UV化粧品の塗り過ぎはNG!



シミは嫌だけれど外出しないわけにはいかないし、外で遊びたい・・・というとき、多くの方が日焼け止めやUV化粧品で紫外線対策しているのではないでしょうか。

確かに何のケアもしなければ、日焼けしてシミになってしまいますが、ただひたすらにUVケアをすれば肌にいい、というものではありません。


UVケア商品は、使いかたによっては体に害をなす可能性が存在します。

日焼け止めやUV化粧品に使われる成分の特性を理解し、毎日のUVケアについて改めて見直してみてください。


日焼け止めやUV化粧品、どんな成分が入っている?


日焼け止めの効能を表すSPFとPA

日焼け止めのパッケージで必ず目にするSPFとPAの表示について、まずは理解しましょう。

紫外線にはいくつかの波長があります。

SPF(Sun Protection Factor)=紫外線防御指数が表すのは、肌に延焼を起こす紫外線・UVB波に対する防止効果、そしてPA(Protection Grade of UVA)=UVA防御指数が表すのは、皮膚の黒化の原因になる紫外線・UVA波に対する防止効果です。


SPF値とは、UVB波を浴びたときに皮膚に赤い斑点ができるまでの時間を何倍まで延ばせるか、つまりシミのもとを作らずに紫外線を浴びていられる時間を表します。

赤い斑点ができるまでの時間は人によって違いますが、UVB波を浴びて20分で斑点ができる方であれば、SPF30の日焼け止めを塗ることで、30倍となる600分、つまり10時間の予防効果を期待できます。


SPF性能競争が激化した際には、SPF80、100といった商品が見られましたが、現在ではSPF30を超えると効果にほとんど差はないと言われていて、厚生労働省によりSPF表示は50が上限と決められています。

一方のPA値は、UVA波を防御する効果を「+」「++」「+++」の3段階で表し、+が多いほど防御効果が上がります。

<関連記事>:日焼け止めが効かない!その原因は?おすすめの日焼け止めは?

日焼けを防ぐ成分とは

日焼けを防ぐのは、基本的に「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2つです。

紫外線散乱剤は、肌の表面に金属の膜のようなものを作ることで紫外線を反射させて、日焼けを避けます。反射剤には酸化チタン、酸化亜鉛といった鉱物由来成分が使われています。


紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して熱エネルギーに変えて放出することで、紫外線の肌への到達を防ぎます。

吸収剤のほとんどは化学合成化合物であり、なかには紫外線を変換する過程で、アレルギーやホルモン異常を引き起こす物質を生成する成分があり、近年では紫外線吸収剤は日焼け止めに使われない傾向です。


厚生労働省でも紫外線吸収剤として使用できる成分を限定していますが、海外輸入品の強力な日焼け止めでは、日本では許可されない吸収剤が使われているものがあり、安全性に充分な注意が必要です。

日焼け止め成分には、シミの大敵である活性酸素を生成するものが存在します。日焼け、そしてシミを防ぐための化粧品で、逆にシミを作ってしまっては意味がありませんね。


肌にはどんな影響があるの?


全く紫外線を浴びないのはNG

日焼け止めやUV化粧品を常に使用することでシミを防げたとしても、これが健康に害をなす可能性があります。

紫外線を肌に浴びることで体内で生成されるのが、ビタミンDです。

ビタミンDには骨を作る細胞を活性化させたり、腸管から体内に吸収されるカルシウム量を増やす働きがあり、強く丈夫な骨を作るのに欠かせません。


常に紫外線を避け日光を浴びないことで、骨がもろくなって骨粗しょう症になってしまったという事例があります。

<関連記事>:美白ケア、日焼け後のアフターケアは?

発ガンやアレルギーなどのリスク

例えば紫外線吸収剤のオキシベンゾンは、アレルギー反応やホルモン異常を引き起こす可能性が指摘されています。

日焼け止めとして使用したオキシベンゾンが、母親の母乳を通して新生児の体内へと移ってしまうことも確認されているのです。


スポーツ用の効果の強い日止め止めなどで、このオキシベンゾンが配合されている商品が見られます。

そのほか、紫外線吸収剤で、皮膚ガンを誘発したり、光アレルギーや接触アレルギーを誘発する成分があったり、日焼け止め成分なのにUVAに反応して日焼け症状を起こすものもあります。


紫外線散乱剤の酸化チタンなどは、ナノ粒子化することで細胞死や機能低下を招き、発ガンの可能性があることが分かっています。

微粒子の方が肌に良くなじんで効果的なように感じられますが、いくら日焼けをカバーできても病気のリスクを増やしてしまっては本末転倒です。


日焼け止めは塗らない方が良いの?


日焼け止めに頼り過ぎない

現代ではオゾンホールなどの問題があり、以前よりも紫外線対策の必要性が強く叫ばれるようになっています。

ただし紫外線による皮膚ガン発症といった問題は、よほど長時間、何の対策もせずに紫外線を浴び続けた場合のリスクであり、一般的な生活のなかで紫外線がすぐにガンに結びつく、というものではありません。


また、化学物質が使用されていなかった頃には日焼け止めはなく、人類は、日陰や服装などで強い日差しを避ける工夫をして生活してきました。

そう考えると、化学物質に頼って過度に日焼け止めを多用するのは、自然な行いとは言えないのかもしれません。

<関連記事>:サングラスでシミ美白対策ができる?その理由は?

日焼け止めを使う時の注意点

日焼け止めを利用する場合には、次のような点に注意しましょう。

まず、ビタミンD不足を防ぐためにも、1日15分程度はUVケアなしで日光を浴びるようにしてみてください。


外で過ごす時間が短いと感じたら、小魚や煮干し、ひじきや大豆から摂取したり、サプリメントを利用するのも良いでしょう。

日焼け止めはSPF値が10以下と低めのものや、自然由来のハーブなどを利用した安全性の高い商品を選び、外出が長くなる時は、途中塗りなおすことで効果を高めてください。


UV化粧品の重ね塗りによって、化学物質が過剰になってしまう可能性があります。シミケアの方法はUV対策だけでなく、美白化粧品での予防も可能です。肌に優しく効果が期待できそうな化粧品を探してみるのもおすすめです。

<日焼け止め・UV化粧品の塗り過ぎはNG! まとめ>

  • SPFとPAは特定の紫外線への対策で、数字や+が多いほど効果が強い
  • 紫外線散乱剤、紫外線吸収剤が使われている
  • UVケアし過ぎると、強い骨に必要なビタミンDが不足しがち
  • 発ガン性、アレルギーやホルモン異常を誘発する成分がある
  • 1日15分はUVケアなしで日光を浴びる
  • 肌に優しい日焼け止めや美白化粧品でケアする