美白サプリメントの種類や実際の効果とは?



体の中からの美白対策として、「美白に効果的な栄養を摂る」という方法があります。

忙しかったり外食が多く、なかなか思うように栄養のある食材を準備できない時には、サプリメントを利用すると便利です。


美白効果を謳うサプリ商品はたくさんありますが、これらを飲むだけで本当に美白効果があるのでしょうか?

ここでは、美白サプリメントの種類と、その効果の特徴、副作用や注意点はないのか、そして上手な美白サプリ選びのポイントについてまとめます。


美白サプリメントの種類とは



シミやくすみに効果があるといわれる栄養素のなかで、よくサプリメントに配合される成分を見ていきましょう。

<ビタミンC>
ビタミンCには還元作用、酵素を阻害してメラニン生成を抑える作用があります。

日焼けで生じる活性酸素を分解することで肌老化を防ぎ、コラーゲン生成を促進して代謝を促す働きも美白に繋がります。

<ビタミンE>
抗酸化作用から「若返りのビタミン」とも呼ばれるビタミンEは、毛細血管を拡げて血流を改善し新陳代謝を促進して、白くてハリ・ツヤのある肌作りに役立ちます。

<ビタミンA>
ビタミンAには抗酸化作用、コラーゲン生成を促す作用があります。

体内でビタミンAが減少すると日焼けしやすくなります。つまりビタミンAを補うことで、余計な日焼けを防げるということです。

<リコピン>
リコピンは、カロテノイドのなかでも特に強い抗酸化作用をもちます。

メラニンを黒色化するチロシナーゼの働きを抑制し、活性酸素を除去して美白に効果を発揮します。

<システイン>
自然界ではL-システインという構造で存在するアミノ酸の一種で、メラニンの原料となるチロシンを黄色(肌色)に変化させて黒色化を防ぎます。

また、肝臓ではメラニンの黒色化を抑える成分が作られますが、L-システインには肝機能を改善する作用があり、この点でも美白に役立つのです。

<エラグ酸>
天然ポリフェノールの一種・エラグ酸にもまた、高い抗酸化作用があります。メラニン生成を抑制し、美白を期待できます。

<トラネキサム酸>
アミノ酸の一種でメラニン生成抑制、抗炎症作用があり、特に肝斑への改善効果で注目される成分です。


そのほか、ビタミンB2、亜鉛、βカロテン、アミノ酸、コラーゲン、アスタキサンチン、プラセンタ、ハトムギ、ザクロエキス、ラズベリーエキス、大豆、なたね、アスコルビン酸などが挙げられます。

<関連記事>:美白シートマスクの効果を最大限引き出す方法は?

シミの種類別に効果的な成分は?

シミの種類 効果的な成分
紫外線によるくすみ
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • 水溶性ビタミンC
  • レスベラトロール
  • リコピン
  • ピクノジェノールなど
  • 乾燥によるくすみ
  • DHA・EPA
  • 亜鉛
  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンEなど
  • 血行不良による青ぐすみ
  • テルペンラクトン
  • フラボノイド
  • ショウガオール
  • EPAなど
  • 糖化による黄ぐすみ
  • ポリフェノール
  • ギムネマ
  • アップルペクチン
  • 小麦アルブミンなど

  • 美白効果は本当にあるの?副作用や注意点は?


    即効性はなくあくまで補助と考える

    美白サプリ成分の働きを見てみると、「シミなどの色素沈着を予防したり薄く改善する」という効果があることが分かります。

    体内から肌の調子が整えば、代謝が良くなり美白化粧品の浸透も良くなります。


    また美白サプリには、内服によって体全体に有効成分が届くというメリットがあります。

    顔だけでなく体全体にシミがある場合には、サプリの服用が向いているかもしれません


    ただしサプリは、ピンポイントでシミに作用したり、速効性のあるものではありません。

    コスメと併用してトータルの美白力を高めるもの、と考えた方が良いでしょう。


    現代の食生活では外食や加工食品が多くなりがちで、美白に効くビタミンやその他の栄養が不足しやすくなり、せっかくの美白化粧品の効果に影響してしまいます。

    そこを補ってくれるのがサプリメントです。

    <関連記事>:美白とコラーゲンが関係あるって本当?

    飲み合わせによる過剰摂取に注意

    サプリメント単体では、各成分の推奨摂取量の範囲内に収まっていますが、サプリを何種類か合わせて飲む場合に成分が重複し、上限量を超えてしまうことがあります。

    例えば、ビタミンCの摂取推奨量は1日100mgであり、過剰摂取によって下痢や腎・尿路結石が起こることがあります。


    ビタミンEでは推奨量は6mg、過剰摂取では出血しやすくなったり骨粗しょう症のリスクが認められます。

    こうした過剰摂取には注意が必要ですし、各成分に対してのアレルギーにも注意してください。

    また、肌状態が不安定になりがちな妊娠中には、控えた方が良いサプリもあります。


    上手な美白サプリの選び方


    美白サプリ選びのコツ

    美白サプリ選びでは、自分の肌悩みに合った成分、天然成分配合、使い続けられる価格の3つがポイントになります。

    天然成分である場合、原材料欄に「ローズヒップ」「ザクロエキス」といった原材料が記載され、化学成分の場合には成分名が記載されます。

    ただしL-システインは天然原料からほとんど抽出されないため、元々化学成分で記載されています。


    美白効果の高い化学成分もありますが、できれば体へのダメージが少ない天然成分配合のものを選んでみてください。

    またサプリメントは、少なくとも3ヶ月以上毎日服用して様子を見るものです。


    服用を中断してしまうと、それまでの効果が無駄になってしまいます。

    奮発して高いサプリを選んでも、続けられなければ意味がありません。購入が続けられる商品を選びましょう。


    ビタミンCやビタミンE、L-システインなどは体に蓄積されない成分です。そのため1日2~3回に分けて飲むことをおすすめします。

    用法や用量はよく読み、しっかり守ってください。

    <関連記事>:【効果抜群!】はちみつで美白を叶えよう

    相乗効果がある組み合わせ

    なかには組み合わせることで美白効果がアップする成分もあります。

    抗酸化力の高いビタミンCとビタミンEは、同時摂取によりアンチエイジング効果が高まります。


    ビタミン類とL-システイン、ビタミン類とセレニウムも、効果アップの組み合わせです。

    L-システインにビオチンを組み合わせると、L-システインによる白髪発生のリスクが抑えられると考えられます。


    サプリと併用する美白化粧品も、よく比較して選ぶようにしましょう。

    ネットの美白化粧品サイトを見てみると、様々な成分の美白化粧品から自分に合うものを探すことが出来ます。

    <美白サプリメントの種類や実際の効果とは?・まとめ>

    • ビタミンA、C、E、リコピン、エラグ酸などの美白成分
    • 抗酸化作用やメラニン発生を抑制する効果
    • サプリには一定の効果があるがあくまで補助的
    • 飲み合わせによる成分の過剰摂取に注意
    • 配合成分のほか、継続できる価格であるかが大事
    • 相乗効果のある美白成分を知っておこう