赤ら顔の改善で美白肌をゲットできる?その方法とは?



洗顔後、すっぴんになった時、肌の赤みやニキビが気になったことはありませんか?

火照って赤く見えるのは、実は赤ら顔と言われる疾患だったんです。


美白したいのに、赤みがなかなか治らないとお困りの方も多いのではないでしょうか。

ここでは、そんな赤ら顔の原因と赤みのない美白肌が手に入れる方法について見ていきたいと思います。


赤ら顔ってどんな症状?



肌に炎症が出てしまう赤ら顔。その症状にはどういった特徴や原因が考えられるのでしょうか。

赤ら顔の特徴

赤ら顔と言えば、頬や小鼻周り・Tゾーン・顎など顔の部分的な場所が火照ったように赤く見えることを言います。

人によっては顔全体がほんのり赤く見えるのですが、これは顔の表皮が更に薄くなって顔を巡る毛細血管が透けている状態だと言われます。


他にも、敏感肌の場合もニキビのような炎症が続くことで赤みが引かず、赤ら顔になるケースもあれば、アトピー肌の方のアトピーが治らず炎症が続いている状態も赤ら顔として扱われます。

また、赤面症も赤ら顔の一種で、極度の緊張状態が顔を赤く反応させます。この場合、緊張・ストレスにより自律神経が異常をきたして血管を膨張させてしまうので、赤色に見えてしまうのです。

<関連記事>:頬骨の上にあるそのシミは「こすり過ぎ色素沈着」かも・・・!

赤ら顔の原因は?



複数の症状の種類が存在する赤ら顔ですが、原因も症状によって少しずつことなります。

皮膚が薄くなって起こる赤ら顔(後天的赤ら顔)

  • 強い刺激を肌に与えている
  • 脂漏性皮膚
  • 間違ったスキンケア
  • ニキビ

が考えられます。

お肌は薄い皮膚から出来ている為、身体の中でもかなり繊細でデリケートな部分です。


例えば、お風呂で洗顔をする際シャワーで顔を洗う、洗顔料を泡立てずにゴシゴシ洗う、タオルで顔をゴシゴシと拭く、冷たい風邪に当たる等は、日常生活内で刺激があるように感じないと思いますが、肌にとっては強い刺激に当たるのです。

また、赤ら顔に多いのが間違ったスキンケアによる肌荒れです。


洗顔の時にぬるま湯ではなく冷水を使うことで、肌が刺激され血管が圧迫されて血管が浮き上がってしまったり、クレンジングをしながらフェイスマッサージをして余分な油分を取り除きすぎてしまい、乾燥によって肌荒れをしてしまったり等、スキンケア方法を一歩間違うだけで肌の赤みをより強めてしまいます。

後、厄介なのが脂漏性皮膚です。余分な皮脂が顔を覆い、肌のコンディションを悪化させることで赤みが出ます。ニキビもそうですが、生活習慣や食べ物・ストレスが原因だと言われています。

皮脂を取り過ぎてもなってしまうので、スキンケアが大切です。

体質によって起こる赤ら顔(先天的赤ら顔)

  • 緊張や過度のストレス
  • アルコール
  • アトピー

よく挨拶や発表の際、緊張しすぎて顔が真っ赤になってしまう人っていませんか?

俗にいう赤面症は、実は神経系の疾患であるとされています。


過度のストレスもそうですが、自分を追い詰めることでより赤面症が発生してしまうので、一呼吸置いたり、自分に負荷をかけ過ぎない事を心掛けるのが良いでしょう。

またお酒を飲むとぽっと顔が赤くなる場合、血中のアルコール分解する力が弱いので、赤みが全面に出ると言います。


治したいと言われる方も多いですが、生まれつきの分解能力が弱い為医療機関での改善は中々難しいと思います。

お酒も飲まないが一番ですが、飲みたくなっても程々にしましょう。


アトピーも先天性のものがありますが、年々医学の進歩によって改善されてきています。

是非医療機関での治療をオススメします。

<関連記事>:お肌・顔のくすみの原因は身近なアレだった・・・!

赤ら顔を改善する方法を教えて!



美容に大敵な赤ら顔ですが、改善方法も症状の度合いによって異なります。

軽症な赤ら顔の改善方法

顔がほんのり赤かったり、化粧で隠せるけれどすっぴんが赤ら顔で気になる方は、スキンケアを改善すれば治るケースが多いです。

例えば、洗顔ですがいつも冷水で洗っていた人はぬるま湯の洗顔に変えるだけで肌への刺激が弱まり、血行促進にも繋がるので赤みがひいて白い肌へと変化します。


他にも、洗顔料を泡立てた後ゴシゴシ洗っていた人は、円を描くようにクルクルと泡を滑らすように洗うだけで、肌を傷付けずに汚れをかき出すことが出来ます。

なので、ニキビ防止にもなりますし、肌を傷付けずに洗い上げることが出来るので、赤ら顔にもなりません。


他にも、衛生的な所で枕カバーやタオル・ファンデーションのスポンジのように毎日顔に触れるものは清潔に保つことで、菌による炎症を防ぐことが出来ます。

また、スキンケアだけでなく食生活も大切になってきます。


脂っこいもの塩分の高いもの・甘いものはニキビや吹き出物の原因にもなるので、バランスの取れた食事を取るように心掛けましょう。

<関連記事>:美白対策、シミ改善に良い食材と注意したい食材は?

重症な赤ら顔の場合

もし重度の場合、医学的に治すのが難しいとされていますが、皮膚科に受診することをオススメします。

受診する科も症状によって異なりますが、レーザー治療・光治療・硬化療法が主な処置方法となります。


何度も治療を重ねることで治りにくいとされている赤ら顔にも必ず変化は見られるので、諦めずに続けること、自分自身で出来るケア(スキンケアや食生活)を行うことで改善されていくでしょう。


赤ら顔の改善に効果的な美白化粧品は?



スキンケアや食生活でも赤ら顔は改善出来ますが、美白化粧品を一緒に使うことでら更に美しく透明感のある肌へと生まれ変わります。

どういう成分が入った美白化粧品が効果的?

美白化粧品にも種類が沢山ありますが、赤ら顔にオススメの成分はビタミンK・セラミド配合・無添加のものです。

ビタミンKは血液の循環を良くする働きがあり、顔のように薄い表皮の下に張り巡らされた毛細血管も広がりにくくなるので、赤ら顔に効果的だと言えます。

セラミド配合のものは、保湿力が非常に高い為肌の乾燥から守ってくれます。


赤ら顔は乾燥や肌荒れで表皮の皮が薄くなることから起こってしまう症状なので、バリアをすることで、表皮の厚みももたせてくれます。

特に冬の風が冷たい時期にはピッタリの成分だと言えるでしょう。


また、無添加の基礎化粧品であれば、敏感肌やアトピー持ちの人でも反応が出にくく、化粧品の刺激による赤ら顔を未然に防ぐことが可能です。

赤ら顔の場合の化粧水の選び方!

赤ら顔で特に大事なのは保湿力です。どうしても皮膚が薄くなると乾燥しがちになるので、自然と毛細血管が浮き上がって赤ら顔になってしまいます。

そこで、より赤ら顔に効く化粧水の選び方をご紹介致します。


気を付けるのはこちらのポイントです。


(1)潤いを持続出来る保湿効果の高い成分配合のもの
(2)抗炎症成分配合のもの
(3)炎症の悪化を防ぐ低刺激のもの


潤い成分はセラミド以外にも、ヒアルロン酸やコラーゲン・プラセンタ・ローヤルゼリー・アミノ酸等が挙げられます。

含まれている種類や配合量が多い方が、より保湿効果に優れているので、ネットやドラッグストアで購入する際は表記の確認を忘れずに。


抗炎症成分ですが、血管の収縮効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていると、赤ら顔の鎮静にも効果があります。

また、炎症を悪化させてしまう成分は、アルコールやパラベン・香料・石油系界面活性剤等が挙げられます。


特にアルコールはアトピー肌や敏感肌等刺激に弱い肌質の方やアレルギー持ちの肌質の方にはかなりキツイ成分です。

人によっては過剰に反応してより赤ら顔が酷くなったり、肌が荒れる可能性が高いです。


なのでなるべくそれらが配合されているものは避けて購入しましょう。

<赤ら顔の改善で美白肌をゲットできる?まとめ>

  • 赤ら顔には種類があり、先天性のものもある
  • 赤面症やアルコールによる赤ら顔のような先天性の症状は医療機関での治療も難しいとされている
  • 刺激や過剰なスキンケアや食生活が赤ら顔の原因である
  • 正しいスキンケアや食生活で改善出来る
  • 赤ら顔に効く成分はビタミンKとセラミド
  • 保湿効果の高い美白化粧品で赤ら顔から脱却!