すっぴん美人になりたい!透明感のある肌つや・美白術とは?

すっぴん美人

透明感があり、潤い・つやが感じられる「すっぴん美人」は、すべての女性の憧れですよね。

すっぴんが美しいと化粧のノリが良くなったり、メイクにかける時間やコストが少なく済みます。


何よりも自分に自信が持てるようになり、毎日の生活が明るく楽しくなります。

白く美しい素肌を手に入れるためには、どうすれば良いのでしょうか?


今回は、つや・透明感のあるすっぴん美人になる方法を紹介します。



女性の憧れ!すっぴん美人の条件は?

すっぴん美人,条件

すっぴん美人とは、お化粧で隠さなくても美しい肌の人を指します。

すっぴん美人と呼ばれる人には、次のような条件が当てはまります。

条件1:透明感があり、血色が良い

透明感がある肌とは、肌表面だけでなく、肌の奥に入った光が反射して戻ってくる量が多い状態を指します。

皮膚の内側から輝きを放つので、肌が透き通って見えるのです。

また血色が良い肌はくすみがなく、目の下の青クマもないので、明るく健康的な印象を与えます。

<関連記事>:どんどん肌の透明感がなくなっていく!原因はくすみかも・・・

条件2:キメが整い、つやがある

キメが整った肌とは、皮膚表面に見える細かい溝がしっかりと刻まれ、均一に並んでいる状態です。

肌のキメが整っていると毛穴の開きが目立たず、なめらかで美しい肌になります。

またキメの細かい肌は皮脂膜に覆われ、角質層に水分を保つ力が高いので、つやがあり潤いが感じられます。

条件3:肌トラブルがない

肌荒れやニキビ、吹き出物があると赤みや凸凹が目立ち、肌が汚く見えてしまいます。

またシミやニキビ跡が肌に色素沈着していると、すっぴんに自信が持てずメイクで隠さなければなりません。

こうしたトラブルのない赤ちゃんのような白い肌が、目指すべきすっぴん美人です。


素肌力を上げる!すっぴん美人になるスキンケアは?

すっぴん美人,スキンケア

すっぴん美人になるためのスキンケアは、どんなことを気をつければ良いのでしょうか?

クレンジングは帰宅後すぐに

入浴時にメイクオフする方も多いですが、すっぴん美人を目指すならこのタイミングでは遅いです。

長時間のメイクは肌の透明感やキメが失われる原因になるので、家に帰ったらすぐに化粧を落としましょう。


メイクオフと入浴に間隔が空く場合は、面倒でもクレンジング後に一旦保湿をして、入浴後に再度保湿してください。

またすっぴん美人になるには、クレンジング剤の選び方にもこだわりましょう。


オイルタイプのクレンジング剤はしっかりメイクを落とせますが、肌に必要な皮脂や潤いも奪ってしまいます。

オススメのクレンジング剤は、洗浄力が強すぎないクリームタイプやジェルタイプなどです。


ダブル洗顔が不要のクリームやジェルを選ぶと、肌への負担が減るのでより良いです。

ポイントメイクは専用のクレンジング剤を使い、優しくなでるように落としてください。

<関連記事>:メイク残しがシミの原因になるって本当なの?

正しい洗顔で肌トラブルを防ぐ

さまざまな肌トラブルを防ぎ、美白を目指すため、正しい洗顔法を実践しましょう。

では以下に、顔を洗う時のポイントを紹介します。


顔を洗う前に、まず手を洗いましょう。顔に雑菌が移ったり、洗顔料の洗浄力が落ちるのを防げます。

またすっぴん美人になるためには、洗顔料を顔に乗せる時間を短くして、乾燥を防ぐことが大切です。


このためにオススメの方法が、ぬるま湯での余洗いです。

30回程度すすいでおくと、洗顔料を使わなくても肌表面の汚れを十分取ることができます。


余洗いが終わったら洗顔料をたっぷりと泡立て、皮脂の多いTゾーンから洗い始めましょう。

中指や薬指など、力が入らない指で円を描くように洗い、長くても1分~1分半で洗い終えます。


最後にぬるま湯で30回以上すすぎます。熱いお湯や冷たい水は、肌への刺激になるので避けてください。

正しい洗顔を行うとターンオーバーが整い、キメや透明感のある肌になっていきます。

<関連記事>:冷水洗顔はシミの原因に?美白を叶える洗顔方法とは?

すっぴん美人の要は保湿!

透明感・肌つや・美白など、すっぴん美人になるために一番重要なのは「保湿」です。

肌のキメを整えるには、「セラミド」という成分が配合された化粧水がオススメです。


肌が乾燥している時は、5~10分間隔を空けて数回重ねづけすると、化粧水がしっかり浸透していきます。

時間がない方は、短時間で出来る「コットンパック」で化粧水の浸透力を高めましょう。


コットン全体に化粧水を染み込ませ、ピンと張るように伸ばしながら両頬や鼻の上に密着させます。

長時間続けるとかえって肌の水分が奪われてしまうので、パックする時間は3~5分程度で十分です。


化粧水がもったいないと感じる方は、水道水で湿らせてから化粧水を数滴含ませても良いです。

最後にクリームを塗って、化粧水の水分を閉じ込めてください。


また化粧水を首やデコルテまで広げると、顔周りも美しくなり、よりすっぴん美人に近づきます。


今すぐ始めよう!すっぴん美人になる生活習慣は?

すっぴん美人,生活習慣

すっぴん美人になるため、新しくキレイな肌作りをサポートする生活習慣を意識することも大切です。

美しいすっぴん作りは食生活から

すっぴん美人になるためには、美肌作りに欠かせない栄養素を意識して食べると良いです。

野菜や果物に含まれるビタミンAやビタミンC、肉や魚に多く含まれるタンパク質を積極的に摂ってください。


また外食や過度なダイエットなどで栄養が偏っていると、どれだけスキンケアに力を入れても効果が期待できません。

お酒も美肌作りに重要なビタミンを大量消費してしまうので、なるべく飲む量を控えましょう。

質の良い睡眠で肌のキメを整える

肌のキメを整えるため、ターンオーバーを正常化して新しい肌細胞を生まれやすくしましょう。

正常なターンオーバーは、睡眠中にしか分泌されない「成長ホルモン」がカギとなります。


成長ホルモンは睡眠中にターンオーバーを促す作用があり、眠りはじめの3時間に最も分泌されます。

すっぴん美人になるためには、この3時間に質の良い睡眠を取ることが重要です。


寝る少し前から部屋を暗くしたり、寝る直前にスマートフォンを見ないなど、熟睡できる工夫をしましょう。

<関連記事>:【寝る子は綺麗!】シミ美白と睡眠の驚くべき関係とは?!

運動や入浴で透明感を手に入れよう

運動や入浴で血行を促進すると、くすみが改善されて美白につながり、肌の透明感もアップします。

オススメの運動はヨガやストレッチなどの有酸素運動です。1日おきに行っても十分効果的です。


入浴はシャワーだけで済ませず、38~40度くらいの湯船に浸かりましょう。

全身が温まった状態で顔や首のリンパマッサージをすると、血色の良いすっぴん美人になれます。



以上、つや・透明感のあるすっぴん美人になる方法を見てきました。

正しいスキンケアや美肌作りを意識した生活習慣を心がけて、美しい素肌を手に入れましょう。

<この記事のまとめ>

  • すっぴん美人の条件は、透明感やキメ・つやがある白い肌
  • メイクは帰宅後すぐに落とし、洗顔は短時間で優しく
  • セラミド化粧水やコットンパックで十分に保湿する
  • ビタミン・タンパク質を意識した食事で美肌作りをサポート
  • 睡眠や運動・入浴で、肌のキメや透明感を手に入れよう