すっぴん美人になるための美白術!



最近よく聞かれるようになった言葉のひとつに「すっぴん美人」があります。

上手なメイク法も気になりますが、普段のすっぴん姿がきれいな人こそ、憧れの対象となるようです。


すっぴん美人になるためには、白く美しい素肌が欠かせません。

すっぴん美人を目指すための美白方法について、そのポイントをチェックしておきましょう。

まずは肌の状態をチェック!


まずは自分のすっぴんをよく観察し、どんな種類のシミやくすみが目立つのかを確認します。

目の周りの茶色いシミ、血行不良が引き起こす目の下のクマ、毛穴づまりによる黒ずみや、頬の赤み、全体的な黄ぐすみなどが挙げられるでしょう。


それぞれの症状に合った美白ケアがありますが、共通する対策は「肌本来のターンオーバーを取り戻すこと」です。

美白にはある程度の時間がかかります。


日頃からの紫外線対策のほか、乾燥を防ぐための十分な保湿、マッサージなどによる血行促進、バランスのとれた食生活や質の良い睡眠で、肌が本来持つ力を蘇らせましょう。

<関連記事>:【美容成分代表!】ヒアルロン酸の美白効果や摂取法は?

すっぴん美人になるためのお手入れ方法は?


すっぴんの美白ケアのお手入れ法としては、まずは肌の汚れや古い角質を取り除きます。

7日~10日に1回程度のスクラブ洗顔がおすすめです。

もっと頻繁にしたい、と感じがちですが、肌の保護機能も司る角質を取り除きすぎるのは厳禁です。洗顔料は肌に優しいものを選びます。


次に、黒ずみを引き起こす角栓を取り除きましょう。

コットンを2枚に裂いたものに、皮脂を溶かす成分が入ったコスメか、重曹1:水8を混ぜたものを含ませて鼻を覆い、まずは3分おいて毛穴を緩ませます。


そのコットンを左右の人差し指の先に巻きつけ、優しく小鼻を押し、出てきた角栓を拭き取ったら、化粧水で引き締めます。

残った角栓は無理に押し出さないことがポイントです。

<関連記事>:美白には冷水洗顔とぬるま湯洗顔どっちが効果的?

最後はしっかり保湿

こうして素肌をきれいにしたら、美白クリームで肌に蓋をして、成分を十分に浸透させていきます。

クリームはベタついてオイリー肌にならないか不安、という方も、ベタつきの気にならない商品を探すといいですね。夜のケアに少量使うだけでも違います。


クリームを肌の上に置く前に、両手のひらにクリームを10秒間挟んでみてください。

体温で温まったクリームはすっと肌に伸びて、よく肌に馴染みます。


気になるシミを意識しながら、染み込ませるつもりで優しくマッサージしていきましょう。

すっぴん美人になるためには、このような素肌ケアと同様、自分の肌に合った美白化粧品を見つけるのも重要なポイントです。下記サイトではおすすめの美白化粧品を紹介しています。参考にしてみてください。