サリチル酸マクロゴールピーリングの効果と副作用は?



肌の表面にある角質を落とすことで、つるつるとしたキレイな肌を手に入れられる「ピーリング」。

ピーリングにもいろいろ種類がありますが、その効果の高さから最近人気になっている「サリチル酸マクロゴールピーリング」を知っていますか?


この記事ではサリチル酸マクロゴールピーリングについて詳しく解説していきます。


サリチル酸マクロゴールピーリングとは?

サリチル酸マクロゴールピーリングとは

「サリチル酸マクロゴールピーリング」という名前を聞いたことはありますか?

「『ピーリング』だけなら知っているけど…」という人も多いかもしれません。


まずは、サリチル酸マクロゴールピーリングがどんなものなのか、分かりやすく紹介します。

そもそも、ピーリングってどんなもの?

ピーリングとは、肌の表面にある古い角質を取り除くことです。

なかでも薬剤を用いて行うピーリングは、ケミカルピーリングと呼ばれます。


ピーリングの方法は簡単です。洗顔後にピーリング剤を塗布し、一定時間が経過したらピーリング剤を落とします。

細かい注意点はのちほど説明しますが、基本的な流れはこれだけです。


不要になった角質を取り除くと肌の代謝(ターンオーバー)が促され、新しい細胞が作られやすくなります。

それによって肌が明るく見えたり、ニキビ等の肌トラブルが起きにくくなります。


ケミカルピーリングでは、ピーリング剤に含まれた酸によって角質成分を溶かし、除去していくという方法が主流になっています。

今回取り上げる「サリチル酸マクロゴールピーリング」も、サリチル酸マクロゴールという成分を用いて行う方法です。

<関連記事>:顔のシミ取り、ケミカルピーリングのメリット・デメリットは?

「サリチル酸マクロゴール」ってどんな成分?

「サリチル酸」には、角質をやわらかくして落としやすくする作用があります。

それを「マクロゴール」という基剤に溶かしたものが、「サリチル酸マクロゴール」です。


以前からケミカルピーリングにはサリチル酸が用いられていました。

しかし基剤にはエタノールが用いられており、効果が大きい一方で副作用も大きいというデメリットがありました。


エタノール基剤では、皮膚の奥や血管までサリチル酸が浸透して、炎症を引き起こしてしまうからです。

ですが、マクロゴールを基剤に用いることで、ピーリングによる副作用が大幅に少なくなりました。


マクロゴールは軟膏等にも使われている成分で、肌の表面に近い部分にのみ反応します。

そのため、サリチル酸も皮膚の表面部分にだけ作用し、皮膚の奥の方や血管を傷付けることなく角質を取り除くことができます。


サリチル酸マクロゴールは、少ない副作用で大きな効果が得られるピーリング方法です。

他のピーリング方法で肌のかゆみや乾燥などの症状が出た人も、サリチル酸マクロゴールピーリングであれば大丈夫という可能性があります。

ピーリングは何回で効果が出る?料金は?

1回のピーリングで効果を感じられる人も多くいますが、肌質を改善するためには4~6回ほど継続して行うのが一般的です。

ピーリングを行う頻度としては、3~4週間に1回が目安です。


美容外科や皮膚科などでピーリングの施術を受ける場合、自由診療という扱いになり保険が適用されません。

そのため、何回か続けて通うとなると費用もかさみます。


顔のピーリングをする場合、1回あたり1万円前後が相場です。

もちろん医療機関によって料金設定は異なりますし、施術回数や施術部位によっても費用が異なってくるので、事前にしっかり調べておきましょう。

<参考サイト>:ケミカルピーリング|湘南美容皮膚科


サリチル酸マクロゴールピーリングにはどんな効果がある?

サリチル酸マクロゴールピーリング,効果

ピーリングを行うことによって、お肌にはさまざまな美容効果がもたらされます。

具体的にはどういった効果が得られるのか、詳しく見ていきましょう。

美白・肌質改善効果

肌の表面に古い角質が残っていると、それが原因でくすんで見えたり、キメが乱れて肌トラブルが起きやすくなります。

そのためピーリングで古い角質が取り除かれると、肌が1トーン明るくなり、キメの整った健康的な状態になるのです。


またピーリングによる美白効果は、くすみの除去だけではありません。

ターンオーバーが促されて肌の奥で新しい細胞が作られると、シミの原因であるメラニンを含んだ細胞も、順番に排出されていきます。


つまり今あるシミを薄くすると同時に、メラニンの蓄積を防いで、シミができにくくなるという効果も期待できるのです。

定期的にピーリングを受けると肌のターンオーバーも整ってきますので、根本的な肌質の改善にも役立ちますよ。

<関連記事>:エステ・美容皮膚科で全身美白!本当に効果のあるマシーンはこれ!

しわ・たるみなどのエイジングケア

ターンオーバーの能力が改善されると、真皮層(肌の奥の層)にあるヒアルロン酸やコラーゲンなどもきちんと作られるようになります。

ヒアルロン酸やコラーゲンは肌のハリやツヤを保つのに必要な成分です。


年齢とともにこれらの成分はだんだん少なくなっていき、徐々に皮膚がたるんだりしわができたりします。

ですが、ピーリングによってヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促すことで、しわ・たるみ等の改善・予防が可能です。

ニキビ・ニキビ跡の治療

ニキビの主な原因は、毛穴に溜まった皮脂や汚れです。

ピーリングを行うと肌の表面にある角質とともに皮脂や汚れも除去されるため、ニキビを治療するのにも役立ちます。


また肌のターンオーバーが促進されるため、ニキビ跡の治療としても有効です。

ニキビ跡は、ニキビによって受けたダメージが排出されずに残っている状態です。


ピーリングによって傷ついた細胞が排出されれば、ニキビ跡も徐々に薄くなっていくでしょう。




サリチル酸マクロゴールピーリングの副作用や注意点は?

サリチル酸マクロゴールピーリング,副作用

「効果が出やすいなら、副作用も多そう…」と警戒してしまうかもしれません。

ここからは、サリチル酸マクロゴールピーリングの副作用や注意しておきたい点について紹介します。

サリチル酸マクロゴールピーリングに副作用はある?

サリチル酸マクロゴールピーリングは、副作用も少なく施術中の痛みもほとんどありません。

また肌への負担が少ないため、肌が弱い人でも受けることが可能です。


ただ非常にまれではありますが、サリチル酸マクロゴールピーリングの副作用として、一時的にニキビができることがあります。

これは鈍っていたターンオーバーの機能が急に回復したために起こる好転反応で、ほとんどの場合は時間の経過とともに症状もおさまります。


万が一、時間が経っても良くならなかったり悪化したりしている場合は、施術を行っている医療機関に相談しましょう。

<関連記事>:フォトシルクプラスの効果や経過、失敗リスクは?

ピーリング後に気を付けることは?

ピーリングをした直後は、肌が薄くなり傷つきやすい状態になっています。

そのため保湿をしっかりして、できれば翌日まではメイクも控えましょう。


また新たなシミやしわを作らないよう、日焼け対策も大切です。

ピーリング後は肌が敏感になっているので、普段より少し弱めの日焼け止めを使ったり、日傘や帽子などを活用したりして肌を紫外線から守ってあげましょう。

自宅でピーリングする場合の注意点は?

「ピーリングはしたいけど費用が…」という人も、ピーリング剤を購入すれば、自宅で行うことが可能です。

サリチル酸マクロゴールが含まれたピーリング剤も市販されています。


自宅でピーリングを行う際に気を付けてほしいのは、「事前にパッチテストをすること」「決められた時間以上放置しないこと」の2点です。

サリチル酸マクロゴールは、肌にやさしく副作用もほとんどありませんが、人によっては肌に合わない可能性もあります。


ピーリングを行う前にパッチテストを行い、赤みやかゆみなどの異常がないかきちんと確認しておきましょう。

また、指定された時間よりも長くピーリング剤をつけていると、肌を傷つけてしまうおそれもあります。


自宅でピーリングをする際は、説明書をよく読み、気を付けて行うようにしてください。

<この記事のまとめ>

  • サリチル酸マクロゴールピーリングは、効果が大きく副作用の少ないピーリング方法
  • ピーリングをするとターンオーバーが促進され、周期が整うようになる
  • 肌質の改善も期待でき、シミやしわ、ニキビなど様々な肌トラブルの改善に繋がる
  • 医療機関での施術は1回1万円前後が相場で、4~6回程度で効果を実感する場合が多い
  • ピーリング後はしばらくメイクを控え、保湿や日焼け対策も忘れずに行うこと