応を起こすものは少ないのではないかと思われますが、強い効果があるとされている成分においては、健康な肌でもアレルギーを引き起こしてしまうものがあるようです。

アレルギー反応は、使いはじめて症状が出ないから安心というものではなく、1年ほど問題なく使用していたのに、急に赤みや炎症などの肌のトラブルが起こるなど、突然発症する場合があります。


また、使いはじめてすぐではなく、しばらくしてからアレルギー反応が出る場合もあるので、どの成分がいつどうやってアレルギー反応を起こすかということは一概にはいえません。

<関連記事>:カモミラET(カミツレエキス)の美白効果とリスク・副作用について


アレルギーを起こした場合の対処法


まずは使用をやめて原因を探る

コスメでアレルギー反応が出てしまった場合、そのアイテムの成分が原因でアレルギーが起きていることに気づきにくい場合が多く、なかなか症状が改善されないというケースも少なくありません。

また、コスメによるアレルギーであればコスメを塗布した部分だけかぶれるのでは、と思いがちですが、アレルギー反応はコスメを使用していない部分にも症状が表れますので、さらにコスメが原因だと気づきにくいのです。


特定のアレルギーを持っていないのに、突然赤みやかゆみ、肌の炎症といったアレルギー反応と思われる症状が出た場合は、まずコスメによるアレルギーを疑い、使用を中止してください。

症状がひどい場合は、速やかに皮膚科の診療を受けることも大切です。


コスメの使用をやめてかゆみなどの症状がおさまったら、パッチテストを行い、コスメが原因であるかと確認します。

二の腕の内側など、肌の柔らかい部分にコスメを塗布し、かゆみなどの症状が出た場合はコスメによるアレルギーが原因ですので、その後も使用を控えましょう。


症状を抑えるには冷却と保湿がポイント

アレルギーの症状が出てしまったら、まずはその症状を抑えることが先決となりますが、かゆみが起きているときに掻き壊してしまうと、症状がなかなか緩和されません。

このため、かゆくても我慢して触らないようにすることが大切です。


とはいえ、寝ているときは気づかないうちに掻いてしまうということもあるでしょうから、そんなときは寝る前にかゆみのある部分をガーゼなどで保護して刺激を与えないようにカバーするとよいでしょう。

また、かゆみや炎症は冷やすことでその症状が緩和される場合がありますので、保冷剤などを活用して冷やすことをおすすめします。


さらにかゆみがあるときは、乾燥が原因である可能性も考えられます。低刺激の保湿剤などを使用し、肌をしっかり保湿することでかゆみが抑えられることがあるので試してみてください。

<関連記事>:敏感肌の美白ケア、化粧品選びのポイントと注意点は?


どんな美白成分に注意するべき?美白化粧品を使う際の注意点


「ハイドロキノン」はアレルギーが出る可能性が高い?

美白成分でアレルギーが出やすいもののひとつとして、「ハイドロキノン」が挙げられます。

ハイドロキノンは、できてしまったシミを白くする、漂白効果の高い成分として知られ、シミに悩む多くの女性がハイドロキノンの含まれたアイテムを使用してシミの改善に取り組んでいます。


効果が高い分肌への刺激も強く、ハイドロキノンを使用してアレルギー反応が出てしまったという人は少なくありません。

その症状としては、炎症や肌のピリピリ感、赤みや乾燥などが挙げられ、多少であれば気にせず使用してしまう人もいるようですが、かなり深刻な症状に悩み、皮膚科のお世話になったというケースもありますので、使用には注意が必要です。


ハイドロキノンは紫外線に弱く、使用後に日光などの紫外線を浴びてしまうことで色素沈着が起きたり、シミができてしまうこともあります。

特に敏感肌の人や、免疫力が低下している人、睡眠不足などで疲れがたまり、体の調子がよくないときにこうしたアレルギー反応が出てしまうことがあるようですので、使用時にはその使用法や体調などを十分に配慮した上で使うことが大切です。

プラセンタもアレルギー反応が出る場合がある



美白やアンチエイジング効果が期待できるとして広く知られている「プラセンタ」ですが、こちらも使用することでアレルギー反応が出て、かゆみや赤みなど肌のトラブルを起こす可能性があるといわれています。

そのため、美容クリニックなどでは使用においてその旨の説明を細かく受けることがあり、またヒトの胎盤を使用したプラセンタを使用したヒトには献血の制限があるなど、使用においていくつかのルールが定められています。

<関連記事>:美白成分、プラセンタエキス配合の化粧品ってどう?

油溶性甘草エキスにおいても注意が必要

高い美白効果があるとされる成分として「油溶性甘草エキス」という成分があります。

こちらは、厚生労働省で認可されている美白成分ではありませんが、メラニン色素が作られる働きを抑える効果があるとされ、多くの美白コスメに用いられている成分です。


油溶性甘草エキスはアレルギーとは異なるのですが、長く使用を続けることで肌のトラブルが出る可能性があるといわれているため、こちらの成分が含まれているコスメについては長期使用において注意が必要です。

<美白成分でアレルギーが起こる可能性があるって本当?のまとめ>

  • 美白成分がアレルギー反応を引き起こす可能性がある
  • 症状が出てしまったらしっかり冷やし、保湿をして刺激しないようにする
  • パッチテストを行い、コスメの成分が原因によるものかを確認する
  • ハイドロキノンやプラセンタなどはアレルギーを引き起こす可能性がある