【敏感肌の方】美白美容液の失敗しない選び方

美白美容液,敏感肌

肌に合わない化粧品は、皮膚の赤みやかゆみなどを引き起こします。

敏感肌の人はそういった症状が出やすく、自分の肌に合ったものを見つけるのも一苦労です。


この記事では「敏感肌だけど美白美容液を使いたい!」という人のために、美白美容液の失敗しない選び方を紹介します。


美白美容液は刺激が強いって本当?

美白美容液,刺激

美白美容液は刺激が強いと言われていますが、それは本当なのでしょうか。

また敏感肌の人でも、美白美容液は使えるのでしょうか。


ここでは、敏感肌と美白成分について解説します。

美白成分の刺激が強いのはなぜ?

美白成分は、メラニン色素やメラノサイトの働きを抑えることによって肌を白くしています。

メラニンやメラノサイトというと、シミや日焼けのもとですから、あまり良いイメージを持たれていないかもしれません。


メラノサイトはメラニン色素を作り出し、その色素が増えることによって肌が黒くなります。

ですが、メラニンには大事な役割があります。


紫外線を浴びたとき、実はメラニンが表皮で紫外線を吸収し、紫外線の影響が皮膚の奥の層まで及ばないようにしてくれているのです。

つまり美白というのは、細胞を守ろうとする肌本来の役割を阻害することです。


美白成分によって肌本来の機能を無理に止めようとするわけですから、肌に負担がかかってしまうのも当然かもしれません。

敏感肌の人が特に気を付けたい成分は?

敏感肌の人は、ハイドロキノンやビタミンC誘導体など、メラノサイトの機能を低下させる成分に気を付けてください。

ハイドロキノンは美白効果が高く、従来の美白成分の100倍以上とも言われていますが、その分肌への刺激も強くなっています。


ハイドロキノンが含まれている場合、できるだけ低濃度のものを選ぶようにしましょう。

またビタミンC誘導体は、美白成分としての刺激は強くありませんが、皮脂の分泌を抑えるため肌の乾燥を招きやすい成分です。


肌に合わないものを使っていると、美白するどころかかえって肌トラブルを引き起こしたり、敏感肌を加速させたりすることになります。

美白美容液を選ぶ際には、成分表示をしっかり確認しましょう。

<関連記事>:シミのない透明感ある手を目指すための美白ケアをご紹介!

敏感肌でも安心して使える美白成分は?

敏感肌の人には、アルブチンやプラセンタなどの美白成分がオススメです。

アルブチンは美白成分の中でも肌への刺激が少ない、植物性の成分です。


メラニンが黒く変色するのを防いでくれるため、シミ予防に効果を発揮します。

あまり強い成分ではないので、できるだけアルブチンの配合量の多い化粧品を選びましょう。(成分表の始めの方に記載されているものほど、多く配合されています。)


プラセンタは、豚や馬、ヒトなどの胎盤から抽出した成分で、健康増進や美肌などさまざまな効用があります。

そのうちの一つが美白効果です。プラセンタは肌のターンオーバーを促進し、シミのもとであるメラニンを排出するのを助けてくれます。


プラセンタに特徴的なのは、保湿成分である「グロスファクター(細胞増殖因子)」が含まれていることです。ビタミンCやヒアルロン酸などにはこれが含まれていません。

グロスファクターが肌の乾燥するのを防いでくれるため、敏感肌の人に向いていると言えるでしょう。


敏感肌さんの美白美容液選び、ポイントは?

美白美容液,選び方

美白美容液を選ぶ際、敏感肌の人はどういった点に着目するのが良いのでしょうか。

ここでは、美白美容液選びで失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

配合成分に注目しよう

先ほど紹介したように、ハイドロキノンやビタミンC誘導体など、肌に負担をかけることになる成分が入っていないもの、または配合されていても低濃度のものを選びましょう。

また、美白成分が2種類以上配合されているものも、肌に強い刺激を与えてしまうので避けた方が安全です。


それと合わせて、美白成分だけでなく保湿成分にも注目してみてください。

肌の水分が保たれることによって肌トラブルも起きにくくなりますし、美白成分が肌の奥の方まで浸透しやすくなります。


敏感肌の人は、セラミドやアミノ酸、コラーゲンなどの保湿成分が多く含まれている美白美容液を使うことをオススメします。

浸透技術にこだわった商品が◎

どれだけ美白成分が入っていても、きちんと肌の奥まで到達しなければ意味がありません。

美白効果が得られないどころか、美白成分による刺激でかえって肌の状態が悪化してしまう可能性もあります。


逆に言うと、美白成分の配合濃度が低くても、浸透力が高ければ美白効果が期待できるということです。

浸透力の高い美白美容液を使うことによって、美白成分による肌への刺激も少なくなります。


敏感肌の人はできるだけ肌に刺激を与えないようにしたいですよね。

大手の化粧品会社では、独自に浸透技術を開発しているところも多くなっています。


美白化粧品を選ぶ際はぜひ、浸透技術にこだわった商品を選んでみてください。

界面活性剤や防腐剤フリーのものを選ぶ

成分表をチェックして、できるだけ添加物が少ないものを選ぶようにしましょう。

添加物は肌に負担がかかりますし、美白成分が浸透していくのを邪魔してしまいます。


特によく使われているのは、界面活性剤や防腐剤です。

添加物を使うと、使わない場合に比べて製造にかかる費用が低くなります。


必ずしもそうとは限りませんが、安い化粧品ほど添加物をたくさん使っている可能性があるので気を付けましょう。

<関連記事>:乾燥肌×美白ケア、注意点やポイントは?


美白美容液の使い方、敏感肌さんの注意点は?

美白美容液,注意点

よく注意して美白美容液を選んでも、間違った使い方をすれば肌トラブルを引き起こしてしまいます。特に敏感肌の人は要注意です。

ここからは、美白美容液を使う際に気を付けてほしい点を紹介します。

初めて使うときはパッチテストを

初めて使う美白美容液は、いきなり顔に使わず、必ず腕の内側などでパッチテストをしてからにしましょう。

敏感肌用と表記されているものでも、成分によっては自分の肌に合わない可能性があります。


パッチテストをしてみて、肌が赤くなったりかゆくなったりした場合は、すぐに使うのをやめましょう。

肌に合わなかったときのことを考えると、返金保証やトライアルセットのある商品だと安心です。


店頭にテスターが置いてあるものも、実際に試してから買えるので便利ですね。

<関連サイト>:化粧品を正しくお使いいただくために | ちふれ化粧品

肌の調子が悪いときは、美白美容液を使わない

美白美容液を使うと、少なからず肌に負担がかかります。

皮膚がかゆい、乾燥しているなど、肌の状態が良くないときは美白美容液の使用を控えるようにしましょう。


敏感肌の人は、その日の気候や体調によって肌のコンディションが左右されることもあります。

それに加え、女性の場合は月経にともなってホルモンバランスが変化します。


月経前にニキビができたり、肌が荒れたりした経験がある人も多いでしょう。

肌の状態が良くないときに美白美容液を使うと、余計に肌に負担をかけてしまうことになります。


「早くキレイな肌になりたい!」という気持ちをぐっとこらえて、肌の状態が落ち着いてから美白美容液を使うようにしましょう。

<関連記事>:アトピー肌の美白対策、ポイントと注意点は?

敏感肌の改善にも力を入れよう

自分に合う化粧品を探すのも大事ですが、自分の肌質改善にも取り組んでみましょう。敏感肌の改善には保湿が重要です。

肌の水分量が少なくなるとバリア機能が低下し、些細な刺激でもダメージを受けるようになってしまいます。


化粧水だけでなく乳液や保湿クリームなども活用して、充分な保湿を心がけましょう。

セラミドを配合したエイジングケア化粧品も、保湿力が高いのでオススメです。


保湿と合わせて、肌への負担をできるだけ少なくすることにも気を付けましょう。

クレンジングや洗顔は毎日行っているだけに注意が必要です。


皮脂や汚れ、メイクなどが残っているとニキビや黒ずみの原因になりますが、しっかり落とそうとして強力なクレンジング剤を使ったり力を入れてこすったりすると、肌を傷つけてしまいます。

日頃のスキンケア方法を見直すことは肌質の改善につながります。


もし肌に良くない習慣があったらそれを見直し、少しずつ敏感肌を改善しましょう。

 美白美容液のおすすめランキングはこちら!


<この記事のまとめ>

  • 美白成分は肌本来の機能を阻害するため、どうしても負担がかかる
  • 刺激の強い成分や添加物が含まれているものはできるだけ避ける
  • 美白成分が多いものより、浸透力が高いものを選ぶ
  • 肌の調子がイマイチの時は美白美容液を使わない
  • 日頃のスキンケアを見直して敏感肌の改善にも取り組もう