もしかして肝斑?どうすれば消えるの?


「紫外線対策は充分しているのにシミができる」、「美白化粧品を使ってもシミが薄くならない…」

もしかするとそのシミは肝斑かもしれません。肝斑は、ふつうのシミ対策をしても中々消えないと言われています。


今回は、肝斑を解消するための効果的な対策を解説します。


肝斑ってどんなもの?


肝斑を解消するために、肝斑がどんなもので普通のシミとどこが違うのかを知っておきましょう。

肝斑って何?

肝斑はシミの一種ですが、おもに紫外線が原因でできるふつうのシミ(老人性色素斑)とは別のものです。

ふつうのシミは男性にも女性にもできますが、肝斑は女性に特有のシミです。


肝斑は30~40歳代で発症し50代後半くらいからはむしろ薄くなってきます。

ふつうのシミは紫外線や乾燥などの外部からの刺激が原因となりますが、肝斑は女性ホルモンが原因でできると言われています。

<関連記事>:顔のシミ取り、レーザー治療のリスク(副作用)について

肝斑の特徴は?

肝斑の最大の特徴は、顔の左右対称の部分に出ることです。

ほほ骨に沿うように出ることが多く、額や口の周囲に出ることもあります。


また肝斑によるシミは、薄い褐色のシミがモヤッと広がり、輪郭がはっきりしないという特徴もあります。

広い範囲に肝斑が出ると、サングラスをかけたときの日焼けのように目の周囲だけ白く抜けて見えることがあります。


ふつうのシミが肝斑の出やすい部分に出ることもあり、色も区別がつかないことがあるので、見分け方の肝心のポイントは左右対称に出ているかどうかです。

また、周期的に濃くなくなったり薄くなったりするのも、ふつうシミにはない肝斑の特徴です。

肝斑ができる原因は?

肝斑は女性特有のシミで、女性ホルモンが深く関係しています。

生理前に濃く、閉経後は薄くなる傾向があり、妊娠や避妊ピルの服用でも濃くなることもあります。


また、精神的なストレスや生活習慣の乱れ・寝不足などによる身体的なストレスも女性ホルモンのバランスを乱すため、肝斑の原因になります。

女性ホルモンの影響で肝斑が発症する詳しいメカニズムは分っていませんが、それによってメラニンを作り出す「メラノサイト」の活動を活性化する何らかの信号が発せられると考えられています。


また、紫外線は肝斑の直接の原因でないものの、紫外線に当たると肝斑もふつうシミと同様に濃くなります。


肝斑はどうやって治すの?


肝斑は治りにくいシミと言われていますが、正しい対策を根気よく続けることで改善することができます。

内服薬で治すのが基本!

肝斑はトラネキサム酸を配合した内服薬で治すのが基本です。

第一三共製薬から発売されている「トランシーノⅡ」がそれで、一般薬局で買えるOTC医薬品です。

トラネキサム酸は従来から止血剤、抗炎症剤として使われていた薬品で、風邪薬などにも配合されている成分です。


トラネキサム酸には、メラニンが生成されるはたらきを阻害する作用があり、肝斑を薄くする効果があります。

ホルモン剤ではないため、女性ホルモンの分泌に影響を与えることはありません。


1日あたり750mgを朝夕2回に分けて服用し、8週間続けるのが治療の1クールになります。

それ以上の期間連続して服用することはできず、再服用するには2カ月以上間隔を空ける必要があります。


美容クリニックでは医師の管理のもとに、より高用量のトラネキサム酸を2カ月以上の長期間にわたって処方することがあるようですが、一般の人が購入できるOTC医薬品をそのような方法で使用することはできません。

日本国内で販売されている肝斑治療用のトラネキサム酸配合薬は、トランシーノⅡ(第1類医薬品)だけです。


個人輸入で外国製品を購入することは可能ですが、国内では健康食品やのサプリメントとしての販売もありません。

<関連記事>:シミの種類、老人性色素斑の特徴や治療法は?

スキンケア化粧品でも消せる?

トラネキサム酸による肝斑の改善は、内服薬だけでなくスキンケア用品でも効果が期待できます。

トランシーノⅡを発売している第一三共製薬は、薬用スキンケアシリーズとしてトラネキサム酸を配合したクレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、UV下地、クリームを発売しています。


第一三共製薬以外にも多くのメーカーが、トラネキサム酸配合の美白化粧品を発売しています。

m-トラネキサム酸と表示しているメーカーもありますが、トラネキサム酸と同じものです。


メーカーによってはトラネキサム酸以外にも、美白効果があるアルブチンやビタミンC誘導体、4MSKなど、さまざまな成分を配合しています。

トラネキサム酸配合のスキンケア用品は内服薬と併用することができ、使用期間も内服薬のような制限はありません。

レーザー治療に注意!

一般的なシミ取りのレーザー治療は、肝斑の治療には使えません。

老人性色素斑などの治療に用いられるレーザーは出力が強いため、肝斑にあるメラノサイトに刺激を与え、悪化してしまう恐れがあります。


そのためシミ取りのレーザー治療を受ける際は、そのシミが肝斑でないかを見極めることが大変重要です。

最近はレーザーの出力を弱めた肝斑用のレーザー治療(レーザートーニング)がありますが、すべてのクリニックが対応しているわけではありません。

治療の前に皮膚科で受診

肝斑の特徴や見分け方を知っておくことは大切ですが、実際には肝斑か普通のシミか素人では区別がつかないことがあります。

肝斑を普通のシミと思い込んだり、普通のシミを肝斑と間違うと、治療やスキンケアの効果が出ないだけでなく、シミが悪化することもあります。


どちらか迷ったときは皮膚科を受診して診断してもらう必要があります。

<関連記事>:肝斑は、シミのレーザー治療では消せない!

肝斑を予防するには?


肝斑の治療に有効なトラネキサム酸は、日ごろ予防薬として服用することはできません。

紫外線対策をしても肝斑はできてしまいます。では、肝斑を予防するにはどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか?

ストレスを溜めない

肝斑のおもな原因は、女性ホルモンのバランスの変化です。

とくに周期的な変化以上のホルモンバランスの乱れは、肝斑の原因になります。


ストレスや睡眠不足、不規則な生活習慣、偏った食生活はホルモンバランスを崩す原因になるので注意しましょう。

過度の飲酒や喫煙もホルモンバランスを乱す原因になります。

紫外線を避ける

肝斑の原因は紫外線ではありませんが、紫外線にあたることで肝斑が表に現れたり濃くなったりすることがあります。

ふつうのシミの対策と同じように、十分な紫外線対策をすることが必要です。


紫外線以外にも乾燥肌などで肌のバリア機能が低下すると、外部からの刺激がきっかけになって肝斑が出ることがあります。

ふだんのスキンケアに注意して肌のバリア機能を高めておくことが、肝斑の予防にもつながります。


乱暴なクレンジングや洗顔、肌のマッサージなどの刺激も、肝斑が出る引き金になることがあるので注意しましょう。

<もしかして肝斑?どうすれば消えるの? まとめ>

  • 肝斑の原因は、女性ホルモンのバランスの変化
  • 肝斑はほほ骨や額、口の周辺に、顔の左右対称の場所にできる
  • トラネキサム酸を服用やスキンケアで取り入れることで、肝斑を改善できる
  • ストレスや生活習慣の乱れも肝斑の原因になる
  • 紫外線は肝斑の原因ではないが、紫外線を浴びると濃くなる