SPF、PAとは?(UVケア化粧品の基礎知識)



UVカットの化粧品や日焼け止めによく表示されている「SPF」や「PA」。UVカット化粧品だから紫外線に関係したことかなと思いつつ、いざ聞かれるとよく分からないという方が多いのではないでしょうか?

ここでは、紫外線カット化粧品の基礎知識である、SPF・PAについて解説します。


SPFって何?



UVケアの日焼け止め化粧品でよく目にするのが「SPF」という言葉です。

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で、紫外線防御指数(サンケア係数)ともいい、紫外線B(UVB)の影響をどのくらいの時間防ぐことができるのかを表わしています。UVBとは、肌が赤くなるサンバーンを引き起こす波長のことです。


通常、SPFは「SPF10」や「SPF50」といった数値で表示されています。この数字が高ければ高いほど、日焼け止め効果の持続時間が長いということになるわけです。日焼け止めは小まめに塗りなおすと良いと言われているのはこのためです。

しかし、SPFの数値は、日焼け止め効果の持続時間を表しているわけではありません。


日焼けするまでにかかる時間は個人差があります。10分で日焼けが始まる人もいれば20分かかる人もいます。SPFはあくまでも防御力の数値であり、SPF値×日焼けまでの時間=紫外線を防御する時間が算出できるのです。

【例】日焼けまで10分かかる人が、SPF30の日焼け止めを使うと・・・

10分×30=300分(5時間)

この場合、5時間ほど紫外線を防ぐ効果が期待できるということになります。

「じゃ、毎日SPF50の日焼け止めを塗っていれば安心だね」と思ってしまいますが、効果が高い分、肌への影響は大きくなりますので、注意しなくてはなりません。

紫外線の量は季節や天候によって変わりますので、その時々に合わせてSPF値を調整すると良いでしょう。短時間の外出ならSPF10~20、1時間から数時間の外出ならSPF20~30が安心です。


夏場の数時間以上の外出、野外でのスポーツには、SPF30以上を選ぶといいでしょう。海水浴やプールですごす場合は、ウォータープルーフタイプの日焼け止め化粧品がおすすめです。


PAって何?



SPFと並んで日焼け止め化粧品でよく目にするのが「PA」という言葉です。PAとは「Protection grade of UVA」の略で、紫外線A(UV-A)を防ぐ効果の程度を表わしています。UVAは、真皮層にまで届く波長で、シミやしわの原因となります

PAは「PA+」や「PA++」、「PA+++」の3段階で表示されており、紫外線Aを防ぐ効果は「+」が多いほど高くなります。つまり、PAが高いほどシミを防ぎやすいことになります。

現在はUVAによる肌への有害性が問題になっていますので、PAに注目して日焼け止め選びをされる方は増えてきています。

<関連サイト> UVA、UVBとは?(紫外線の基礎知識)

「PA++++」の日焼け止めが新登場!

今までPAの最大値は「+++」でしたが、2013年度の1月から新たに「PA++++」が取り入れられ始めました。紫外線カット力の強い商品を求める消費者ニーズに答える形で、日本化粧品好評連合会が設定したのです。

  • PA+  効果がある
  • PA++  かなり効果がある
  • PA+++ 非常に効果がある
  • PA++++ 極めて高い効果がある

PA++++の誕生は、日焼けから肌を守りたい私たちにとって頼もしい存在ですよね。とは言え、SPF値同様に、PAも場面に合わせて使い分けるのが良いとされています。

買い物や散歩など少しの外出であればPA+~PA++。外でのスポーツやレジャーならPA++~PA+++。真夏のレジャーやマリンスポーツならPA+++~PA++++と、予定に合わせて調整するのがおすすめです。


SPF、PAに関するQ&A


Q.日焼け止め効果を高めるには?

絶対に日焼けしたくない!という方は、ついつい数値の高い日焼け止めを選びたくなるかと思います。

しかし、数値が高いものは、やはり肌への負担が大きくなりますので、SPF30以上やPA+++以上のものは、夏場や海などのレジャー向けなど限定した使い方の方が良いと言えるでしょう。

日焼け止めは、汗などで流れ落ちてしまう場合もありますので、2~3時間ごとに小まめに塗りなおしてあげると効果が高まります。

Q.日焼け止めの使用量と塗り方のコツは?

顔に使う場合の目安としては、だいたい500円玉大です。顔全体に満遍なく塗れたら、余った分は首やデコルテまで塗り伸ばしましょう。その後、日焼けしやすいおでこや鼻、頬の高い部分は重ねづけしてあげると安心です。

女性の場合は、メイクの前に日焼け止めを塗るかと思いますが、面倒だからと化粧下地に日焼け止めを混ぜて仕上げるという方もいるのではないでしょうか。

この方法は、化粧下地の成分などによって、日焼け止め本来の効果を弱めてしまう可能性がありますので要注意です。手間でも、別々に塗るようにしましょう。

この章のまとめ

  • SPFはUVBから肌を守る防御力を表す
  • PAは、UVAを防ぐ効果の高さを表す
  • 数値が高い方が効果も増すが、肌への負担も大きくなる
  • 日焼け止めは数種類用意し、時と場合によって使い分けると良い
  • 日焼け止めは小まめに塗り直すこと、メイク前にしっかり満遍なく塗ることが大切


お役立ちサイト

UVケアの化粧品、人気ランキング
ここでは、肌に優しく長時間使用できる、SPF30前後のUVカット化粧品を人気ランキング形式で紹介します。参考にして下さい。