日焼け止めの効果的な塗り方は?美白をあきらめない!

日焼け止め,効果的な塗り方

日焼け止めをただ塗っておけば、日焼けや肌トラブルを防げると思っていませんか?

間違った日焼け止めの塗り方だと、紫外線を十分にカットすることはできません。


日焼けによる肌トラブルを防ぐためには、日焼け止め効果を引き出す塗り方をする必要があります

今回は、日焼け止めの効果的な塗り方を紹介します。



日焼け止めの間違った塗り方は?

日焼け止め,間違った塗り方

日焼け止めの塗り方を間違えると、その効果が十分に発揮されません。

ここでは皆さんがやりがちな、間違った塗り方を見ていきます。

NG 1:一度だけ、すり込むように塗る

日焼け止めをサッと一度しか塗らないのは、効果的ではありません。

一度塗りだと塗りムラが出来てしまい、まだらに日焼けしてしまいます。日焼け止めは、二度塗りが基本です。


また肌に密着させようとすり込む塗り方は、逆にポロポロと日焼け止めが崩れてしまう原因になります。

日焼け止めが薄く伸びてしまい、UVカット効果の低下にもつながってしまいます。

肌の毛穴やシワに沿って、優しく叩くように伸ばさないと、日焼け止めの十分な効果が見込めません。

NG 2:塗る量が少ない

日焼け止めに表記されている効果を得るためには、1平方センチメートル当たり2mgの量が必要です。

顔に塗るなら、面積は約400平方センチメートルなので、800mgが適量になります。


800mgの目安は、クリームタイプならパール2個分、ミルクタイプなら500円玉くらいの大きさです。

適量より1/3程度少なく塗った場合、日焼け止めの効果は半分くらいまで落ちてしまいます。

NG 3:乾燥した肌に塗る

肌が乾燥していると、日焼け止めの十分な効果が期待できません。

メイクを行う前と同じように肌状態を整えないと、日焼け止めのノリやツキが悪くなるからです。


また肌が乾燥した状態で塗ると、日焼け止めがなじまず、崩れやすいです。

肌の乾燥はメイク崩れの原因にもなるので、土台に塗った日焼け止めも一緒に落ちてしまいます。

<関連記事>:乾燥肌×美白ケア、注意点やポイントは?

NG 4:外出の直前に塗る

日焼け止めは、塗った後に肌になじむことで、初めてその効果を発揮します。

肌になじむまでには30分程度かかるので、出かける直前に塗っても、すぐには効果がありません。

NG 5:こまめに塗り直さない

日焼け止めを塗った後、時間の経過とともにUVカットの効果は低下します。

汗をかいたり衣服などに擦れて日焼け止めが落ちると、さらに効果が下がってしまいます。

こまめに2~3時間おきに塗り直さないと、日焼け止めの効果を保つことはできないのです。

<関連記事>:日焼け止めが効かない!その原因は?おすすめの日焼け止めは?


日焼け止めを効果的に塗るためのポイントは?

日焼け止め,塗るポイント

日焼け止めを効果的に塗るためには、どんなポイントに気をつけたら良いのでしょうか?

ポイント1:正しい順番で日焼け止めを塗る

日焼け止めの効果を高めるためには、正しい順番で塗ることが大切です。


(1)化粧水

(2)日焼け止め   ←ここで使う!

(3)化粧下地

(4)ファンデーション


まずは化粧水で保湿することで、日焼け止めを肌になじみやすくします。

その後に日焼け止めを塗り、普段のメイクをしてください。


化粧下地を日焼け止めの後に塗ることで、ファンデーションのノリが悪くなるのを防ぎます。

最後にフェイスパウダーなどの粉で仕上げると、土台に塗った日焼け止めが崩れにくいです。

ポイント2:日焼け止めのタイプで塗り方を変える

日焼け止めのタイプによって、効果的な塗り方も変わります。

クリームタイプは硬めの質感なので、一度手のひらに出して伸ばしてから、反対の手の指につけます。


指につけたクリームを、左右の頬・おでこ・鼻・アゴの5点に置いてください。

頬やおでこは、置いたクリームをさらに細かく2、3つに分けてから塗り始めると、ムラになりにくいです。


塗り広げる際は、優しく叩くように、内側から外側へリフトアップするようなイメージでなじませましょう。

一方ミルクタイプは、指先に日焼け止めを出して、そのまま顔に5点置きして塗り始めてください。

このタイプは肌に吸収されやすいので、指から直接塗ると、手のひらで日焼け止めが吸収されるのを防げます。

ポイント3:肌のシワに沿って塗る

日焼け止めを塗る時は、肌のシワに沿って伸ばすのが、適切な方向です。

体の多くの部位は、横にシワが出来るようになっています。


手や足の甲は縦に塗りがちですが、シワは横にできるので、横方向に塗り伸ばしてください。

シワの方向を意識しないで塗ると、皮膚が無理に引っ張られてしまい、シワやたるみの原因になります。

適切な方向に沿うと肌への負担が少なく、日焼け止めが伸ばしやすいです。

<関連記事>:色白は要注意?日焼けしやすい肌質の方のための美白対策!



日焼け止めの効果を保つ!塗り直しの方法は?

日焼け止め,塗り直し

先ほど、2~3時間で塗り直さないと、日焼け止めの効果を保てないと説明しました。

つまり、外出先で日焼け止めを塗り直す必要があります。

どんな方法があるか、以下で見ていきます。

方法1:乳液でベースメイクを落としてから塗る

厚塗りにしたくない、崩れたメイクをキレイに直したい場合は、一度ベースメイクを落としましょう。

まずコットンに乳液を付けて、ベースメイクをふき取ってください。ポイントメイクは落とさなくてOKです。


きれいにふき取ったら、日焼け止めを塗ります。そのあと、メイクをやり直します。

乳液は油分が多いので、外出先でクレンジングとして使うことができます。


また乳液を使ってふき取るので、日焼け止めを塗り直す前に肌の保湿をすることができます。

しっかりメイクをしている方は、乳液を肌に置いて指で優しくなじませてから、コットンでふき取ってください。

脂性肌の方は、油分の多い乳液よりも、ふき取り化粧水を使ったほうが良いでしょう。

方法2:UVカットパウダーをメイクの上から重ねる

手軽に塗り直したい場合は、UVカット効果のあるパウダーがオススメです。

パウダーを使う前に、ティッシュで軽く肌を押さえて、汗や皮脂を取り除きましょう。


その後、パウダータイプの日焼け止めや、UVカット効果のあるパウダーファンデーションで塗り直してください。

メイクの上から重ねられるので、時間がない時や屋内で過ごす時に適した方法です。

汗や皮脂を除く際は、土台に塗った日焼け止めが落ちないように注意してください。

方法3:体の塗り直しにはスプレータイプを使う

スプレータイプの日焼け止めは持ち運びがしやすく、外出先での塗り直しに便利です。

スプレーは体の部位によって、使い方が少し違います。


手足には直接スプレーをかけ、その後手のひらで、大きく円を描くようになじませます。

は顔に近く、皮膚の薄いまぶたや粘膜にかかる可能性があるので、直接かけるのは避けてください。


使うときは、手のひらに出してから塗ってください。首になじませる時は、下から上に向かって広げましょう。

日焼け止めスプレーのメリットは、手の届きにくい背中や髪の毛にも、まんべんなく塗れることです。


髪や背中に塗るときは、10センチから15センチ離してスプレーします。必ず換気をして使って下さい。

スプレーという性質上、肌にかけただけでは、塗りムラができる可能性があります。

スプレーをかけた後は、手のひらでしっかりとなじませることが大切です。




以上、日焼け止めの効果的な塗り方を見てきました。

日焼け止めを適切に塗って、透明感のある美白を目指しましょう。

<日焼け止めをの効果的な塗り方は?・まとめ>

  • 日焼け止めを薄く塗ったり、乾燥した肌に塗るのは間違い
  • 塗り直しをしないと、日焼け止めの効果は保たれない
  • シワに沿って塗ると、肌の負担が少なく、伸びが良い
  • 塗り直す時は、乳液やUVカットパウダーを使う
  • 体の塗り直しにはスプレータイプが手軽で塗りやすい