【知らなきゃ損!】美白化粧品の正しい使い方

美白美容液,使い方

美白がキレイな肌の条件として注目されるようになって、ずいぶん経ちます。

美白化粧品のラインナップも豊富で、選び方や使い方で迷っている人もいるのではないでしょうか?


せっかくの効果を十分に引き出すため、美白化粧品の選び方と使用方法をマスターしましょう。

今回は美白化粧品を使うときの、3つのポイントを紹介します。


ポイント1:自分に合った美白アイテムを選ぶ

美白美容液,選び方

コスメショップやドラッグストアに行けばおわかりのように、美白化粧品には多くのラインナップがあります。

製品によって、含まれる成分やテクスチャーも違いますが、「なんとなく」で選んでいませんか?


もしかしたら「的外れの美白ケア」かもしれませんよ。

まずは、美白アイテムの種類や有効成分を知り、自分の肌に合った化粧品の選び方をマスターしましょう。

美白効果のある成分、どんな種類がある?

化粧品に含まれる美白成分は、「シミを薄くする成分」と「シミを予防する成分」に分けることができます。

シミを薄くする効果のある成分は、ハイドロキノンやビタミンC誘導体、4MSKなどです。


これらの成分は、シミの原因となっているメラニン色素を無色化したり、肌の代謝(=ターンオーバー)を促してメラニンを排出する働きを助けます。

一方でシミを予防する成分には、アルブチンやエラグ酸、トラネキサム酸などがあります。


これらの成分は、メラニンが作られる原因である「チロシナーゼ」の働きを抑制するため、シミができるのを防ぐことができるのです。

美白化粧品にはこれら両方の成分を配合したものもありますが、「薄くする」と「予防する」の、どちらかの機能に重点を置いた製品も多くあります。


どちらを使うべきかはその人のお肌の状態によって異なりますので、購入する際は配合成分やその働きを、しっかりチェックするようにしてください。

<関連記事>:【肝斑に効く!】トランシーノの効果と副作用とは?

化粧品のテクスチャーはどれがいいの?

美白成分を確認した後は、アイテムのテクスチャー選びに移りましょう。

乾燥肌やオイリー肌に合わせて、しっとりタイプ・さっぱりタイプなどが代表的なラインナップでしょう。


肌タイプに合わせたラインナップにはなっていますが、「自分は乾燥肌だからしっとりタイプ」と決めつける必要はありません。

基本的には使い心地がいいものでOKですから、まずはお試しセットなどで、両方試してみましょう。


季節や肌の調子によって使い分けできるように、2タイプ持っておくのも良いかもしれませんね。

<参考サイト>:しっとり、さっぱりの違いは何ですか?|ファンケルオンライン

オールインワンの美白化粧品、効果は微妙?

基礎化粧品には、化粧水・乳液・クリーム・美容液などがありますが、これらをひとつにまとめた「オールインワン」アイテムが近年では人気となっています。

コスパがよくお手入れも簡単なので、利用している人も多いでしょう。


ですが、お肌の状態は人によって様々で、季節や環境によっても異なります。

オールインワンゲルはそれぞれの水分や油分の配合バランスが固定されているため、油分が過剰になったり水分が不足したりする場合もあるのです。


それぞれのアイテムを重ね塗りするよりも、効果はワンランク劣ってしまいます。

自分のお肌の状態をみながら、不足する要素を他の化粧品を併用して追加で補ってあげるのがベターです。


ポイント2:正しい順番で化粧品を使う

美白美容液,使う順番

スキンケアアイテムには、それぞれ目的があります。

ごく簡単に表現すると、水分補給が化粧水、油分が乳液、栄養が美容液といった具合です。


化粧品の成分をお肌に浸透させるには、使い方と使う順番が重要です。

せっかくの美白成分をしっかりお肌に行き渡らせるためにも、正しい使い方を知っておきましょう。

基本は水性→油性の順番!

スキンケアアイテムの基本的な使用順は、水分→栄養→油分です。

化粧水→美容液→乳液・クリームの順に使用し、水や栄養がお肌に浸透するように、油分で膜をつくってフタをしてあげましょう。


逆になってしまうと、水分や栄養が弾かれてしまうので効果がなくなってしまいます。


美容液・クリームは「のせてから広げる」

化粧水の場合、手のひらやコットンに取り顔全体にプレスするのが基本ですが、美容液やクリームの使い方は少し異なります。

頬や額などにポイント乗せし、その後になじませましょう。


そのほうが肌への摩擦も少なく、なじみやすくなります。ゴシゴシ擦り付けるのではなく、あくまでも優しくソフトに行って下さい。

基本だけど忘れがち!スキンケアは事前準備が大事!

スキンケアには、意外と忘れがちな落とし穴があります。それが、手と顔の清潔です。

顔や手に汚れがついている状態でのスキンケアでは、ニキビなどの肌トラブルを招く恐れがありますし、成分も浸透していきません。


スキンケア前には洗顔や手洗いを行い、爪も伸びていないか確認しましょう。

ただし、洗浄成分が本来必要である油脂分も落としてしまう恐れがあるので、洗い過ぎには注意が必要です。


ポイント3:状況に合わせてケアを変える

美白美容液,使い方のポイント

私たちの肌はいつでも同じというわけではありませんよね。

季節によっても乾燥具合は異なりますし、美白ケアを続けていくうちにシミの状態も変化していきます。


スキンケアは、状況に応じて変えていく必要があるのです。

シミが目立つ部分は重ね塗り

顔全体の美白ケアをしていると、白い肌に対して濃いシミが目立ってしまう事があります。

気になるシミがある部分は、クリームを重ね塗りするなどのスポットケアをしましょう。


濃くて中々消えないシミには、ハイドロキノンなどのシミを漂白する成分がオススメです。

美容液を塗り込んだりコットンパックをすると、より効果的にシミにアプローチできます。

<関連記事>:個人輸入のシミ化粧品・治療薬は絶対NG!

特別な日にはスペシャルケアを

濃いめのメイクをした日やホコリの多い場所に行った日、おしゃれして出かける前の日など、普段とは違った特別な日には、いつものスキンケアに一手間加えたスペシャルケアを追加するのがおすすめです。

ピーリングでくすみを落とす、シートマスクを使う、スチームタオルで肌を柔らかくするなど、お肌に対してちょっと贅沢なケアを行ってみて下さい。


お肌のターンオーバーを促してくれます。

ただし、スペシャルケアでいつもと違う化粧品を使う場合は要注意です。


いきなり顔全体に使うのではなく、少量をポイントで試して自分の肌に合うかチェックしておきましょう。

肌トラブルがあったら美白ケアはお休み

美白化粧品の中には、肌にとって強めの成分も存在しています。

ときには美白化粧品そのものが、肌トラブルを招いてしまうこともあるのです。


特に、紫外線をたくさん浴びて肌に赤みやひりつきがあったり、乾燥や吹き出物でかゆみなどがある場合、一時的に美白はお休みして下さい。

まずはお肌の状態を整えることを優先しましょう。


 美白美容液のおすすめランキングはこちら!


<この記事のまとめ>

  • 美白成分には、シミを改善するものと予防するものがある
  • シミを改善する成分にはビタミンC誘導体などがあり、肌のターンオーバーを促す
  • シミを予防する成分にはエラグ酸などがあり、メラニンを作るのを防ぐ
  • お肌の状態や美白の目的に応じて化粧品を使い分けるのが大切
  • 手と顔を清潔にして、化粧水→美容液→乳液・クリームの順に使用する
  • お肌の状態が良くないときは、美白ケアは一時的にお休みする