紫外線対策でシミを作らない!



シミの原因は色々ですが、一番の原因は言うまでもなく紫外線です。

シミができないようにシミ予防の対策としてUV対策が必要なのはモチロンですが、できてしまったシミがこれ以上濃くならないためにも、UV対策をする必要があります。


つまり、UV対策はシミがあるなしにかかわらず、女性であれば気を付けたいことです。

ここでは紫外線対策(UVカット)や、紫外線そのものについて簡単に紹介し、関連ページも併せて紹介します。

なぜ、紫外線でシミができるの?

紫外線を浴び続ければシミができる、ってことは皆さん当たり前のように知っていますよね。でも、そもそも、なぜ紫外線を浴びるとシミができるのでしょうか?

ここで簡単に解説したいと思います。


まず、紫外線がすごく人間のカラダにとって有害なことは聞いたことがある方も多いと思います。

紫外線が原因で皮膚ガンにもなる、なんて話もたまに聞きます。ですが、実際のところ紫外線を多少浴びたところで皮膚ガンになることは、まずありません。


それは、人間の皮膚が紫外線を防御する働きをしているからです。もう少し具体的に言うと、紫外線を皮膚に浴びると皮膚内で「メラニン色素」というものが作られ、メラニン色素が紫外線から皮膚を防御してくれるのです。

皆さんの中には、「メラニン=シミ」と勘違いしている方がいますが、このメラニンが作られなければ、もっとヒドイ事態になってしまいます。


このメラニンが皮膚の表面に、シミとなって現れるのです。

このメラニンの量が少なければ、肌のターンオーバーで近いうちにシミが消えるのですが、(紫外線を浴びすぎるなどして)メラニンが大量に作られる、いつまでもシミが消えない事態になります。

この話をもう少し詳しく知りたい方は、以下が参考になります。

シミの原因?メラノサイトとは?


UVA・UVBについて



上でも書いた通り、紫外線は本来、有害な光線です。ですが、詳しく見ていくと紫外線は3つのタイプに分けることができます。

UVAとUVB、そしてUVCです。このうちUVC波はオゾン層に阻まれて地球まで到達する事はありません。


ここでは、UVAとUVBについて簡単に説明します。

UVA(紫外線A)は、紫外線の実に9割を占めていて、これが主にシミ・しわの原因になります。これは、UVAが皮膚内の活性酸素を活発にさせるためです。

UVB(紫外線B)も美容への影響がありますが、それ以上に健康への影響があり、皮膚ガンや白内障、免疫力の低下につながると言われています。

UVA・UVBについて詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

UVA、UVBとは?(紫外線の基礎知識)

SPFとPAについて

UVカット化粧品のCMでよく使われるSPFについて簡単に解説します。まずSPFとは、Sun Protection Factorの略で、紫外線B(UVB)を防御する指数です。


SPF30、SPF50などと表記されますが、SPFに続く数値は紫外線から肌を守る防御力の高さを表している訳ではなく、効果の持続する時間を表しています。

SPFが1につき15分程度の効果があると言われています。つまりSPF25と50では、効果が2倍の時間違うという意味です。


一方のPAですが、こちらは紫外線A(UVA)を防御する働きを示しています。

PAの指数は、「PA+」・「PA++」・「PA+++」の3タイプあって、+が付くほど防御力は高くなります。


ただ、一点注意事項があって、SPF・PAの高い化粧品は紫外線吸収剤という化学物質が入っているケースが非常に多いです(詳しくは「紫外線吸収剤とは」を参照)。

よくテレビCMのUV化粧品(日焼け止め)で、「SPF50、PA+++」とアピールしてますが、確実に紫外線吸収剤などが配合されていて、長く使い続けることで、肌荒れの原因になります。特に敏感肌の方は要注意です。


SPFやPAについて、詳しくは下記を参照して下さい。

SPF、PAとは?(UVケア化粧品の基礎知識)


以下では、UV対策についての関連記事を紹介しております。

UV対策、関連ページ


おすすめのUV化粧品は?

ここでは、UVカット化粧品を紹介しております。
詳しくは以下。

 UVケアの化粧品、人気ランキング


一応補足をしておきますと、化粧品のランキングを見て、「どれもSPF50より小さいじゃない?どういうこと?」と思われた方もいるかもしれません。

上でも紹介しましたが、SPF50のUV化粧品はおおむね紫外線吸収剤・紫外線散乱剤といった化学物質を使用しています。そうした化学物質のせいでUVカットの力を高めているせいで、肌にあまり優しくないのです。


ドラッグストアに行けば、安くてSPF50のUV化粧品が沢山置いてありますけど、あまりオススメできないのが正直なところです。

では、「SPF50の日焼け止めは絶対に使わない方がいいか?」といえば、もちろん、そんなことはありません。

その代わり、使用を限定してほしいのです。たとえば、真夏の日中にテニスをやる場合は、SPF50、PA+++が望ましいです。(美肌のことを考えれば、そんな環境でテニスをしないのが一番ですが)。

要は、場面ごとにUV化粧品を使い分けるなどの工夫をしてもらえればと思います。


シミは一度出来てしまうと、中々なくならないと言う特徴があります。その為、シミはできる前の予防が非常に重要になります。「シミの原因の約80%は紫外線」と言われています。

ですから、まずは日焼け対策が必要不可欠と言っても過言ではありません。

外出するときはもちろん、ベランダに少し出るだけでも日焼け止めを塗っておきましょう。また日焼け止めは汗などで流れ落ちますので、こまめに塗りなおすことも必要となります。


「面倒だから」という理由で日焼け止めを怠ると、将来シミだらけの肌になるかもしれません。若いうちから、しっかりと日焼け対策をし、年齢を重ねても、シミの無い美しい肌をキープしましょう。