日焼け後の美白ケアは逆効果?正しいアフターケアでシミ予防!

日焼け,アフターケア

紫外線対策を日常的にしているのに、思わぬ日焼けをしてしまうとショックですよね。

慌てていつもの美白化粧品でケアしたくなりますが、日焼け後の肌には危険な場合もあります。


では、日焼けをした後のケアはどのように行うとよいのでしょうか。

正しいアフターケアの方法を知り、突然の日焼けにも冷静に対処しましょう。


日焼け後の美白ケアはなぜ危険?

日焼け後,美白化粧水

日焼け後に、「早く美白しなきゃ!」と焦ってしまう方も少なくないでしょう。

しかし、日焼け後の肌に一般的な美白化粧品を使うと、肌トラブルが起こる可能性があるので注意が必要です。


日焼け後の美白ケアはなぜ危険なのでしょうか。

日焼け肌に美白化粧品は刺激が強い!

日焼け直後の肌に美白化粧品を使用するのが危険と言われる主な原因として、美白化粧品は日焼け直後の肌にとって刺激が強いということが挙げられます。

美白化粧品に配合されている美白成分の多くは、肌を黒くするメラニン色素の生成を阻害する働きをします。


しかし、「紫外線などの刺激に対してメラニン色素を作る」という反応は、肌本来の自然な働きです。

つまり美白成分は、肌本来の働きを阻害する存在であり、これが肌にとっては大きな負担となるのです。


特に日焼け後の肌は、通常時よりもバリア機能が弱っています。

そのため、日焼けしていない肌ではトラブルを起こさなかった美白化粧品でも、日焼け後に使用すると、赤みやかゆみ、肌荒れといった肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。

<関連記事>:曇りの日こそ紫外線に要注意!晴れの日よりシミができやすい?

日焼け後は「美白」より「保湿」を優先

日焼けとは、紫外線を浴びることで肌に炎症が起きている状態であり、皮膚科では「日光皮膚炎」と診断されることもあります。

日焼けは基本的に火傷と同じであり、日焼け後の肌は通常時よりも熱を持っているため、皮膚の組織や体内の水分が蒸発しやすい状態となります。


つまり、肌が非常に乾燥しやすく、日焼けしていないときよりも肌が敏感になっているのです。

肌が乾燥して敏感になっているときには、美白化粧品に含まれる美白成分は刺激が強く、さまざまな肌トラブルの原因となってしまいます。


日焼けによる赤みやほてりが取れるまでは、美白化粧品は避け、敏感肌用などの刺激の少ない化粧品でケアするようにしましょう。


日焼け後の正しいアフターケアは?

日焼け後のケア方法

「美白化粧品を避け、しっかり保湿をする」ということが、日焼け後のケアの基本方針です。

では、具体的にはどのようなアフターケアを行うとよいのでしょうか。


日焼け直後から美白ケアを再開するまでの流れを確認しましょう。

STEP1:日焼け直後は肌を冷やす

日焼けによって赤みやほてりが出ている場合は、すぐに肌を冷やし、日焼けによる炎症を少しでも抑えるようにしましょう。

軽度の日焼けであれば、水風呂に浸かったり、冷水や保冷剤を使ったりして、赤みやほてりのある部分を冷やします。


冷たいシャワーを使用する場合は、シャワーの水圧が肌に刺激を与えてしまう恐れがあるので、シャワーの水が肌に直接当たらないよう、タオルなどで患部を保護するとよいでしょう。

日焼け直後の肌は非常にデリケートです。日焼けした肌を冷やす際には、強い刺激を与えないように注意しましょう。

STEP2:肌にしっかり水分補給

日焼けした肌を冷やし、赤みやほてりが治まったら、敏感肌用などの刺激の少ない化粧品を使用してしっかり保湿していきます。

日焼け後の肌は非常に乾燥しやすい状態となっており、保湿が不十分だと肌荒れを起こしやすくなってしまいます。


また肌が乾燥していると、紫外線によって作られたメラニン色素の沈着が起こりやすくなります。

日焼けした肌の回復を助けるためにも、化粧水をたっぷり使用してじっくり保湿しましょう。


化粧水を十分に含ませたコットンを使って、しばらくの間パックするのもよいですね。

また、化粧水による肌への水分補給後には、乳液やクリームを使用しましょう。


乳液やクリームは、化粧水によって肌に補給された水分を逃がさないようにするフタの働きをします。

肌の保湿を効果的に行うためにも、乳液やクリームを忘れないようにしましょう。

<関連記事>:ココナッツオイルに日焼け止め効果があるって本当?

STEP3:赤みが引いたら美白ケア開始!

赤みやほてりが治まり、肌のコンディションも回復してきたら、日焼けをしたときに作られてしまったメラニン色素の定着を防ぐために美白ケアを開始します。

乾燥肌や敏感肌の方向けの美白化粧品もありますので、いきなり日焼け前と同じ美白化粧品を使うのは不安という方は、このような製品を使用してみるのもおすすめです。


また紫外線によって体内に発生する「活性酸素」は、メラニンを作り出す「メラノサイト」という細胞を活性化させます。

この活性酸素を取り除くのに効果的なのが、ビタミンCやリコピンなどに代表される「抗酸化物質」です。


これらの成分を多く含む食品を食事に取り入れると、体の内側から美白ケアを行うことができます。

美白化粧品にしても食事による美白ケアにしても、継続することが大切です。


日焼け後の肌を回復させるためにも、新たな日焼けを起こさないためにも、毎日しっかりケアしていきましょう。


【知っておきたい】日焼けケアの豆知識

日焼け,豆知識

日焼けした肌のアフターケアは、「冷やす→保湿→(炎症が治まったら)美白ケア」が大原則です。

しかしこれ以外にも、日焼け後のアフターケアで覚えておきたいポイントは沢山あります。


今回は特に重要な3つをピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

日焼けケアにアロエがいいって本当?

「アロエが日焼けケアに効果がある」ということを聞いたことがある人もいるかもしれません。

確かにアロエには、抗炎症作用がある成分が含まれており、日焼けした肌の赤みやほてりを抑える効果が期待できます。


またアロエに含まれるアミノ酸や酵素などは、紫外線によるダメージから肌を回復させる作用があるとも言われています。

しかし、日焼け後の肌に直接アロエの生葉を使用する際には注意が必要です。


アロエの表面についた雑菌による感染症が心配ですし、人によってはかぶれが起こる恐れがあるからです。

日焼けケアにアロエを活用したい場合には、アロエの生葉を使用するのではなく、アロエエキス配合の市販品を利用することをおすすめします。

<関連記事>:日焼け止めが効かない!その原因は?おすすめの日焼け止めは?

日焼けには水分補給が効果的?

日焼けした後の体は、全体的に熱がこもりやすくなっています。

日焼け後の水分補給は、脱水状態の身体に水分を補うだけでなく、体にこもった熱を逃がすためにも重要です。


水分補給をする際には、不足しがちなミネラルも同時に補給することが大切です。

ミネラルを豊富に含むミネラルウォーターや麦茶などを飲んで、身体を内側から冷やすようにしましょう。

水ぶくれができた!皮膚科に行くべき?

重度の日焼けの場合、日焼け後12~24時間ほどの間に、水ぶくれができてしまうことがあります。

水ぶくれとは、炎症を起こした部分で血管から水分が漏れ出してできた水疱のことです。


日焼けによって水ぶくれができてしまった場合は、水ぶくれを潰さないように冷やしましょう。

適切に処置すれば、水ぶくれの水分は自然に皮膚に吸収されていき、水ぶくれができていた部分の皮膚は乾いて剥けていきます。


通常であれば、1~2週間すると自然に治っていくのですが、広範囲に水ぶくれができている場合や痛みがひどい場合には、必ず皮膚科を受診しましょう。

皮膚科では、ステロイド外用薬やノンステロイドの消炎鎮痛剤、痛め止めの内服薬など、症状の種類や程度に応じた薬が処方されます。


また重度の日焼けのほかに、熱中症などの症状が見られる場合は点滴治療も行います。

もちろん、症状が軽い場合でも皮膚科を受診することができます。スキンケアのアドバイスをもらえることもありますので、心配な方は早めに皮膚科を受診しましょう。


日焼け後の肌を回復させるには、正しいアフターケアが大切です。

これまでに紹介した基本をしっかり守り、必要に応じて皮膚科を受診するなど、日焼け後の肌を丁寧にケアしていきましょう。

<この記事のまとめ>

  • 美白化粧品は刺激が強いため、日焼け直後の肌には使用しない
  • 日焼け後は患部を冷やし、刺激の少ない化粧品で十分に保湿する
  • 日焼けによる赤みやほてりが引いたら、美白ケアをスタートする
  • アロエエキス配合の市販品の利用や水分補給もおすすめ
  • 水ぶくれができた場合や、気になることがある場合は皮膚科を受診する