【太陽を味方に!】紫外線の基礎知識



女性の美容・美白に紫外線の知識は欠かせません。紫外線は目に見えない光なので、思わぬところで後悔するようなダメージを肌に残します。

もちろん「夏の紫外線」だけを警戒しているようではいけません。


シミのない美しい肌を保つために、最低限これだけは知っておきたい「紫外線の基礎知識」をまとめました。


紫外線とは?



紫外線は、地球に降り注ぐ太陽光線の1種で、目には見えない光です。紫外線とはどんな光で、私たちにどんな影響があるのでしょうか?

紫外線はどんな光か

光は色によって波長が違い、人間の目には「波長が短すぎる光」も「波長が長すぎる光」も見えません。

目に見える光(可視光線)の中で一番波長が短いのが紫で、紫よりさらに波長が短いのが「紫外線」です。


逆に可視光線の中でいちばん波長が長いのが赤で、赤よりさらに波長が長いのが「赤外線」です。

紫外線も赤外線も目には見えませんが、人間や地球環境にさまざまな影響を与えています。

紫外線のメリット・デメリット

美容の面からは害が多い紫外線ですが、メリットもあります。紫外線のメリットは、その強力な殺菌作用です。

もし地球に降り注ぐ紫外線を完全にシャットアウトしたら、地球はカビやばい菌に覆(おお)われて人間がすめる環境ではなくなります。


紫外線の殺菌力は、美容室の器具消毒器やホテルのキッチンの殺菌灯などに利用されています。

デメリットは、殺菌作用の裏返しの「生物の身体を侵(おか)す作用」があることです。


人間にとっては、肌の老化(しわ・たるみ)・白内障・皮膚がんなどの原因になります。

日焼けで肌が黒くなるのは、紫外線の害から体を守る防衛システムです。しかし、そのために作られたメラニンが肌に沈着するとシミになります。

UVAとUVBの違い

紫外線の中でも比較的波長が長いのがUVAで、波長が短いのがUVBです。

「UVA」には瞬間的な破壊力はありませんが、障害物を通過する性質があり、人の皮膚に当たると表皮を通過して真皮層にまで届きます。


雲やガラスも何割かは通過するので、曇りの日や室内にも降り注ぎます。

「UVB」は、火傷(やけど)のような日焼けを起こす破壊力の強い紫外線ですが、障害物を通過する力が弱く、曇りの日にはほとんど地上まで届きません。


美容面で見ると、UVAもUVBも「日焼け」や「シミ」の原因になります。

違いはUVB と比較すると、UVAの方が肌の奥まで侵入して、少しずつ真皮層を老化させて「しわ」や「たるみ」の原因になることです。

<参考サイト>
UV-AとUV-Bの違いと影響|アネッサ(ANESSA)公式サイト

季節による紫外線の変化

地上に届く紫外線の量は、夏が多く冬は少なくなります。これは、紫外線が「大気を横切る距離」の違いによって生じます。

夏は太陽が高く上り、真上から紫外線が降り注ぐのに対して、冬は低い位置から、斜め方向から紫外線を浴びます。


道路を横断するときと同様で、まっすぐよりも斜めから浴びる紫外線の方が距離が長くなり、その分、冬の紫外線の威力は弱まります。

しかし弱くなると言っても、全くなくなるわけではありません。


UVBはオゾン層や大気圏を通る距離が長いと大きく削減されますが、UVAは障害物を通過しやすいので、冬でもかなりの量が降り注ぎます。

UVBは冬には夏の1/5程度になりますが、UVAは冬でも夏の1/3~1/2程度はあります。

<関連記事>
晴れの日よりシミができやすい?!曇りの日の紫外線は要注意!

日焼けには2種類ある



同じ日焼けでも、赤くなる場合と黒くなる場合がありますよね。この違いは紫外線の種類によるものです。

日焼けにはどんな種類があり、どのような違いがあるのでしょうか?

赤い日焼け・サンバーンとは

海水浴などでの赤い日焼けは、「サンバーン」と呼ばれるUVBが原因の日焼けです。

サンバーンは火傷(やけど)の1種で、炎症によって赤くなるだけでなく、水泡ができることもあります。


赤みが引くと、メラニン色素による黒い日焼けに変わります。

黒い日焼け・サンタンとは

サンバーンを起こさずに、いつの間にか肌が黒くなるのは「サンタン」と呼ばれるUVAが原因の日焼けです。

UVAはメラニンを発生させて黒い日焼けを作るだけでなく、真皮層にも侵入して肌を老化させて「しわ」や「たるみ」の原因になります。


サンバーンもサンタンも、メラニン増やす作用は共通で、どちらもシミの原因になります。

<関連記事>
日焼け止めが効かない!紫外線を浴びてないのに日焼けした!その理由は?

紫外線対策と日焼けしたときの処置



紫外線は予防することが重要ですが、シミなどの影響を残さないためには、浴びてしまった時の処置も大切です。

紫外線の予防と、日焼けしたときの処置では、何に気を付ければ良いのでしょうか?

UVAにご用心!

晴れた日のUVBには注意しても、つい油断しがちなのが、曇りの日や室内にも降り注ぐUVAです。

曇りの日でも、雲の厚さによって、晴れた日の3~8割のUVAが地上に降り注ぎます。家庭の窓ガラスもUVAの5割前後が通過します。


真皮層にも届くUVAは、ダメージが長期間にわたって少しずつ蓄積する、という点にも注意が必要です。

「生活紫外線」と言われる毎日少しずつ浴びるUVAは、長い期間をかけて肌の弾力を失わせ、しわを作ります。

状況合わせた紫外線対策をしよう

紫外線対策で大切なのは、「その日の天候や行動に合わせた対策をすること」と「短い時間でも対策を忘れないこと」です。

日焼け止めを塗るだけでなく、日傘や帽子、手袋、アームカバーなども活用しましょう。夏だけでなく、オールシーズン紫外線対策をする心がけも重要です。


すでに触れたように、紫外線の影響はすぐに現れるものばかりではなく、むしろ少しずつ蓄積していく影響の方が怖い、ということを忘れてはいけません。

SPF値・PA値の使い分け

日焼け止めクリームやファンデーションには、紫外線のガード力を示すSPF値・PA値が表示されています。

SPF値は、UVBのガード力を表すもので、SPF10~50+までの製品があります。


ふだんの生活ではSPF10~20の製品を、紫外線の強い日の屋外ではSPF30以上の製品を使うのが目安です。

PA値はUVAのガード力を表すもので、PA+からPA++++まで、4段階の製品があります。


ふだんの生活ではPA+またはPA++、紫外線の強い日の屋外ではPA+++が適当です。

SPFやPAの数値が高いものを使っていれば安心という訳ではありません。


ガード力の強いものは肌への負担も大きく、乾燥肌などの原因になるので、その日の天気や行動に合わせて使い分けましょう。

またどんなにガード力の強いものでも、時間の経過や汗で流れることで、効果が減少します。状況を見てこまめに塗り直すことも必要です。

<関連記事>
色白は要注意?日焼けしやすい肌質の方のための美白対策!

日焼けしたときの処置

日焼けで赤くなったときは、まず冷やすことが大切です。

冷やすことで赤み(炎症)が早く治まり、日焼け後にシミが残るリスクも小さくなります。


どちらの種類であっても、日焼けした肌は乾燥しやすくなっているので、十分保湿しましょう。

化粧水や美容液を塗った後に、乳液やクリームでカバーします。


日焼けした肌色を早く元に戻すには、ターンオーバーを促進してメラニンを排出することが必要です。

ターンオーバーを促すには、栄養面ではビタミンA・C・Eの摂取が効果的です。


生活面では、十分な睡眠と適度な運動、ストレスを溜めないことなどが大切です。

紫外線にはメリットもありますが、美容面ではやはり害が大きいですね。


特にUVAは、長年の間に肌を老化させるやっかいな紫外線なので、十分な対策が必要です。


お役立ちサイト

UVケアの化粧品、人気ランキング
ここでは、肌に優しく長時間使用できる、SPF30前後のUVカット化粧品を人気ランキング形式で紹介します。参考にして下さい。

<【太陽を味方に!】紫外線の基礎知識 まとめ>

  • 紫外線は目に見えない波長の短い光で、普通の光にはない破壊力がある
  • 紫外線には殺菌作用などのメリットもあるが、美容面では害が大きい
  • 紫外線にはUVAとUVBがあり、それによって起きる日焼けの種類などが違う
  • 夏だけでなく冬も紫外線対策は必須で、とくにUVAに注意が必要
  • 紫外線対策は天候や行動予定に合わせて、適切なレベルの対策をする