【意外!】漢方薬の美白効果とは?


漢方薬と美白とは一見無関係なものに思えますが、漢方薬には美白効果のあるものがいろいろあります。

なかなか効果が見えない美白に行きづまりを感じている女性に、美白効果のある漢方薬について紹介します。


漢方薬ってどんなもの?

漢方薬の美白効果といっても、そもそも漢方薬になじみのない現代人にはピンときませんね。しかし漢方薬は、病院で処方される機会も増えつつあります。

古くて新しいお薬、漢方薬とはどのような物なのでしょうか?

漢方薬とは?


漢方とは中国の伝統医学を日本で独自に発展させたもので、その考え方にもとづいて処方されるのが漢方薬です。

現代の中国で行なわれている「中医学」、韓国で行なわれている「韓医学」もルーツは中国の伝統医学ですが、それぞれに独自の発展をしてきました。


漢方は中医学とも韓医学とも違う日本独特の医学・薬学体系です。

漢方薬の原料の多くは中国から輸入していますが、配合や処方は日本独自のものです。

<関連記事>:アンチエイジングに効果的な飲み物とは?

普通の薬と何が違うの?

漢方薬は植物などの天然素材を用いる生薬ですが、「ドクダミを煎じて飲む」というのは漢方薬ではなく、民間薬の考え方です。

漢方薬の大きな特徴はさまざまな生薬が独自の考え方で配合されていることで、民間薬のように生薬を単独に用いることはあまりありません。


民間薬と漢方薬との違いはそれだけでなく、漢方薬は厚生労働省が「医薬品」として承認しているが、民間薬は効果が医学的には証明されていないという違いがあります。

漢方薬とサプリメントの違いも、漢方薬と民間薬の違いに似ています。


サプリメントは健康補助食品という名前の通り薬品ではなく食品に分類され、商品の広告に効能・効果をうたうことはできません。

漢方薬と西洋医学の薬品の違いは、有効成分を生薬として用いるか、化学式で表せるくらいに精製するかという点にあります。


理論的にすみからすみまで明らかなのは西洋医学の薬品で即効性のあるものが多いのですが、漢方薬でないと改善しない症状があるのも事実です。

漢方薬はどこで買える?


漢方薬には病院で処方されて健康保険が適用されるものや、OTC医薬品(調剤薬局やドラッグストアなどで、処方せんなしに買うことができる薬)として漢方薬局やドラッグストアで販売されているものがあります。

OTC医薬品でも漢方は第2類医薬品に分類されるものが多く、副作用に注意が必要なお薬という位置づけです。


病院には漢方専門クリニックがある一方であまり漢方を使わない病院もあります。

漢方薬局には漢方に詳しい薬剤師がいて、顧客の症状を聞いてその場で生薬を配合してくれます。


ドラッグストアはパッケージに入った漢方薬を販売しますが、薬剤師に相談することはできます。

<関連記事>:シミの種類、脂漏性角化症の原因や予防法について

美白効果のある漢方薬は?


漢方薬の美白効果は、単独の生薬の成分にあるだけでなく、色々な生薬が配合された漢方薬が体質改善を通じて美白効果を発揮するものがあります。

美白効果のある漢方の成分は?

単独の生薬として美白効果があるのは次のような成分です。

・ナツメ
胃腸の働きを良くして便秘を予防し、ストレスを緩和して肌への血行を促進します。デトックス効果とともに肌の新陳代謝を改善して色素沈着防ぐ効果があります。

・ハトムギ
水と血のとどこおりを改善する薬です。イボを取る効果が有名ですが、角質のターンオーバーを正常化してニキビを予防し、シミやくすみを解消する効果があります。

・カンゾウ
抗炎症作用と抗酸化作用があり、肌荒れや紫外線によるシミ、肌の老化を防ぐ効果があります。カンゾウエキスに多く含まれるグランブリジンにはメラニン生成を抑制する作用もあります。

・イチョウ葉エキス
皮膚への血行を改善して乾燥肌を防ぎ、ターンオーバーを正常化するはたらきがあります。紫外線のダメージを軽減して、肌の老化を予防する効果もあります。

美白効果のある漢方薬は?

美白効果が期待できる漢方調合薬には、次のようなものがあります。

・清上防風湯(せいじょうほうふうとう)
カンゾウなど12種類の生薬を配合した漢方薬です。ニキビ、湿疹、皮膚炎に効果があり、皮膚の色素沈着も改善します。

・ヨクイニン錠
ヨクイニンとは、ハトムギの殻を取りのぞいたものです。イボを取る効果が有名で、肌の新陳代謝を促進してシミやくすみを改善します。むくみの解消にも役立ちます。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)
トウキ、シャクヤクなど10種類の生薬を配合した漢方薬です。精神的なイライラやホルモンバランスの乱れを改善して、皮膚への血行を促進します。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
ケイヒ、ブクリョウなど5つの生薬を配合した漢方薬です。冷え症、血行不良から肌が乾燥しやすい、シミができやすいなどの症状がある人に有効です。

<関連記事>:もしかして肝斑?どうすれば消えるの?

漢方薬を飲むときの注意点は?


漢方は人の体質を気虚・血虚・陰虚・気滞・お血・水滞の6つのタイプに分けて、それに応じて薬を調合・処方します。

美白を目的に漢方薬を飲む場合も、体質によって合う薬と合わない薬があるので、医師や薬剤師によく相談して体質に合う薬を選ぶことが大切です。


漢方薬には即効性のあるものもありますが、多くは体質改善によってじっくり効果が現れます。

とくに美白のために飲む場合は、効果が目に見えるまでには4~5カ月かかることもあります。

漢方薬のメリット・デメリットは?

漢方薬のメリットは、原因をピンポイントで突き止めなくても症状が改善する場合があることです。

美白で言うと、「なぜかシミができやすい」、「できたシミが消えにくい」という場合も効果を発揮する可能性があります。


デメリットは、漢方独特の体質区分が素人には分りにくく、自己判断では薬を選びにくいということです。

漢方薬を使用する前には医師や薬剤師に相談して、自分の体質に合った薬を選ぶ必要があります。


漢方薬は「シミを漂白する」というようなピンポイントに即効く効果は期待できませんが、体調も含めて肌の状態が良くなり、シミが薄くなるという総合的な効果が期待できるメリットがあります。

漢方薬に副作用はある?

漢方薬に限らず、すべての医薬品には副作用のリスクがあります。

西洋医学の医薬品は有効成分が単一なので、効果も副作用もリストアップすることが可能ですが、多くの種類の生薬を調合している漢方薬は、リスク表示も簡単ではありません。


しかし、劇的な即効性がない半面、大きな副作用も少ないのが漢方薬です。

大切なことは体質に合った薬を選ぶことで、体質に合わない薬を飲み続けない限りは重大な副作用はありません。

飲み合わせで注意することは?

漢方薬と西洋医薬にも、漢方薬どうしにも飲み合せによる悪い相互作用が出る可能性はあります。

漢方薬を飲む前には、医師や薬剤師に現在服用している薬との飲み合わせ(相性)を必ず確認するようにしましょう。


<【意外!】漢方薬の美白効果とは? まとめ>

  • 漢方薬とは、中国の伝統医学をもとに日本で独自に発達した医薬品である。
  • 民間薬やサプリメントと違い、漢方薬は医学的に効果が認められている。
  • 漢方薬には医師が処方するものと薬局で購入できるものがある。
  • 漢方薬には美白成分を含むものだけでなく、体質改善を通じで美白効果が期待できるものがあります。
  • 漢方薬を別の薬と併せて飲むときは、医師や薬剤師に飲み合わせについて相談すること。