オリーブオイルの美白・日焼け止め効果とは?

オリーブオイル,日焼け止め,美白

料理のイメージが強いオリーブオイルですが、実は美白や紫外線対策といったスキンケアでも大活躍するアイテムなのをご存知でしょうか?

オリーブオイルの嬉しい美容効果について、その成分や種類、美容アイテムとしての使い方も含めてチェックしていきましょう!


オリーブオイルってどんなもの?

オリーブオイル,種類

健康や美容への評価も高いオリーブオイルですが、詳しいことはよく知らないという人も少なくないでしょう。

まずはオリーブオイルの基礎知識を確認していきましょう。

オリーブオイルについて

オリーブオイルは、その名の通りオリーブの果実から作られている油です。

最近ではさまざまな料理に幅広く使われており、イタリア料理やフランス料理だけでなく、和食に取り入れられることも少なくありません。


オリーブオイルには、健康的な体や肌を作るために重要な栄養素が豊富に含まれています。

例えば、オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は血液中のコレステロールを低下させる効果が認められています。


またビタミンEやβカロテン、様々な種類のポリフェノールは、ガンや生活習慣病の予防やアンチエイジング効果が期待できます。

これらの他にも、オリーブオイルはビタミンA、D、Kやリノール酸、リノレン酸など、体に必要な成分を多く含んでいます。


オリーブオイルは食べて美味しいだけでなく、健康や美容に役立つ食材というわけですね。

<関連記事>:ココナッツオイルにUVカット効果があるって本当?

オリーブオイルの種類

日本で食材として流通しているオリーブオイルは、大きく分けて3種類あります。

それが「エクストラバージンオイル」「ピュアオリーブオイル」「オリーブポマースオイル」です。


「エクストラバージンオイル」は、オリーブの果実を搾っただけの純粋なオリーブオイルです。

科学的な加工は一切行われていませんので、オリーブに含まれている微量な栄養素がほとんど失われることなく残っています。


栄養価も香りも最も高いオリーブオイルと言えるでしょう。

また、食べやすく加工・精製したオイルに、風味豊かなエクストラバージンオイルを混ぜたものを「ピュアオリーブオイル」と言います。


ピュアオリーブオイルはエクストラバージンオイルよりも安く、流通量も多いので、料理に使っているという人も多いかもしれませんね。

そして「オリーブポマースオイル」は、一番搾りをした後のオリーブの実(ポマース)をさらに搾って加工したオイルに、エクストラバージンオイルを加えて風味付けしたものです。


栄養価はあまり期待できませんが安価で手に入れることができるので、揚げ物など油を多く使う料理にも使いやすいという特徴があります。


オリーブオイルが美白に効果的な理由とは?

オリーブオイル,美容効果

食材としてのオリーブオイルの特徴を見てきましたが、美容アイテムとして使うときには一体どのような効果が期待できるのでしょうか。

なかでも特に注目したい美白に関する効果について、詳しくチェックしていきましょう。

効果1:毛穴の汚れを落とす

毛穴が黒く見える理由はいくつかありますが、そのうちの1つが毛穴の中に溜まった汚れです。

毛穴に詰まった皮脂やタンパク質の塊が黒く変色することで、黒くブツブツとした肌になってしまいます。


オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、実は人の皮脂に最も多く含まれる脂質でもあります。

同じ種類の油どうしなので非常になじみやすく、毛穴の黒ずみや角栓といった汚れを無理なく浮かせて、肌や毛穴を傷つけることなく取り除くことができるのです。

効果2:紫外線から肌を守る

紫外線はシミやそばかすができる主な原因として有名ですね。

紫外線が当たると、肌の細胞は「活性酸素」という物質を作り出し、メラニンを作る細胞を刺激します。


するとメラニンが過剰に生成され、皮膚の細胞に定着することで、シミやそばかすになってしまうのです。

オリーブオイルに含まれるビタミンEやβカロテン、各種ポリフェノールといった成分は抗酸化物質と呼ばれており、活性酸素を除去する働きをしています。


つまり、紫外線を浴びたことでできた活性酸素の量を減らすことでメラニンの生成を抑え、シミやそばかすが作られるのを予防することができるというわけです。

<関連記事>:【夏だけじゃダメ?】美白スキンケアは何月頃から始めるべき?

効果3:潤いを保ち健康的な肌に

オリーブオイルは人の皮脂と同じ成分を多く含むため、肌に塗ってもよくなじみ、肌から必要な水分が蒸発するのを防いでくれます。

適切な量の水分と皮脂が保たれている肌はとても健康な状態であり、肌のターンオーバーも整っています。


つまり、シミやくすみの元になるメラニンが作られても、時間が経てば新陳代謝によって体外に排出されるため、深刻なシミやくすみができにくいというわけです。


美白・日焼け止めに!オリーブオイルの使い方は?

オリーブオイル,日焼け止め効果

美白や日焼け止めの効果が期待できるオリーブオイルですが、どのようにして日頃のケアに取り入れるとよいのでしょうか。

効果的なオリーブオイルの使い方をチェックしていきましょう。

クレンジング・洗顔に

オリーブオイルは植物由来のオイルなので肌に優しく、皮脂やベースメイクに含まれる油分ともなじみやすいという特徴があります。

肌に必要な皮脂を残しつつ、ベースメイクや毛穴の汚れなどはしっかり落とすことができるので、美白を目指す人だけでなく敏感肌や乾燥肌の方にもおすすめです。


オリーブオイルでクレンジングする場合は、オイルを手でしっかり温めるのがポイントです。

ポイントメイクから先にオリーブオイルをなじませ、次に顔全体にオイルを優しくマッサージするように塗っていきましょう。


クレンジング後は温かい濡れタオルなどでオイルを拭き取ります。

そのまま顔を濡らさないようにして、泡立てた洗顔料をつけて顔を洗いましょう。


このとき、泡立てた洗顔料にオリーブオイルを1,2滴混ぜると、きめ細かい泡ができるので是非試してみてください。

スキンケアにプラスする

オリーブオイルは肌の保湿力を高めてくれるアイテムです。

乾燥が気になるときには、いつものスキンケアにプラスしてオリーブオイルを取り入れましょう。


洗顔後にオリーブオイルを顔全体にたっぷり塗るというオリーブオイルパックは、特に乾燥が気になる季節におすすめのスキンケアです。

パックをしているときにマッサージをするのもよいですね。


パックが終わったら温かい濡れタオルで拭き取りましょう。

また、化粧水を塗る前の導入液としても使用できますし、乳液やクリームに数滴プラスすることで保湿力をアップすることもできます。


いつものスキンケアに簡単に取り入れられるのが嬉しいですね。

<関連記事>:日焼け止めの効果的な塗り方は?美白をあきらめない!

ヘアケア、ネイルケアにも

オリーブオイルはフェイスケアだけでなく、ヘアケアでも活躍します。

髪の傷みが気になる部分に、オリーブオイルをなじませて30分ほどおきましょう。


その後シャンプーやトリートメントをいつも通り行えば、余分な皮脂汚れが落ち、髪の毛もツヤツヤになります。

「髪の毛がパサつく」「枝毛が気になる」といった人はもちろん、美髪を保ちたいという人にも効果的です。


また、オリーブオイルはネイルケアのアイテムとしても重宝します。

就寝前に爪の生え際にオリーブオイルを塗ると、朝にはきれいな甘皮の艶やかな爪が手に入ります。


ささくれ予防にもなりますので、指先の乾燥が気になる人は是非チャレンジしてみてください。


オリーブオイル美白の注意点は?

オリーブオイル,注意点

美白や紫外線対策など美容に役立つオリーブオイルは、日頃のケアに積極的に取り入れたいアイテムですね。

では、オリーブオイルを使ってケアをするときには、どのような点に注意するとよいのでしょうか。

食用のオリーブオイルは使わない

オリーブオイルには「医薬品グレード」「化粧品グレード」「食品グレード」「工業グレード」といったグレードがあるのをご存知でしょうか。

医薬品や化粧品に使用されるオリーブオイルは比較的高価なため、「キッチンにあるオリーブオイルがスキンケアに使える!」と考える人もいるかもしれませんね。


しかし、それぞれのグレードでオリーブオイルの精製度が異なっており、医薬品用や化粧品用のものは食用や工業用のものと比べて精製度が高くなっています。

安心して美白ケアに使用するためにも、やはり用途にあったオリーブオイルを選ぶことが重要です。


肌や髪の毛に直接塗る場合は、食用や工業用のオリーブオイルは使わず、化粧品グレード以上のものを使用するようにしましょう。

ニキビ肌の人は要注意

肌に負担をかけず、毛穴の汚れや余分な皮脂を落としてくれるオリーブオイルですが、ニキビができやすい肌やニキビができてしまった肌への使用は要注意です。

ニキビの原因の1つであるアクネ菌は、皮脂を主な栄養分として増殖します。


オリーブオイルに含まれるオレイン酸は人の皮脂の主成分でもあるので、オリーブオイルを肌に使用することでアクネ菌の栄養になってしまう恐れがあります。

ニキビ肌の人やニキビができてしまった人は、オリーブオイルでのケアを控えるようにしてください。

<関連記事>:シートマスクで美白・シミ消し!一番効果的な使い方は?

洗顔後は丁寧に洗い流すこと

きれいに洗顔したあとなら、パックなどにオリーブオイルを使った後は、ティッシュなどで油分をオフすればOKです。

しかし、洗顔やクレンジングでオリーブオイルを使う場合は注意が必要です。


汚れを落とすために使用したオイルには、メイクや余分な皮脂などが混ざっています。

そして汚れが混ざったオイルを肌に残してしまうと、肌トラブルの原因になってしまいます。


クレンジング後は蒸したタオルで優しく拭き取り、しっかり洗顔して油分を落としておきましょう。

天然素材の洗顔料がベストです。


料理に広く使われているオリーブオイルは、美白のための肌作りに効果てきめんです。

食用のオリーブオイルを肌に直接塗らない、ニキビ肌には使用しない、洗顔後は丁寧に洗い流すといったポイントに注意し、積極的にいつものケアに取り入れてみましょう!

<この記事のまとめ>

  • オリーブの実から作られるオリーブオイルは健康や美容に効果的な成分を含む
  • 毛穴の汚れを落とす、紫外線から肌を守るといった美白効果が期待できる
  • クレンジング・洗顔やスキンケアはもちろん、髪や爪のケアにも活用できる
  • 肌や髪に使用する場合は化粧品用を使用し、ニキビ肌の人は使用を避ける
  • オリーブオイルを使用したクレンジングや洗顔の後は丁寧に洗い流す