シミの種類、炎症後色素沈着って何?


「UV対策は充分していたつもりなのに、何故かシミができてしまった」なんて経験はありませんか?

もしあるとしたら、それはいわゆるシミ(老人性色素班)ではなく、「炎症後色素沈着」かもしれません。


炎症後色素沈着は年齢に関係なく、思いがけない原因でできるので注意が必要です。

その原因と予防策、できてしまったときの対処法をお教えします。


「炎症後色素沈着」とは?


炎症後色素沈着とは、外部からの刺激で肌に炎症がおきて、メラニン色素の生産が過剰になってできるシミです。

英語名の頭文字をとってPITとも呼ばれます。


紫外線とは関係なく、何かの外部的な刺激で肌に(軽い)炎症が起き、それがメラノサイトを刺激することでシミができます。

炎症後色素沈着どんなもの?

炎症後色素沈着は、ニキビや虫刺され・火傷・擦り傷・かぶれなどの傷が治った後によく生じます。

アトピーなどのアレルギー性の皮膚炎の症状がおさまった後や、シミ取りのレーザー治療の後にも炎症後色素沈着が生じやすくなります。


顔以外の部分では、擦れやすい「ひじ」や「ひざ」の皮膚、ニキビができやすい背中の真ん中などによく炎症性色素班ができます。

お風呂で身体を洗うときにナイロンタオルで強くこするのも、炎症後色素沈着の大きな原因です。

炎症後色素沈着のメカニズムは?

炎症後色素沈着では、肌への刺激やダメージに反応したメラノサイト(色素を作る細胞)が、メラニンの生産を活性化させるためシミができます。

メラノサイトは紫外線に反応してメラニン色素を作るのが本来のはたらきですが、他のさまざま刺激に対しても反応してしまう性質があります。


また、いちど何かの刺激に反応すると、同じ刺激に過敏なり、なかなかメラニンの再生産が止まない性質も持っています。

作られたメラニン色素は、ターンオーバーによって排出されます。


しかし肌への刺激がくり返されてメラノサイトの活動が続いたり、あるいはターンオーバーが停滞してメラニンの排出がと滞ると、炎症後色素沈着が長引くことがあります。

洗顔やクレンジングが原因になることも

炎症後色素沈着は、洗顔やクレンジングで肌を強くこすることでも生じる場合があります。

スクラブ洗顔やふき取るタイプのクレンジングは、とくに炎症後色素の原因になりやすいです。


強いフェイスマッサージや毛抜きで眉毛やムダ毛を抜くのも、炎症後色素沈着の原因になることがあります。

皮膚を強くこすることは、シミだけでなく、シワやたるみの原因にもなります。洗顔やクレンジングは優しく行いましょう。

炎症後色素沈着はどうやって治す?


炎症後色素沈着でシミができてしまったら、どうやって治せばよいのでしょうか。

炎症後色素沈着ができてしまったら?

炎症後色素沈着のほとんどは、炎症が治まってメラノサイトの活動が落ちつき、作られたメラニン色素がターンオーバーによって排出されることで、自然に治ります。

治るまでにかかる時間は人によりますが、ふつうは3~4ケ月で解消します。


しかし、刺激をくり返すことでメラノサイトの活動が続いていたり、ターンオーバーが滞るなどで、症状が長引くことがあります。

炎症後色素沈着ができてしまった場合は、特別なケアをせずに自然に解消するのを待つというのも一つの選択肢です。


その場合は肌に新たな刺激が加わらないように、保湿やUV対策を十分に行なう必要があります。

過労、寝不足、ストレスなどもメラノサイトを活性化する要因になるので、心身に余計な負担を与えない生活習慣も大切です。


適度な運動も末梢血管のはたらきを良くしてターンオーバーを促進する効果があります。

なかなか治らない場合は?

炎症後色素沈着のシミがなかなか治らない場合は、ターンオーバーを正常化してメラニンの排出をうながすことが必要です。

ターンオーバーを促がすには、ビタミンCを摂取するなどの「身体の中からのケア」と、肌にトレチノインなどの有効成分を塗るスキンケアがあります。

炎症後色素沈着に効果のある成分は?

食べる(服用する)ことで炎症後色素沈着に効果がある成分は、ビタミンC、ビタミンA、などがあります。

肌に塗って効果がある成分には、ハイドロキノン、トレチノイン(ビタミンA)、ビタミンC誘導体などがあります。


ビタミンCは食物で摂取しても肌に塗っても、メラニン色素の合成に必要な酵素チロシナーゼの作用を阻害してメラニンの生成を抑制する効果があります。

ビタミンAはターンオーバーを促進するはたらきがあります。


食品で摂取するのも有効ですが、化粧品に含まれるトレチノインもビタミンAの1種で、ターンオーバーを促進して炎症後色素沈着を改善します。

ハイドロキノンは肌に塗る美白成分で、できたメラニン色素を還元・漂白する作用と、メラノサイトでのメラニン生産を抑制する作用の2つをあわせ持っています。


トラネキサム酸も美白成分として有名ですが、効果があるのは肝斑に対してだけで、ふつうのシミや炎症後色素沈着には効果がないため注意してください。


炎症後色素沈着を防ぐには?


炎症後色素沈着を予防するには、肌への刺激を避けてメラノサイトの過剰反応を誘発しないことと、肌のターンオーバーを正常化してメラニン色素を沈着させないことが重要です。

肌荒れや強い刺激を避ける

外部からの刺激に対する肌の抵抗力を高めるには、正しいスキンケアで角質層を整えてバリア機能を高めることが大切です。

肌が乾燥するとバリア機能が低下して、肌荒れや炎症をおこす原因になります。


しっかり保湿した後に乳液やクリームで肌の水分を逃がさないケアが必要です。

洗顔やクレンジングの際に肌を強くこすると、角質がダメージを受けバリア機能が低下します。


紫外線はメラニンを作る直接的な原因になるだけでなく、肌を乾燥させてさまざまな刺激に対する抵抗力を弱めるので、しっかりしたUV対策も重要です。

もちろん先ほど触れた、できてしまった炎症後色素沈着を早く解消するための生活習慣は、予防のためにも効果があります。

ニキビや傷跡にも、UV対策を

ニキビや傷跡に紫外線が当たると炎症後色素沈着ができやすいため、充分なUV対策が必要です。

日焼け止めクリームを塗れない場合は、日傘や帽子などを活用しましょう。


紫外線はシミの最大の原因なので、ダメージを受けた肌はとくに紫外線には敏感になっています。

<シミの種類、「炎症後色素沈着」って何? まとめ >

  • 炎症後色素沈着とは、肌の炎症の後にできるシミのことである
  • ニキビや虫刺され・火傷などの傷跡が、炎症後色素沈着の原因になる
  • 炎症後色素沈着は数か月で自然に治るが、ターンオーバーの乱れで長引くこともある
  • 炎症後色素沈着には、ビタミンAやビタミンC・ハイドロキシンなどの成分が有効
  • 炎症後色素沈着を防ぐには、肌荒れや強い刺激を避け、紫外線対策を行う