50代女性のシミ消し!絶対抑えるべきポイントは?

50代,シミ対策

50代の方の多くがシミの悩みを抱えていて、自分なりの対策に取り組んでいることでしょう。

自分の肌との付き合い方も熟知しているため、新しいシミ対策を試すことにためらいがちですよね。


しかし今のシミ対策に少しプラスするだけで、シミ改善の効果アップが期待できる方法があるのです。

今回は、50代のシミ対策について紹介します。



50代の肌の特徴は?

50代の肌,特徴

年齢と共に肌の状態も変わります。50代の肌はどんな特徴があるのでしょうか?

乾燥しやすい

50代の肌は、保湿に必要な「セラミド」や「アミノ酸」が減少し、とても乾燥しやすい状態です。

また40代と比べて皮脂の分泌が5分の1まで減少し、油分が非常に少ないことも、乾燥の原因です。

乾燥した肌は角質が厚くなり、化粧水などの浸透力が下がるため、さらに乾燥が進んでしまいます。

女性ホルモンの影響を受けやすい

50代の肌には紫外線が原因のシミだけでなく、女性ホルモンが原因の「肝斑(かんぱん)」も出来やすくなります。

両頬の骨に沿って左右対称に出来る肝斑は、30~40代での発症が多いですが、50代後半までは注意が必要です。


また肌に大きな影響を与えるのが、45~55歳頃に迎える閉経です。

閉経後は女性ホルモンの分泌量が激減し、閉経の前後10年間(更年期)は体調が変化しやすくなります。


体調と共にメンタルを崩しやすい時期でもあるので、その不調が肌に表れてしまうこともあります。

<関連記事>:【肝斑に効く!】トランシーノの効果と副作用とは?


50代のシミがなかなか消えない原因は?

50代,シミの原因

50代になるとシミがなかなか消えないのは、どんな原因があるのでしょうか?

肌の生まれ変わりが遅い

50代のシミが消えない原因は、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)に長い期間を必要とするからです。

20歳頃の28日周期が理想のサイクルですが、50代になると75日(約2.5か月)もかかってしまいます。


ターンオーバーが遅いと、シミの原因となる「メラニン色素」が排出されにくくなります。

角質が厚く硬いことも影響し、50代の肌はメラニンが長く残りやすいため、シミが消えないのです。

バリア機能が低下

加齢にともなって肌が乾燥すると、外部からの刺激を防ぐ「バリア機能」が低下します。

50代の肌はバリア機能の低下によって紫外線などのダメージを受けやすく、シミが発生しやすい状態です。

バリア機能の低下はターンオーバーの遅れにも影響をおよぼすので、この点でもシミの原因となります。

抗酸化力が落ちる

シミは肌の老化の1つで、老化の原因には「活性酸素」と「抗酸化力」が関係しています。

活性酸素は体内に侵入した細菌などを酸化させて退治する役割があり、生命活動に欠かせません。


しかし紫外線や生活習慣の乱れなどで活性酸素が増えすぎると、健康な細胞まで攻撃してしまいます。

活性酸素の攻撃から健康な細胞を守るため、体内ではメラニンが大量に作られます。


メラニン自ら酸化されることで健康な細胞は守られますが、その結果シミの元が出来てしまうのです。

このように、活性酸素が増え過ぎると、肌にシミを作る原因になります。


そこで増えすぎた活性酸素を除去し、細胞の酸化を防ぐために活躍するのが「抗酸化酵素」です。

抗酸化酵素は体内で作られますが、40歳前後からは酵素の生成が減少し、不足してしまいます。


すると細胞の酸化を防ぐ「抗酸化力」が衰え、メラニンの生成を抑えられず、シミが出来るのです。

<関連記事>:アンチエイジングに効果絶大な酵素パワー


諦めない!50代のシミ対策のポイントは?

シミ対策,方法

50代のシミ対策は、長く続けられるケア方法を選んで、根気よく続けることが何よりも大切です。

美白美容液を取り入れる

スキンケア商品を急に見直すのは肌への刺激となり、バリア機能が低下した50代の肌には負担がかかります。

基礎化粧品は変更せず、シミに効く美白成分が配合された美容液やクリームを1点だけ追加しましょう。


美白美容液やクリームを選ぶ時は、「医薬部外品」と書かれた商品がオススメです。

厚生労働省が認可した美白成分が配合されている証なので、粗悪品を避けられます。


シミ対策に有効な美容液を見分けるには、商品の裏に書かれている、成分の記載方法にも注目してみましょう。

特定の成分を「有効成分」と記載するためには、一定の成分量が配合されている必要があります。


代表的な美白成分「ビタミンC誘導体」の場合は3%の配合が必要なので、成分の配合量が多いと分かります。

「ビタミンC誘導体」はメラニンを抑えるだけでなく、抗酸化作用もあるので、シミ対策に有効な成分です。


また50代のシミ消しの最大のポイントは、「根気よく続ける」ことです。

ターンオーバーには約2.5か月かかるので、サイクルが1周するまでは美白美容液の効果を判断できません。


高価な美容液は出費がかさむので、長く買い続けられる価格帯の商品を選び、最低でも3ヶ月は使い続けてみて下さい。

<関連記事>:【美白美容液】正しく使って美肌を目指そう!

ヒト型セラミドで保湿

50代の肌に必要な保湿成分は、「ヒト型セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などです。

特に「ヒト型セラミド」は、角質層の中にあるセラミドとの親和性が高く、水分を肌内部に保つ効果があります。


保湿することで肌のバリア機能が高まり、ターンオーバーが正常化され、シミの改善に効果的です。

また水分保持力が上がってメラニンが排出されやすくなると共に、美白成分が効果的にシミに届きます。


ビタミンC誘導体配合の美白美容液を使う場合も、成分の濃度が高いと乾燥しやすいので、保湿が重要です。

基礎化粧品を無理に変える必要はありませんが、新しい基礎化粧品を選ぶ時、この成分に注目してみると良いでしょう。

蒸しタオルで血行促進

50代の肌は、シミ対策の効果を実感するまでに時間がかかります。

少しでも早くシミが消えるように、ターンオーバーを促す手助けをしてあげましょう。


自宅で手軽に出来る方法は、洗顔後に「蒸しタオル」で顔の血行を促進することです。

蒸しタオルはタオルを水で濡らし、約1分レンジで温めるだけで作れます。


タオルを広げて少し冷ましたら、顔全体に乗せて2~3分待ちます。その後は入念に保湿を行ってください。

肌の血行が良くなるとターンオーバーが促され、メラニンが排出されやすくなります。


肌の代謝も上がるのでシミ対策だけでなく、くすみの改善やアンチエイジングにも有効です。

お金をかけずに長く続けられる経済的なシミ対策法なので、ぜひ取り入れてみてください。

<関連記事>:アンチエイジングに欠かせない必須美容成分



以上、50代のシミ対策について見てきました。

馴染みのある化粧品に少し手を加えて、継続してケアすることが50代のシミ対策に有効です。

年齢を重ねると肌の変化は避けられませんが、上手にシミと向き合っていきましょう。

<50代のシミ対策のポイントは?・まとめ>

  • 50代の肌は乾燥しやすく、女性ホルモンの影響を受けやすい
  • ターンオーバーに2ヶ月以上かかり、シミが消えにくい
  • 加齢と共に抗酸化力が落ちることもシミの原因
  • 今のスキンケアに美白美容液をプラスしてシミ対策を
  • 保湿成分は「ヒト型セラミド」が特におすすめ