オリーブオイル美容は美白やUV対策にも効果的!



パスタなどイタリア料理のイメージが強いオリーブオイルですが、その美味しさや栄養の高さから、一般家庭でも幅広く使われるようになってきています。

そのオリーブオイルが、スキンケアでも大活躍することをご存知ですか?なかでも注目したいのが美白での利用です。


オリーブオイルが美容と健康にもたらす力について、美白ケア・UV対策としての使い方、様々な美容活用法について紹介します。

美容のためにオリーブオイルを使う際の注意点についても押さえておきましょう。


健康と美容に嬉しいオリーブオイルの力!

オリーブオイルの嬉しい栄養

オリーブオイルは、ビタミン類ではE、A、D、K、そのほかオレイン酸、リノール酸、リノレン酸、パルチミン酸、ステアリン酸、βカロチンやポリフェノール、スクワランなど豊富な栄養を含みます。

ポリフェノールやβカロチン、ビタミンEの抗酸化作用からは、アンチエイジング効果によるシミ、シワ、そばかすの予防を期待できます


ビタミンAは、かさつきや荒れを防いで肌を健康に保ち、スクワランには高い保湿効果があります。

オレイン酸の力

オリーブオイルの70%を占める主要成分・オレイン酸は、安定性が高く酸化しにくい性質があります。

食用では悪玉コレステロールを減らす効果が注目されますが、美容面では高い保湿効果が認められます。


保湿や肌の保護のために分泌される皮脂は、その41%がオレイン酸で構成されています。

年齢とともにオレイン酸の分泌は減少し、肌が乾燥しやすく、ダメージを受けやすくなるのです。


オリーブオイルのオレイン酸は皮脂によくなじみ、加齢による減少を補って肌のバリア機能を高めます。

元々肌に存在する物質であるため、肌への刺激にならず炎症のリスクが少ないのが魅力です。

こんな悩みにオリーブオイル

「年齢肌」「乾燥肌」への対策にオリーブオイルが合っています

肌のたるみやシワ、シミ、くすみといった年齢肌の悩み、繰り返すニキビや肌荒れなど乾燥肌が関係する悩みがある場合に、試してみたいオイルです。

<関連記事>:夏、絶対日焼けしたくない人のためのシミ予防・美白対策!

オリーブオイルは美白ケアやUV対策にもおすすめ!


毛穴汚れを落として美白

オリーブオイルのなかでも皮脂によくなじむオレイン酸が、くすみの原因になる角栓や毛穴の黒ずみを浮きあがらせることで、肌を明るくします。

抗酸化作用による肌の若返り

オリーブオイルには、若返りビタミンとも呼ばれるビタミンEが豊富です

同じく抗酸化作用があるβカロチンやポリフェノール、そのほかのビタミン類とともにシミ、シワ、そばかすといった肌老化を防ぎ、血行やターンオーバーを促して美白をサポートします。

紫外線・乾燥を予防して美白効果

オリーブオイルを肌に塗ることでオレイン酸が肌に留まり、紫外線などのダメージから肌を守りながら、肌に蓋をして水分が逃げるのを防いでくれます。

また肌が乾燥すると老廃物の排出がうまくいかず、メラニン色素が沈着しがちです。オリーブオイルの保湿により老廃物の排出がスムーズになり、シミ予防になります。

肌に塗ってUV対策

紫外線カット効果を活かし、オリーブオイルを肌に塗ってみましょう。ただしオリーブオイルの紫外線吸収効果だけで十分とは言えないので、日焼け止めも併用するようにしてください。

オリーブオイルは肌への刺激が少なく、日焼け止めと併用してもダメージが大きくならず安心です。


他にも色々!オリーブオイルの美容活用術


オリーブオイルパック・洗顔

皮脂を取り過ぎずに汚れを落とす、敏感肌の方におすすめの美容法です。まずは濡らしたタオルを絞り、電子レンジで20~30秒温めて蒸しタオルを作っておきます。

大さじ1杯のオリーブオイルを手で温めて、マッサージしながら顔になじませます。キッチンペーパーで優しく拭き取ったら、蒸しタオルを顔に当てて蒸気で毛穴を開かせましょう。

2~3分そのままにしてから、タオルできれいに拭きとります。このままでもいいですし、この後優しく洗顔してもいいですね。できれば洗顔も、肌に優しい天然由来の石鹸などがおすすめです。

<関連記事>:ココナッツオイルにUVカット効果があるって本当?

オリーブオイルクレンジング

ファンデーションの油分とオリーブオイルが良くなじみ、皮脂を落とし過ぎずにメイクをしっかり落とすことができます。

オイルクレンジングと同様、顔全体をオリーブオイルでマッサージするようにして、優しくメイクを落としていきましょう。最後に洗顔料や石鹸で洗い流します。

化粧水やファンデーションにオリーブオイルをプラス

手のひらに取った化粧水に1滴のオリーブオイルをプラスします。

手のひらで温めながらなじませることで、しっとりとした化粧水になります。


化粧水を使う前に、手のひらで温めた1~2滴のオリーブオイルを顔につけ、その後いつものスキンケアを行うのもいいですね。


リキッドファンデーションには、顔がテカらない程度にほんの1滴のオリーブオイルを加えてみてください。

リップ、ネイル、ヘアケアにも

夜眠る前に、乾燥しがちな唇や爪の生え際にオリーブオイルを塗って寝てみましょう。朝には唇はプルプルに、爪はささくれを防いで甘皮がきれいになります。

唇を蒸しタオルで柔らかくした後、オリーブオイルを塗ってラップで覆い、10分ほどしたらラップを外す唇パックもおすすめです。

髪の痛みが気になる部分にオリーブオイルをなじませて30分ほどおき、その後いつも通りシャンプー、トリートメントをすると、皮脂汚れが落ち、髪に潤いをもたらします。

1週間に1回ぐらいが目安です。体全体のリンパマッサージにも、オリーブオイルが役立ちます。


オリーブオイル美容の注意点


食用ではなく化粧品のオリーブオイルを使う

キッチンで使うオリーブオイルは、食用なので体に悪くはないものの、目に見えない小さな果肉などが混ざっている可能性もあり、肌には刺激が強すぎます。

酸化しやすく、肌トラブルの可能性もあります。


コスメとして販売されるスキンケア用のオリーブオイルなら、ろ過されて不純物などが取り除かれており安心です。

<関連記事>:日焼け止めの効果的な塗り方は?美白をあきらめない!

ニキビ肌には向きません

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、ニキビの原因菌であるアクネ菌の栄養になるため、ニキビが悪化しがちです。

ニキビ肌の方、ニキビができてしまったときにはオリーブオイルでのスキンケアは控えてください。

クレンジングの注意点

オリーブオイルはお湯で簡単にオフすることができません。まずはティッシュなどで優しく押さえて油分を取ったり、蒸したタオルで優しく拭き取ってから洗顔します。

天然由来成分とはいえ、肌質に合わない可能性もあります。必ずパッチテストをしてから使うようにしましょう。


色々と嬉しい美容効果が期待できるオリーブオイルですが、美白を目指すにはこれ1本だけ、というわけにはいきません。

美白化粧品も合わせて、しっかり効果を高めていきましょう。美白化粧品は、ネットの口コミサイトを参考にすると気になる商品を見つけやすいですよ。

<オリーブオイル美容は美白やUV対策にも効果的!・まとめ>

  • 栄養豊富で抗酸化作用が期待できる
  • オレイン酸が肌に良くなじみバリア機能を高める
  • 毛穴の汚れを落とし、紫外線をカットする美白効果
  • オリーブオイルのパックや洗顔、クレンジングに
  • スキンケア用のオイルを使う
  • ニキビ肌には向かないので注意