敏感肌の美白ケア、化粧品選びのポイントと注意点は?



自分の肌質をよく知らないまま、化粧品を選んでしまっていませんか?

美白ケアに力を入れているのにいまひとつ効果が感じられない・・・というとき、もしかしたら化粧品やケア方法が自分の肌質に合っていないのかもしれません


なかでも注意したいのが「敏感肌」の美白ケアです。

敏感肌というと、ダメージに弱いデリケートな肌を想像するでしょうか?実は敏感肌は医学用語ではないので、はっきりとした定義があるわけではありません。


「自分は敏感肌だから、肌に負担がかかる美白はできない」と美白を諦め、シンプルなスキンケアで済ませている方もいるかもしれません。

しかし、ダメージを受けやすい敏感肌こそシミやくすみができやすい状態であり、美白ケアを必要としています。


敏感肌の特徴や原因、敏感肌の美白ケアでの注意点、美白化粧品選びのポイントを知れば、肌がより健やかに、美しくなる可能性があるのです。


敏感肌の特徴や原因とは


敏感肌の特徴

敏感肌とは、なんらかの要因で肌のバリア機能が弱まっている状態を指します

健康な肌の表面では、きれいにすき間なく並んだ角質細胞が水分を保持して、潤いが保たれます。


しかし敏感肌では角質細胞にたくさんのすき間ができてしまい、水分がどんどん蒸発して乾燥が進んでいます。

バリア機能低下のために、例えば汗などのちょっとした刺激が肌内部にダイレクトに届き、かゆみや赤み、ヒリヒリ感が発生します。


化粧品をつけたい際にピリピリとした刺激を感じ、かぶれたようになることがあります。

肌がカサつきがちで粉を吹いたようになったり、冬の乾燥で肌トラブルが多いのも敏感肌の特徴です。


乾燥で角質が剥がれ落ち、表皮が薄くなることで血液の色が透けて見え、赤みが生じます。

敏感肌は、健康な肌に比べて日焼けしやすく、日焼けによる炎症が悪化してシミやくすみができやすい傾向があります。

<関連記事>:アトピー肌の美白対策、ポイントと注意点は?

敏感肌の原因は?

敏感肌の原因は人によってそれぞれで、肌質のほか、生活習慣や環境にも原因が存在します。

例えば、食品や花粉、ハウスダストなどのアレルギー症状が原因の場合、アトピー体質の場合、乾燥した場所で過ごすことが多かったり保湿が足りない場合、生活習慣が乱れている場合、疲れが溜まっている場合などに敏感肌を引き起こします。


使用している化粧品や洗顔料の刺激の強さが、敏感肌の原因になる場合もあります。

敏感肌は自然に治るものではありません。原因に対処するとともに、乾燥を効果的に防ぐ保湿成分で意識してケアしていかないと、症状が進んでしまいます。


赤みや痒みがひどい場合には、皮膚科でのアレルギー検査を受けてみた方が良いでしょう。

こんな人は敏感肌かも

以下のうち、当てはまるものが4~5個以上ある場合には敏感肌を疑います。

  • 洗顔後に肌がつっぱって乾燥しがち
  • 化粧水が沁みる
  • 長時間外にいると湿疹が出る
  • 髪の毛が触れる部分にニキビができる
  • アクセサリーをつけると肌が赤くなる
  • 季節の変わり目に肌荒れ
  • カサついて粉を吹く
  • 汗でかゆくなる
  • 寝不足になりがち

肌質はよく「普通肌」「脂性肌」「混合肌」「乾燥肌」「敏感肌」の5つに分類されることがあります。

しかし現実には、そうはっきりと肌質を分類できるものでなく、「どれにも当てはまらない」「2つ以上の肌質の特徴に当てはまる」という方が少なくありません。


普通肌~乾燥肌のそれぞれの肌質のなかでも「比較的健やかな状態」と「トラブルが起きやすい状態」があります。

後者のトラブルが起きやすい状態こそが敏感肌であり、普通肌、脂性肌、混合肌、乾燥肌それぞれについて敏感肌が存在する、という考え方もあります。同じ敏感肌でも個人差があり、肌条件はそれぞれ違うと言えるでしょう。

<関連記事>:全身美白になる方法は?顔も体も色白もち肌が理想!


敏感肌の美白ケアで注意したいこと


まずは角質層を再生

せっかくの美白成分をしっかり機能させるため、まずは角質層を再生させて健康な肌状態を取り戻します。

スカスカになってしまった角質層の細胞間脂質を再生させ、肌のキメを整えましょう。ヒト型セラミド配合の化粧品などが役に立ちます。


角質層を整えると同時に、抗炎症・抗酸化作用のある美白成分で、肌ダメージから敏感肌を守ります。

乾燥がひどいときには保湿を重視し、赤みやピリピリ感が出た際にはスキンケアを見直したり、肌が心配なときは皮膚科を受診するなど、肌状態に合わせたケアも大切です。


角質を再生することは重要ですが、負担をかけて角質を剥がすピーリングは敏感肌にはNGなケアです。刺激と乾燥に注意した美白ケアがポイントです。

体の中から肌の栄養補給

肌の新陳代謝には、材料となるタンパク質が欠かせず、タンパク質が不足していては角質層の再生ができません。

忙しいからといって、おにぎりやパンだけで食事を済ませてしまわずに、肉や魚、卵をプラスしてタンパク質を補います。


さらに果物や野菜をプラスして、抗酸化作用など美肌に効果が高いビタミン類を摂りいれましょう。

睡眠中の成長ホルモンの分泌によって、肌の新陳代謝が促されます。睡眠時間を確保するだけでなく、その質も高めるようリラックスのできる工夫をしてみてください。


現代人が特に気をつけたいのは、スマホやパソコンの光です。眠る前に浴びることで、睡眠の質を低下させてしまう可能性があります。

<関連記事>:オイリー肌必見!皮脂を抑えて美白を叶えるスキンケアとは?


敏感肌のための美白化粧品選びのポイント


低刺激、敏感肌用の美白化粧品を使う

刺激は敏感肌の原因になるため、美白ケアでもできるだけ避けたい要素です。

積極的に古い角質を剥がすような美白成分だと刺激が強くなり、敏感肌には負担がかかり過ぎます。


角質層の状態がある程度整えたうえで、低刺激で敏感肌用の美白化粧品を使い、積極的に美肌ケアをしていきましょう。

低刺激と謳っていても、使ってみたらやはり赤みやヒリヒリ感が出たという場合、すぐに使用を止めるようにします。

肌のバリア機能を取り戻す美白成分を選ぶ

美白化粧品のなかに肌のバリア機能を強化できる成分が配合されていれば、美白と同時に肌のキメをより整えて、健やかにしていくことができます。

角質細胞間脂質の主成分であるセラミドに似たヒト型セラミドや、N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド、セラミドの生成を促すユーカリエキスなどがおすすめです。


セラミドを補うことで細胞間脂質が整い、肌の水分蒸発を防いでバリア機能が高まります

こうして紫外線から肌を守ることができ、美白につながります。

抗炎症成分で肌トラブルを予防

アミノ酸の一種・トラネキサム酸や、カモミールから抽出するカミツレエキスなどには抗炎症効果があり、メラノサイトへの刺激を抑えてシミの元・メラニンが過剰生成されるのを防ぎます。

保湿作用もあるので、敏感肌に嬉しいですね。


低刺激でしかも敏感肌向きの美白化粧品を選んだら、必ずパッチテストを行ってください。

「敏感肌用」とされていても、肌質に合わないリスクは存在します。返金保証やトライアルセットがある商品は、美白化粧品の口コミサイトで探すことができます。

<敏感肌用の美白ケア、化粧品選びのポイントと注意点は?・まとめ>

  • 角質細胞にすき間ができ、乾燥して肌トラブルに
  • 元々の肌質のほか環境や生活習慣が原因に
  • 刺激と乾燥を避けてまずは角質層を再生する
  • 栄養バランスや睡眠に気をつける
  • 低刺激、敏感肌用の美白化粧品を選ぶ
  • 抗炎症成分やセラミドがおすすめ