シミでお悩みの方へ



目元や頬などにできるシミで、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

シミは早ければ25歳を過ぎたころからでき始めると言いますが、シミで悩む女性の数がピークを迎えるのは、30代40代にさしかかった頃です。


ある企業が30代40代の男女に対してシミに関する調査をしてみたところ、「顔にシミがある」だけで実年齢よりも13歳は老けて見られてしまうという驚きの結果が出ました。

シミはメイクでも中々隠せませんし、13歳も老けて見られるんじゃすっぴんなんて誰にも見せられませんよね。

シミができたらどうすればいいのでしょうか。


もちろん、頑固なシミにはシミ化粧品でのケアが一番です。しかし、できれば費用を安く抑えて無理のない美白ケアを行いたいと考えている方も多いと思います。

そこで、ここでは安価だけどシミに効果有!と巷で騒がれている、手作り美肌水の作り方をご紹介したいと思います。


まずは美肌水の原液を作ります。
用意するものは、

・容器
・尿素・・・50g
・水道水・・・200ml
・グリセリン・・・小さじ1

尿素やグリセリン(日本薬局のものがおすすめ!)は薬局などで手に入ります。

これからご紹介するのは、美肌水の原液となるものですので、原液用と薄めた普段使い用のボトル2つ用意しましょう。


①200ml以上入るボトルに、尿素50gと水道水200mlをいれます。(水道水は防腐剤の代わりとなる塩素が微量に含まれておりますので、ここでは水道水を使用します。)

②尿素を溶かすためにボトルのふたを一旦しめて、シェイクします。

③尿素が溶けたらグリセリンを加え、しっかりと混ぜ合せましょう。


これで美肌水の原液は完成です。(冷蔵庫で保管すれば最大半年は使用できますが、できるだけ早めに使いきった方が良いでしょう。)

お顔に原液をそのままつけたら大変なことになりますので、ボトルにラベルを貼るなどして誰が見ても分かるようにしておきましょう。


では、ここからは待ちに待った美肌水の作り方をご紹介ます。

と言っても、原液を作ってしまえばあとは簡単!ただ使用目的によって水道水で薄めれば良いだけです。

●顔に使用・・・原液に対して10倍の水道水で薄めます。
●体に使用・・・原液に対して5倍の水道水で薄めます。
●足裏・ひじ・ひざ・・・角質の厚いところは原液をそのまま使用して大丈夫です。


美肌水の場合は、冷蔵庫保存で1ヶ月程度を目安に使い切るようにしましょう。この美肌水の良い所は、自分のお肌の状態によって濃度を変えられることです。

もしも刺激が強いと思ったらもう少し薄めて使用すると良いでしょう。

もちろん、人によって合う合わないはありますので、赤みやかぶれなど異常を感じたら使用を中止してくださいね。



下記では、シミに効くという食べ物から、自宅でできる簡単でお手頃な美白ケアまで、様々な美白に関する情報を載せていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

美白のお役立ち記事、関連ページ

美白化粧品を使用しても効果を感じない?


シミが気になる30代、本格的な美白化粧品を毎日のスキンケアに取り入れ始めたという女性も多いと思います。

しかし、スキンケアを全て美白ラインのものに変えたのに、「お肌が白くなるどころかシミが濃くなってしまった!」はたまた、「全然シミに効果ないじゃん!」と、美白化粧品を使ってがっかりされた方はいませんか。

実は、美白化粧品を使用した7割の女性は、そのように感じているんです。

使い切らずにお蔵入りにしてしまったという方も少なくありません。確かに、美白化粧品と謳っているのに、実際は美白効果のない商品も中にはありますが、多くの方の場合は美白効果を感じる前に使用を中止して諦めてしまっている可能性があります。


また、シミのないお肌の部分が徐々に美白されていったことでシミが引き立ってしまい、シミが濃くなってしまったと錯覚していることも考えられます。

ここでは、美白化粧品の効果についてお話したいと思います。その美白化粧品を1.2ヶ月程しか試してないという方はもしかしたら後悔するかもしれませんよ。


では、まずはシミのメカニズムから見ていくことにしましょう。

そもそもシミの原因と言えば、みなさんご存知の通り紫外線です。紫外線を浴びることで、シミのもとであるメラニン色素は発生してしまいます。


健康なお肌の場合は、ターンオーバーによってメラニンは垢として体の外へ排出されます。

でも、年齢を重ねるごとに肌の代謝は衰えますので、メラニン排出が上手くいかなくなりますので、メラニンは肌内部に溜まって、シミとなってしまうのです。


通常の美白化粧品は、メラニンを抑制する作用のあるものがほとんどで、シミのない健康な状態のお肌に最も効果的とされています。

つまりシミがある部分は、メラニンの産生が多くなっている状態なので、美白成分が届くまでに時間がかかってしまうのです。


美白化粧品を使っても、シミに対してすぐに効果がでないのはそのためです。

シミを薄くする効果に期待する方が多いのですが、美白化粧品はシミを予防する効果も絶大ですので、すぐに効果を感じられなくても使用を続けることが大事なんです。

最低でも、3ヶ月は使ってみてください。
シミはゆっくりではありますが、確実に目立たなくなってくるでしょう。


でもその変化は徐々に現れるので、自分ではあまり気が付かないかもしれません。

なので、美白化粧品の使用をスタートするときは、シミが気になる部分の写真を1枚撮っておくと、後々比較ができるのでおすすめです。美白化粧品の効果を実感できますよ。