米ぬかパックのシミ美白効果は?


昔から日本人にさまざまな用途で利用されてきた米ぬかは、近年では美容成分として再び注目されています。

米ぬかの美容効果やその活用法について、詳しく説明します。


米ぬかの美容効果って?


米ぬかは健康に良いだけでなく、美容効果もあると言われています。

どんな成分が含まれていて、どんな作用をするのでしょうか?

米ぬかってどんなもの?

米ぬかは、玄米を白米に精米したときに出る茶色の粉末です。

米ぬかには、玄米の果皮と胚芽部分が含まれています。


精米すると、玄米の約10%が米ぬかになり、米のデンプン貯蔵組織である白米が残ります。

米ぬかには、食品、化粧品、洗剤、土壌改良剤などの多くの用途があり、近年は医薬品の材料としても使われています。


<参考サイト>:こんなにすごい!米ぬかのチカラ|お米マイスター 全国ネットワーク

米ぬかに含まれる美容成分とは?

米ぬかの美容成分として重要なものに「セラミド」があります。セラミドは生物の細胞膜に多く含まれる成分です。

人の角質にある細胞間脂質の約半分がセラミドで、肌の保湿機能とバリア機能を担(にな)っています。


角質のセラミドは年齢とともに減少し、それが乾燥肌やトラブル肌の原因になります。

「米ぬかセラミド」は減少した角質のセラミドを補う優れた美容成分です。


米ぬかには、水を抱え込む作用が大きい「オリザブラン」という多糖類が含まれていて、これも肌の保湿効果が大きい美容成分です。

また米ぬかには「γ-オリザノール」という抗酸化成分も含まれています。


γ-オリザノールは米ぬかに特有の成分で、紫外線や活性酸素の害から肌を守り、シミを予防する効果があります。

γ-オリザノールは、皮脂の酸化を予防して肌への刺激を防ぐ点からも、シミの予防や改善効果が期待できます。

米ぬかは栄養の宝庫!

米ぬかは、食品としても栄養が豊富で、その中には美容・美白に効果がある成分が数多く含まれています。

米ぬかの栄養素としてまず注目したいのが、ビタミンB群の豊富さです。


特に皮膚や粘膜の健康維持に欠かせないビタミンB1と、血行を促進して肌の新陳代謝を高めるビタミンB12が豊富に含まれています。

ビタミンEの中でも最も抗酸化作用が強い「α-トコフェロール」を豊富に含むのも米ぬかの特徴で、肌の酸化による老化を防ぐ美容効果があります。


体の様々な働きを調節する、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類も豊富です。

米ぬかに含まれる食物繊維は、腸内環境を整えて吹き出物などを予防する、デトックス効果があります。


先ほど触れたγ-オリザノールの抗酸化作用は、食品として摂取したときも、シミの予防や改善に役立ちます。

この他に米ぬかには、フィチン酸(抗酸化作用)、イノシトール(神経細胞の正常化)、フェルラ酸(認知症の予防)など、数々の有用成分が含まれています。


<関連記事>:美白効果のある食品で、内側からきれいに!


米ぬかはどうやって取り入れる?


米ぬかを美容に取り入れるには、食品として摂取する方法と、スキンケアに用いる方法があります。

米ぬかはどこで手に入る?

家庭用の精米機で玄米を精米している人は、毎日新鮮な米ぬかが手に入ります。

スーパーなどに設置されているコイン精米機では、米ぬかを無料で持ち帰れる所が多いようです。


お米屋さんでは、1kg100円前後の安い価格で販売している店があります。

炒った米ぬかを販売しているスーパーもあります。ただしぬか漬用の米ぬかは、塩が含まれているので漬物以外の用途には使えません。


米ぬかは酸化しやすいので、できるだけ新鮮なものを使うことが大切です。

少しずつ入手して、密閉できるビニール袋に入れて、冷蔵庫で保管しましょう。

食事で米ぬかを取り入れるには?

米ぬかを食品として利用するときは、「何かに混ぜる」のが基本です。

またどの料理でも必ずフライパンで炒ってから使用します。


ポピュラーなのは、クッキー、ケーキ、パンを作るときに小麦粉に混ぜる利用法です。

ハンバーグや餃子に入れたり、炒めものに混ぜるのも、よくある利用法です。


米ぬかに、かつお節、ゴマなどを加えて炒める「米ぬかふりかけ」は、いつでも手軽に食べられる便利な一品です。

もちろん、ぬか漬けで、野菜に浸みこんだ米ぬかの成分を取り入れることもできます。

米ぬか化粧品を使ってみる

スキンケアで米ぬかの美容成分を取り入れる、米ぬか化粧品も色々あります。

化粧品に米ぬかを配合するときは、有効成分を抽出した米ぬかエキスが使われます。


化粧品メーカーの他に酒造会社も米ぬか化粧品を作っています。

米ぬか化粧品で代表的なのが、米ぬか化粧水・美容液です。米ぬかセラミド、オリザブラン、γ-オリザノールなどが配合され、保湿効果や抗酸化作用があります。


価格帯は、化粧水が千円台、美容液が二千円台のものが多く、化粧水・美容液としては低価格と言えます。

米ぬかエキスを配合した乳液やクリームも販売されています。


手作りの米ぬかコスメに挑戦!


市販の米ぬか化粧品だけでなく、手作りの米ぬかコスメもおすすめです。

米ぬかパックのやり方は?

米ぬかパックの作り方は、米ぬかと小麦粉を同量混ぜて、水を少しずつ加えながら泥状にします。

日持ちしないので作り置きはせずに、1回毎に作ります。


クレンジング・洗顔の後に顔全体に塗って、5分~10分パックします。

米ぬかはザラザラしているので、強く塗り込むようにすると肌を傷つけます。そっと乗せるように塗りましょう。


入浴時に浴槽に漬かりながらパックすると、血行が良くなっているので効果がアップします。服に付く心配もないのでおススメです。

パック後は、ぬるま湯で洗い流します。このときも擦らないように注意しましょう。洗い流したら、化粧水・乳液などで肌を整えます。


週に1~2回、2週間ほど続けると、潤い効果とスベスベ効果が感じられるはずです。

肌に合うと思ったら、2~3ケ月続けると、美白効果も期待できます。


<関連記事>:美白効果!「牛乳パック」で美肌をつくろう!

米ぬか入浴剤の作り方は?

米ぬか入浴剤の作り方はとても簡単で、カップ一杯200㏄の米ぬかを木綿のハンカチなどで包み、端をゴムで縛るだけです。

体を洗った後にお湯に漬かり、米ぬかの入った袋を、白い成分が出なくなるまで手で揉みます。湯温は40度くらいが適温です。


15分~20分入浴して、ぬるめのシャワーで軽く全身を洗い流します。

入浴後のお湯はすぐに抜きましょう。洗濯に使うことはできません。


米ぬか入浴は週に2回くらいで効果があります。1~2ヵ月続けると、乾燥しやすかった肌がしっとりと潤い、痒みも出なくなります。

他にこんな使い方も!

米ぬか入浴剤のミニサイズを作って、洗顔に使うのもおススメです。

エキスを洗面器のぬるま湯に絞り出して、すすぐように顔を洗います。


米ぬかの入った袋で顔をこするのではなく、使うのは米ぬかエキスが溶けだしたお湯です。米ぬか洗顔の後は、ぬるま湯で軽くすすぎます。

米ぬかを直接肌に付けて洗う方法もありますが、スクラブ効果はあるものの、やりすぎて肌を傷つける心配があるのでおススメできません。


この他に、鍋で米ぬかを入れた水を熱してエキスを取り出す、米ぬか化粧水も手作りできます。

エキスを冷ましてグリセリンを加えて容器に入れます。保存がきかないので、100㏄くらいを作って冷蔵庫で保管します。


まれに米ぬかにアレルギーのある人がいるので、米ぬか美容をする前には、二の腕の皮膚などでパッチテストをしておきましょう。

食品としても、化粧品としても美容・美白効果がある米ぬかは、簡単に手に入る材料でもあり、ぜひ積極的に活用したいものです。


低価格でお財布に優しいというメリットもあります。

<米ぬかパックのシミ美白効果は? まとめ>

  • 米ぬかには保湿効果に優れた「米ぬかセラミド」が含まれる
  • 抗酸化成分のγ-オリザノールには美白効果がある
  • 食品として利用する米ぬかには、数々の美容成分が含まれている
  • 米ぬかパックは、シミを予防・改善する美白効果が期待できる
  • 米ぬかは、身近で低価格の使いやすい美容成分である