アンチエイジング成分、コエンザイムQ10に美白効果はあるの?



美容やアンチエイジングの話題でよく目にするコエンザイムQ10は、美白を意識する方にとっても気になる成分ですよね。

コエンザイムQ10とは、もともとは心臓病治療に用いられる医療成分であり、その際はユビキノンという名称でした。


これが近年では、有効成分として美容サプリや化粧品などに広く配合されるようになっています。

そんな歴史のあるコエンザイムQ10とはいったいどんな成分なのか、美白・美容分野ではどのような効果が期待できるのか、そしてリスクや副作用の有無、利用時の注意点についてしっかり知っておきたいですね。


コエンザイムQ10ってどんな成分なの?


生命活動に欠かせない物質

人が生きていくために必要なエネルギーは、細胞内のミトコンドリアで作られています。

コエンザイムQ10とは、エネルギーを生み出すための酵素を助ける補酵素であり、キノン構造と呼ばれる形状のオレンジ色の物質です。


コエンザイムQ10には、エネルギー生産を助けて免疫力を高めることで、疲れにくい体を作る働き、そして老化を防いで若々しさを維持する「抗酸化作用」の2つの働きがあります。

<関連記事>:リノール酸の美白効果と摂取する場合の注意点

加齢によって大きく減少

コエンザイムQ10は生命維持に欠かせない重要な物質であり元々体内で合成されるものですが、その量は年齢とともに減少していきます。

例えば、心臓を動かすエネルギーを作るため心臓内で生成されるコエンザイムQ10量は、20代にピークを迎えた後じょじょに減少を始め、40代ではピーク時の30%量が、80代では50%量が失われています。

このようなコエンザイムQ10量の減少は心臓だけでなく、肝臓、腎臓、皮膚などの臓器で起こり、全身の老化を引き起こしていくのです。

サプリ成分として人気

減少するコエンザイムQ10を補う方法としてポピュラーなのは、サプリメントの服用です。

サプリ先進国である欧米では、1日に100~300mgのコエンザイム摂取が一般的です。


サプリメント服用の感想として、「疲れにくくなった」「目覚めがスッキリする」「集中力がアップした」「風邪を引かなくなった」そして「肌がきれいになった」といった声が聞かれます。

集中的に大量のエネルギーを消費し、持久力が必要とされるアスリートにも、コエンザイムQ10の愛用者は多いのです。

<関連記事>:【美白成分】ビタミンA(レチノイン酸)の効果や摂取方法について


美白・美容への効果は?


抗酸化作用による美白効果

コエンザイムQ10には高い抗酸化作用があり、これが美白に効果的と考えられます。酸化とは「錆びる」という現象を指します。

リンゴの切り口が空気に触れて茶色く変色したり、鉄が茶色く錆びていくのと同じ現象が全身の細胞で起こり、これが老化の原因です。この酸化に抗う力が、抗酸化作用です。


人が呼吸で酸素を体内に取り込んだとき、全ての酸素が生命維持活動に消費されるわけではなく、約3%は不安定な物質・活性酸素へと変化します。

活性酸素は酸化を引き起こす強い力を持っています。この活性酸素は呼吸だけでなく、紫外線のダメージやストレス、喫煙などによっても過剰に生成されます。


体内のコエンザイムQ10量が多い20代であれば、コエンザイムQ10の抗酸化作用によって活性酸素の酸化力に対抗することができますが、年齢を経てコエンザイムQ10量が減少すると抗酸化力が低下し、酸化=老化が進行するのです。

皮膚における酸化の進行は、シワやたるみを引き起こすだけでなく、肌のターンオーバーを滞らせてシミの元を作る原因となります。


コエンザイムQ10を補うことで、細胞の酸化を防ぎ肌の若々しさが維持され、シミ予防による美白効果が期待されるのです。

コエンザイムQ10、効果的な摂り方は?

同じく抗酸化作用を持つ美白成分として代表的なビタミンC、ビタミンEと一緒にコエンザイムQ10を摂ることで、美白効果をサポートしてくれます。

サプリで服用するイメージがあるコエンザイムQ10ですが、美白作用を目指して利用する場合には、服用により血液内でコエンザイムQ10成分が薄まってしまうよりも、そのまま肌へと吸収できる「化粧品としての利用」の方がおすすめです。


アンチエイジング成分なので、シミやシワなど肌老化が気になる部分へとピンポイントに塗りこむことで、集中的な効果を期待できます。

塗布のタイミングとして、角質が柔らかくなっている風呂上りならば成分の浸透率が高まりますね。


また、紫外線のダメージを受ける外出の前のスキンエアでも、しっかりコエンザイムQ10を肌に浸透させて、シミ予防の準備をしておきたいところです。

<関連記事>:美白成分、エラグ酸について詳しく教えて!


リスクや副作用はあるの?


コエンザイムQ10の安全性は高い

コエンザイムQ10が、元々心臓疾患の治療に用いられていた医薬品であることを考えると、「副作用があるのでは?」「そんなに気軽に利用して大丈夫?」と不安に感じるかもしれません。

しかし、広く健康食品や化粧品として利用されるようになってからも、コエンザイムQ10による深刻な副作用の報告はなく、安全性が高いことが分かっています。


また、1日1000mgなど多めの摂取を続けても何ら問題がなかった、といった体験談も見られ、健康食品として服用する分には心配はありません。

肌への負担は最小限に

ただし、美容成分として使用する際には、高濃度になるほど肌への刺激は大きくなってしまいます。

元々体内に存在する成分であるとはいえ、肌への負担にならないことを前提に、安心して使える成分内容の化粧品を選ぶようにしてください。


注意点として、コエンザイムQ10はアンチエイジングの面から美白を促すという性質であるため、まだ年齢的に若い方が美白を目指す場合には、その他の美白成分を選んだ方が良いでしょう。

シミとともに肌のハリやシワが気になる方にこそ、利用してみてほしい美容成分です。


無意識のうちに様々なストレスを受けてしまいがちな現代社会では、どうしても活性酸素が過剰になりがちです。

コエンザイムQ10の抗酸化作用を味方につけ、肌へのダメージを抑えていきたいものです。


コエンザイムQ10配合の化粧品では、手軽なオールインワンタイプのものや、目元専用の美容液など様々なタイプがあります。

どれを選ぶか迷ったときには、美白化粧品の口コミサイトを参考にしてみてください。


<アンチエイジング成分、コエンザイムQ10に美白効果はあるの?・まとめ>

  • エネルギー生産に欠かせない補酵素
  • 免疫力強化、抗酸化作用によるアンチエイジング効果がある
  • 体内での生成量は20代をピークに減少していく
  • 抗酸化作用で肌代謝の遅れを防ぎ、シミを予防
  • 美白を狙うなら化粧品で、ビタミンC、Eと一緒に
  • 安全性は高いものの配合量はしっかり確認しよう