40代のためのシミ美白化粧水、おすすめは?

美白化粧水,40代

毎日欠かさずケアをしていても、40代になると肌のシミやくすみが段々と目立ってきます。

「高価な美白化粧水を使っているのに、中々効果が実感できない…」という人は、自分に合った化粧品を選べていないのが原因かもしれません。


美白化粧品に含まれる成分には、それぞれ違った働きがあり、自分の目的に合ったものを選ぶ必要があります。

今回は美白に効果のある成分と、それを踏まえた美白化粧品のおすすめランキングを紹介します。


40代の美白化粧水、この美白成分をチェック!

40代,美白成分

美白成分と聞くと、単純に「使うと肌が白くなるんでしょ?」と思いますよね。

しかし実は、美白成分は以下の3つのタイプに分けることができます。

  • シミができるのを防ぐ成分
  • できたシミを漂白する成分
  • 肌の代謝を促す成分


自分に合った美白化粧水を見つけるためには、どの成分がどんな働きをするのかを知っておくと便利です。

タイプ1:シミができるのを防ぐ成分

まず1つめが、「シミを予防する」タイプの美白成分です。

アルブチンやトラネキサム酸、プラセンタ、リノール酸などがこれにあたります。


シミの原因であるメラニンは、「メラノサイト」という組織で作られます。

肌が刺激を受けると色々な組織がそれに反応し、メラノサイトにメラニンを作るように命令を出します。



この「予防系」の美白成分は、これらの組織がメラノサイトに信号を送るのを阻止するため、新たなシミができにくくなるのです。

ただし、あくまで「予防」ですので、今あるシミに対しては効果がない成分もあります。

タイプ2:できたシミを漂白する成分

2つ目は、「シミを薄くする」タイプの美白成分です。

ハイドロキノンがこの代表例ですが、ビタミンC誘導体や、先ほど紹介したアルブチンにも、同じ作用が認められています。


これらの成分は、肌の細胞に色素沈着したメラニンに直接作用し、黒い色素を無色化します。

この働きはメラニンの「漂白」や「還元」とも呼ばれていて、シミだけでなく、くすみやそばかす、肝斑にも効果を期待できます。


タイプ3:肌の代謝を促す成分

3つ目は「肌のターンオーバーを改善する」成分で、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、レチノールなどがあります。

肌にできたシミは、肌の代謝(=ターンオーバー)を繰り返すことで徐々に薄くなります。


しかしこれが滞ると、シミが中々改善しないだけでなく、肌のくすみや乾燥、ゴワつき、毛穴の開きやたるみの原因にもなります。

このタイプの成分を肌にしっかり届けてあげることで、こういった肌トラブルが改善し、キメの整った明るい肌を目指せます。


ここでもう一度、美白成分の3つのタイプをまとめてみました。

一つの機能に特化した成分もあれば、ビタミンC誘導体やアルブチンのように、複数の機能を持ち合わせた成分もあります。

タイプ 美白成分
シミができるのを防ぐ成分 ・アルブチン
・トラネキサム酸
・プラセンタ
・リノール酸
できたシミを漂白する成分 ・ハイドロキノン
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
肌の代謝を促す成分 ・ビタミンC誘導体
・ヒアルロン酸
・レチノール


美白化粧品を購入するときは成分表示をよく確認して、自分の欲しい美白成分が入っているかを確認することが大切です。

自分に必要な成分を見極めて、本当に効果のある1本を見つけましょう!


40代のための美白化粧水、おすすめランキング

サエル(saeru)
サエル(saeru)

メーカー大手のポーラ・オルビスが開発した敏感肌用の美白ケア化粧品です。その実力は、数多くの女性誌でベストコスメとして特集されている程です。

美白・保湿・抗酸化作用のある美容成分と、独自の浸透技術の相乗効果により、乾燥しがちな40代女性の肌に潤いと透明感を与えます。30日間の返品保証付きなので安心してお試しできますよ。

トライアル価格:税込1,480円(約10日分、通常価格2,700円)
美白成分:アルブチン、トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K 他
商品構成:ローション20ml、クリーム9g、エッセンス10ml

アスタリフトホワイト
アスタリフトホワイト

エイジング化粧品で人気の「アスタリフト」から美白シリーズが誕生しました。フジフィルム独自で開発した「ナノユニット技術」によって、有効成分を角質内部まで届けさせることに成功しました。

美白成分にアルブチンやビタミンC誘導体の他、しわ・たるみに効果的なアスタキサンチンやコラーゲンを配合しています。

トライアル価格:1,080円(5日分)
美白成分:アルブチン、ビタミンC誘導体、アスタキサンチン、コラーゲン他
商品構成:先行美容液0.5g×10包、美白化粧水20ml、美白美容液5ml、美白クリ―ム5g、UVクリア美容液(下地)0.7g×5包 

ビーグレン(b.glen)
ビーグレン(b.glen)

コマーシャルなどの広告媒体には頼らずともランキング上位に君臨するのがこちらのビーグレンです。リピート率は大変高く、知る人ぞ知る美白化粧品といったところです。

国際特許を取得した高い浸透技術に加え、強力な美白成分ハイドロキノンを配合しているので、美白の効果が十分に発揮できます。365日の返金保証があるのも嬉しいですね。

トライアル価格:1,944円(7日分)、本体価格:25,380円(4点セット)
美白成分:ハイドロキノン、高濃度ビタミンC、シムホワイト377
美白構成:ホワイトローション、ホワイトエッセンス、ホワイトクリーム1.9、モイスチャーリッチクリーム


エファージュ
エファージュ
サントリーが提供するエイジング(※1)化粧品です。人気の秘密は独自に開発した「ラビス™」と呼ばれる酵母エキスです。 年齢肌のために開発された化粧品で、肌にハリを与えるとあって、40代以上の女性から特に高い評価を得ています。 

トライアルセットは2種類ありますが、美白(※2)タイプを選ぶと良いでしょう。 
※1:年齢に応じたお手入れのこと※2 :メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと

トライアル価格:1,300円(税別、送料無料、7日分)
美白成分:L-アスコルビン酸2-グルコシド(※)、酢酸DL-α-トコフェロール、酵母エキス(1)ほか(無香料・アレルギーテスト済み)
※:有効成分、無印;その他成分 
商品構成:ディープアクト エッセンス ピュアホワイト(薬用美白美容液、7.2ml)ほか計6点


ホワイトロジーエッセンス
ホワイトロジーエッセンス

40年以上の化粧品研究を続けてきたサンスターから、「追跡型」の美白美容液が発売されました。シミの元(酵素チロシナーゼ)の分解を促進する「リノレックスS」は、サンスター独自の美容成分です。

また、同時配合のグリチルリチン酸ジカリウムとトラネキサム酸が肌の炎症を抑え、紫外線などの刺激でシミができてしまうのを防いでくれます。さらっと伸びの良いクリームで、明るく透明感のある肌に仕上がります。

トライアル価格:900円(税別、送料無料、7日分)
美白成分:リノレックS、トラネキサム酸、グリチルリチン酸ジカリウム
商品構成:ホワイトロジーエッセンス7g、ホワイトロジーローション20ml、ホワイトロジークリーム5g


40代の消えないシミ、もしかして肝斑かも?

40代,肝斑

30~40代になって、急に目立つシミができた!という人はいませんか?

ほほ骨の辺りに、顔の左右で同じようなシミができている場合は、もしかしたら「肝斑」かもしれません。

肝斑とはどんなものか、詳しく見ていきましょう。

肝斑ってどんなもの?

肝斑は、ほほ骨の辺りに左右対称にできる特徴的なシミです。

目の下側にもやっと大きく広がったり、筆ですっと伸ばしたように細かったりと、人によって個人差があります。


額や口の周りまでシミが広がることもありますが、目の周りにはできません。

普通のシミ(老人性色素斑)と混在する場合も多く、気付かないでレーザー治療などを受けてしまうと、かえって肝斑が悪化してしまう事もあります。

肝斑ができる原因は?

肝斑ができる直接の原因は、女性ホルモンのバランスの変化だと言われています。

女性ホルモンの分泌がもっとも盛んになる30~40代、その中でも特に、妊娠中の人やピルを飲んでいる人は、肝斑ができやすいです。


またホルモンバランスの変化は、生活習慣やストレスとも深く関わっています。

不規則な生活や睡眠不足はもちろん、肝斑が治らないことで深く悩んでしまう事も、肝斑が悪化する原因になります。


肝斑は消えにくいシミですが、50代を過ぎてホルモンバランスが落ち着いてくると、自然に消えていきます。

しかし、だからと言って放置するのではなく、適切な方法でケアしてあげることが必要です。

<関連記事>:もしかして肝斑?どうすれば消えるの?

美白化粧水で肝斑は消せる?

肝斑の治療で皮膚科等にかかる場合、よく処方されるのが「トラネキサム酸」です。

内服薬として出されることが多いですが、化粧品から取り入れても、その効果を実感することができます。


肝斑の原因はホルモンバランスの変化だとお伝えしましたが、トラネキサム酸は女性ホルモンに対して作用する訳ではありません。

アルブチンやトラネキサム酸と同じ、「シミ予防」の働きをします。


「肝斑=トラネキサム酸」というイメージが強いかもしれませんが、他の美白成分は効果がないのかというと、決してそうではありません。

肝斑の後ろには普通のシミ(老人性色素斑)が隠れていることも多いため、これをケアする意味でも、美白化粧水でのスキンケアが重要になります。


40代からは本気のスキンケア!

40代・スキンケア

今までもそれなりに頑張ってきたつもりだったけど、実は自分のスキンケアに自信がない…という人はいませんか?

間違ったスキンケアは、肌を美しく保てないどころか、肌の老化を早める原因にもなります。


もう一度正しいスキンケアについて確認して、いつまでも若々しい肌を保ちましょう。

間違ったから洗顔から老化が始まる?

朝の洗顔や夜のクレンジングは、正しく行えていますか?

肌の油分やよごれを洗い流すために、長時間ゴシゴシとこすったり、洗浄力の強い洗顔料を使っている人は、今すぐやめましょう。


歳を重ねるにつれて肌は乾燥しやすくなりますが、こういった洗顔では必要な油分まで洗い流してしまうため、余計に肌が乾燥してしまいます。

朝はぬるま湯でさっとすすぐ程度に、夜のクレンジングも低刺激のものを使って、できるだけ短時間で済ませましょう。


また洗顔後すぐに保湿に入れるように、スキンケアグッズを手近なところに準備しておくことも大切です。

<関連記事>:【夏だけじゃダメ?】美白スキンケアは何月頃から始めるべき?

正しいスキンケアを一からおさらい!

洗顔後のスキンケアでは、化粧品を「水性(化粧水など)→油性(乳液・クリームなど)」の順番に使います。

化粧品の成分を効率よく浸透させ、閉じ込めるための順番ですが、これはできている人が多いと思います。


では、これ以外にも見落としやすいポイントを確認していきましょう。

まず化粧品を肌に乗せる前に、手をきれいに洗うことが大切です。


せっかく顔の汚れをきれいに落としても、汚れた手で化粧品を付けてしまっては意味がありませんね。

また顔のまわりの髪の毛を、すっきりとまとめておくことも大切です。


洗顔後の肌は、額や頬に毛先が触れるだけでも刺激に感じるほど、バリア機能が弱まっています。

ヘアバンドやクリップを使って、顔にかからないように留めておきましょう。

お肌の血行アップで若々しく!

先ほどターンオーバーの話をしましたが、これにはお肌の血行が深く関わっています。

肌の代謝では、新しい細胞が生まれることで古い細胞が外に押し出され、肌が入れ替わっていきます。


新しい細胞が生まれるには、酸素や栄養素が必要ですよね。これを運んできてくれるのが血液です。

肌の血行を良くするには、バランスの良い食事や規則正しい生活が欠かせません。


また体が冷えやすい人は、軽い運動をしたり、少し熱めのお風呂に浸かることも有効です。

顔をマッサージすることでも血行を改善できますが、肌を強く引っ張るとシワやたるみの原因になるため、マッサージクリームを使うなどして丁寧に行いましょう。


 40代のシミ化粧品、おすすめは?