美白化粧品の定番!ビタミンC誘導体の効果とは?

ビタミンC誘導体

「ビタミンC誘導体」は、美白化粧品の配合成分として定番の物質です。

美白を目指している方であれば、一度は見かけたことがある成分名なのではないでしょうか。


美白化粧品に欠かすことができない「ビタミンC誘導体」について知り、より美しく白い肌を目指しましょう!


ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは

「ビタミンC」は多くの食品にも含まれる成分ですので、知っているというからも多いでしょう。

では、美白化粧品によく見られる「ビタミンC誘導体」とは、一体どのような成分なのでしょうか。


ビタミンC誘導体の種類についても確認していきましょう。

ビタミンC誘導体ってどんな成分?

ビタミンCは、野菜や果物にも多く含まれる成分です。

強い抗酸化力があり、シミやそばかすの元になるメラニン色素の生成を抑えるため、美白効果が期待できます。


しかしビタミンCには、分子構造が非常に不安定で壊れやすく、空気中の酸素に触れただけでもすぐに酸化してしまうという欠点があります。

また肌のバリア機能によってブロックされやすく、皮膚にほとんど浸透しないという問題もあります。


これら以外にも、酸化しやすく保存性が低いこと、紫外線によって有害物質が発生する恐れがあることといった問題があり、ビタミンCの美白効果や美肌効果を保ったまま化粧品に加工することが大きな課題となっていました。

この課題を解決したのが、「ビタミンC誘導体」です。


「誘導体」とは、有機化合物の分子構造の一部が変化してできた物質のことで、化粧品に利用されるビタミンC誘導体は、ビタミンCの一種であるアスコルビン酸に別の物質を結合させるという加工を施した物質を指します。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCよりも安定した構造となっており、体内ではビタミンCとして美白効果を発揮します。

<関連記事>:【美白成分】ビタミンA(レチノイン酸)の効果や摂取方法について

ビタミンC誘導体にはどんな種類があるの?

ビタミンC誘導体は、水溶性と脂溶性、その両方の性質をあわせ持つタイプの3種類に分けることができます。

水溶性タイプのビタミンC誘導体は、水に溶けやすいという性質を活かし、化粧水や美容液といった化粧品に配合されています。


さらっとしていて皮膚に素早く吸収されるため、即効性が望めるというメリットがあります。

一方で、皮脂分泌を抑える働きもあるため、乾燥肌や敏感肌の方にとっては強い刺激を感じる可能性があります。


脂溶性タイプのビタミンC誘導体は、水溶性タイプのビタミンCに油を付加したものであり、乳液やクリーム、ジェル化粧品などに使用されます。

高い保湿力が特徴で、刺激が少なく浸透率が高いというメリットがありますが、ビタミンCに変換されるのに約48時間かかり、水溶性タイプのものほど即効性は高くないというデメリットもあります。


そして、水溶性と脂溶性の両方の性質をあわせ持つタイプは、「新型ビタミンC誘導体」ともよばれ、水溶性タイプの即効性、脂溶性タイプの高い浸透力という、両方メリットを持っています。

刺激や乾燥の心配はほとんどありませんが、価格がやや高いというデメリットがあります。


ビタミンC誘導体、どんな効果があるの?

ビタミンC誘導体,効果

肌に嬉しい成分であるビタミンC誘導体ですが、具体的にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

ビタミンC誘導体に期待できるさまざまな美容効果について、詳しく見ていきましょう。

美白・シミ対策

肌のシミやくすみの主な原因は、肌で作られるメラニン色素です。

メラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞の中には、アミノ酸の一種である「チロシン」が存在します。


メラノサイトは紫外線などの刺激を受けると、このチロシンを酸化・変色させる「チロシナーゼ」という酵素を発生させ、チロシンをメラニン色素へと変化させます。

ビタミンC誘導体には、このチロシナーゼの働きを阻害する効果があるため、シミができるのを予防できるのです。


ただし、すでに定着してしまった肌の黒ずみやシミにはほとんど効果がありません。

あくまでも肌のシミやくすみを予防する成分であることに注意しましょう。

<関連記事>:美白成分「ビタミンCエチル」でシミ予防!

シワ・たるみの改善

シワやたるみの原因の1つに、加齢などによる真皮層でのコラーゲンの減少が挙げられます。

ビタミンC誘導体には、コラーゲンの合成を促進する働きがあるので、シミやたるみの予防・改善にも効果が期待できます。


短期間でシワやたるみを改善することは難しいので、根気よくケアを続けましょう。

また、深いシワや進行したたるみをビタミンC誘導体のみで改善することは難しいのですが、ビタミンC誘導体には新たなシワやたるみの発生を予防する効果もあります。


他にトラブルがなければ継続して使用することをおすすめします。

ニキビ予防

水溶性タイプのビタミンC誘導体には、皮脂の分泌を抑える働きがあります。

そのため、皮脂の分泌過剰によって起こりやすいニキビの発生を予防する効果も期待できます。


またニキビの炎症は、酸化した皮脂やアクネ菌が活性酸素を発生させることによって悪化します。

ビタミンC誘導体には強い抗酸化作用があり、ニキビの炎症の元になる活性酸素を除去することができます。


ビタミンC誘導体はニキビを予防するだけでなく、できてしまったニキビの炎症を抑える効果も期待できるのです。

毛穴の引き締め

水溶性タイプのビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑える働きがあることから、「開き毛穴」のケアにも効果が期待できます。

開き毛穴のケアには、ピ-リングやレチノール化粧品の方が高い効果を発揮するとも言われていますが、レチノールは刺激が強いので、特に敏感肌の方にはビタミンC誘導体配合の化粧品がおすすめです。


また、年を重ねるにしたがって、コラーゲンを中心とした肌を支える物質の乱れが起こりやすくなり、雫状に広がった毛穴ができやすくなります。

ビタミンC誘導体はコラーゲンの合成を促進する働きがあるので、このタイプの毛穴ケアにも効果的です。


ビタミンC誘導体、取り入れる時のポイントは?

ビタミンC誘導体,ポイント

ビタミンC誘導体には、肌に嬉しい効果がたくさんありますが、取り入れる際に注意すべき点もあります。

ビタミンC誘導体を取り入れる時には、どのようなポイントに気を付けるとよいのでしょうか。

ビタミンC誘導体の表記をチェック!

ビタミンC誘導体をしっかり肌に浸透させ、最大限の効果を得たいという方は、水溶性か両性タイプのビタミンC誘導体が配合されている化粧品がおすすめです。

ただし化粧品の成分表示には、「ビタミンC誘導体」ではなく、より具体的な成分名で記載されている場合が多いです。


水溶性タイプのビタミンC誘導体には、「リン酸アスコルビルMg」や「リン酸アスコルビルNa」、「アスコルビル酸グルコシド」などがあり、両性タイプのビタミンC誘導体には「アスコルビン酸-2-リン酸-6パルミチン酸(APPS)」などがあります。

化粧品を選ぶ際は、しっかりチェックしてくださいね。

乾燥肌・敏感肌の人は要注意

水溶性タイプのビタミンC誘導体は、即効性が高く浸透力もある一方、皮脂の分泌を抑える働きがあります。

オイリー肌の方は特に問題なく使用できることが多いのですが、敏感肌や乾燥肌の方、肌に炎症がある方には刺激が強く、肌トラブルの原因となる恐れがあります。


いずれの肌質の方でも、ビタミンC誘導体の配合量が自分に合っているものを選ぶようにしましょう。

一般的な薬用化粧品では配合率は1~3%、ドクターズコスメなどでは5~6%となっています。


この配合率を目安にしたり、店頭のテスター等で確認したりした上で選ぶとよいでしょう。

<関連記事>:【敏感肌の方】美白美容液の失敗しない選び方

「ピュアビタミンC」は避けるべき?

「ピュアビタミンC」とは、誘導体処理されていないビタミンCのことです。

ピュアビタミンCは誘導体処理されていないため、構造的に非常に不安定な物質です。


そのため、紫外線によってすぐに肌表面で酸化してしまい、肌トラブルの原因になってしまいます。

ピュアビタミンCはビタミンC誘導体よりも即効性が高いと言われていますが、使用する際には注意が必要です。


ビタミンC誘導体を上手に使えば、美白効果や美肌効果など、肌に嬉しい効果をたくさん得ることができます。

自分に合ったビタミンC誘導体配合化粧品を選び、白く美しい肌を手に入れましょう!

<この記事のまとめ>

  • ビタミンC誘導体は、ビタミンCに他の構造を結合させて安定化させた物質
  • 美白・シミ対策以外にも、シワの改善やニキビ予防といった美肌効果がある
  • 浸透力の高い水溶性または両性タイプのビタミンC誘導体配合の化粧品がおすすめ
  • 乾燥肌や敏感肌の人は、ビタミンC誘導体の配合率に気を付ける
  • ピュアビタミンCは肌トラブルの原因になりやすいので、使用する場合は要注意