冷水洗顔はシミの原因に?美白を叶える洗顔方法とは?

美白,洗顔方法

「冷たい水で顔を洗うと毛穴が引き締まる」なんて話を聞いたことはありませんか?

毛穴を目立たなくしようと一生懸命実践していた人も多いかもしれませんが、実は最近、冷水洗顔はかえって肌に良くないと言われています。


冷水洗顔はシミやくすみの原因になるとも言われていますが、果たしてこれは本当なのでしょうか?

もし本当に冷水洗顔が肌に良くないのなら、どのような洗い方が良いのでしょうか。


この記事では、冷水洗顔が肌に良いのか悪いのか、また美白のためには、どんな洗顔方法が良いのか解説していきます。



冷水洗顔は危険?その理由とは

冷水洗顔,危険

冷水洗顔が肌に良くないと言われるのは、一体なぜなのでしょうか。まずはその理由を3つご紹介します。

理由1:シミ・しわの原因になる

冷水で顔を洗うのは、シミやしわなど肌の老化の原因になります。

肌が冷えるとその下にある血管が収縮し、血行が悪くなります。


そうなると必要な栄養がなかなか行き届かなくなるため、新陳代謝が充分に行えません。

その結果、老廃物が溜まったり、ダメージを受けた肌がきちんと修復されなかったりしてシミやしわになるのです。

<関連記事>:できる前に予防が鉄則!シミを防ぐ3つの方法とは?

理由2:「毛穴が引き締まる」は間違い

女優やモデルなど、芸能界でも冷水洗顔をしている人がいましたね。

今まで「冷水洗顔で毛穴が引き締まる」と言われてきましたが、そのような事実はないということが最近の研究で分かりました。


マイクロスコープ等で撮った、毛穴が引き締った様子の画像もよく出回りますが、冷水洗顔でその効果が持続するのは、肌が常温に戻るまでのわずか数分だと言われています。

「冷水洗顔で毛穴が引き締まって、顔のトーンが明るくなる」という美白方法は、残念ながら間違いだったと言えます。

理由3:赤ら顔の原因にも

冷水洗顔を続けることによって、赤ら顔になってしまうこともあります。

赤ら顔というのは、顔の皮膚が炎症を起こし、毛細血管が浮き出ている状態です。


よく分からないという方は、しもやけを想像してみてください。

寒い日に外を歩いていると、顔や手足が真っ赤になってしまいますよね。


冷水洗顔では、これと同じような症状が出てしまう可能性があるのです。

そう考えるとあまり肌に良さそうな感じはしないですよね。


冷水が肌の下にある血管を収縮させてしまうという話はすでにしましたが、肌そのものにとっても、冷水は非常に強い刺激になります。

それを毎日続けていると、どんどん肌が傷んで炎症を起こし、赤ら顔になってしまうのです。


肌にやさしい「ぬるま湯洗顔」に切り替えよう

ぬるま湯洗顔

見てきたように、冷水洗顔が肌に良いとは言えなさそうですが、ではどのような洗顔方法が良いのでしょうか?

ここでは肌に優しく美肌効果も期待できる、「ぬるま湯洗顔」をオススメします。

洗顔は30℃前後のぬるま湯で

洗顔に「お湯」ではなく「ぬるま湯」が良いのには理由があります。

たしかにお湯で洗顔をすると皮脂も落ちやすいのですが、あまり温度が高いと今度は肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまい、かえって肌荒れや乾燥の原因になります。


突然ですが、皿洗いを思い出してみましょう。お湯で皿洗いをしていて、肌が荒れたことはありませんか?

お湯は汚れを落としやすくなりますが、私たちの手の表面にもダメージを与え、必要な脂まで落としてしまいます。そのため手肌が荒れるのです。


そこで出てくるのが「ぬるま湯」です。ここで言うぬるま湯は、30℃前後だと考えてください。

ぬるま湯は冷水よりも刺激が少なく、皮脂も落ちやすいです。また、お湯よりも肌への負担は少なくなります。


このような理由から、30℃前後のぬるま湯で洗顔することをおすすめします。

<参考サイト>:美肌の秘訣!正しい洗顔方法を極めよう!-ドクターシーラボ

冷水とぬるま湯で交互に洗うのも効果的

冷水だけで洗うのは肌に良くありませんが、冷水とぬるま湯で交互に洗うのであれば問題はなく、むしろ効果的です。

冷水とぬるま湯を交互に使うことによって、肌に適度な刺激が与えられ血液の流れが良くなります。


すると肌に必要な栄養が充分行き渡るようになり、肌のターンオーバーも整います。

このやり方で洗顔する際のポイントは、最後にぬるま湯で洗い終えることです。


冷水とぬるま湯で適度な刺激を与えたあと、最後は肌の温度が洗顔前とあまり変わらないよう、ぬるま湯で終えるようにしましょう。


美白を叶える、正しい洗顔方法は?

肌の悩み別,洗い方

ここからは、美白を叶えるための正しい洗顔方法について学んでいきます。

自分の肌の悩みに合った洗い方で、きれいな白い肌を手に入れましょう。

毛穴の黒ずみ・汚れを落とすには?

毛穴の黒ずみや汚れは、皮脂や古い角質、洗い残したメイクなどが原因です。

毛穴に溜まった皮脂や古い角質などが取り除かれないままだと、それらが時間とともに酸化し、黒く変色します。これが毛穴の黒ずみです。


毛穴の黒ずみや汚れを落とすには、洗い残しのないようにしっかり洗顔することが大切です。

とは言っても、ただ顔を強くゴシゴシ洗えば良いというわけではありません。


洗顔料をよく泡立てて、顔全体を泡でなでるようにして洗います。

洗顔用のネットを使えば簡単に泡立てることができますし、それでも面倒な人は最初から泡で出てくるタイプの洗顔料もありますよ。

<関連記事>:メイク残しがシミの原因になるって本当なの?

肌のくすみを解消するには?

肌のくすみは、乾燥や血行不良などが原因で起こります。

保湿が充分でなかったり、肌に強い刺激を受けたりすることで肌の乾燥が起こります。


肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、古い角質が表面にとどまってしまうため肌がくすんで見えるのです。

冷水で顔を洗うと血行不良の原因になるため、これからはぬるま湯洗顔に切り替えることをおすすめします。


そして洗顔後は、すぐに保湿することを心がけてくださいね。

また血行不良には、食事や睡眠など普段の生活習慣も関わっています。


生活が不規則だったり、過剰なストレスがかかると血流が悪くなりやすいです。

また、夜更かしが多い人は特に気をつけてください。


夜更かしをしていると血行不良になるだけでなく、肌の修復が最も活発な時間帯(夜10時〜2時)を逃してしまうため、昼間に肌が受けたダメージの修復が遅くなります。

肌のくすみが気になる人は、洗顔だけでなく生活習慣の見直しもするといいかもしれません。

<関連記事>:どんどん肌の透明感がなくなっていく!原因はくすみかも・・・

美白を叶える洗顔料、どうやって選ぶ?

毛穴の汚れや乾燥、血行不良など、肌の不調の原因は1つではありません。自分の肌の状態に合った洗顔料を選んでください。

例えば、毛穴の黒ずみ・汚れが気になっている場合には、クレイタイプの洗顔料やピーリングケアがおすすめです。


クレイタイプは汚れを吸着しやすいため、毛穴に溜まった皮脂や汚れを落とすのに向いています。

また、ピーリングによって表面の古い角質を落とし、正常なターンオーバーを促すこともできます。


また乾燥肌の人には保湿成分の入った洗顔料を、血行不良の人にはマッサージ効果のあるスクラブタイプの洗顔料を使うようにしましょう。

毛穴の黒ずみや肌のくすみなど、今抱えている悩みを解決することが美白への第一歩です。

<冷水洗顔はシミの原因に?美白を叶える洗顔方法・まとめ>

  • 冷水洗顔はシミやしわ、赤ら顔の原因になる
  • 肌に与えるダメージの少ない「ぬるま湯洗顔」がおすすめ
  • 冷水とぬるま湯で交互に洗顔すると、肌の血行が良くなる
  • 毛穴の黒ずみや汚れ、肌のくすみなど、自分の悩みに合った洗顔料を使う