20代後半からのシミ予防の対策について



10代や20代のころは、少しくらい無理をしても全く肌には影響ありませんでした。むしろ不摂生をするのがカッコイイだなんて思ったいたくらいです。今考えるとなんて、恐ろしい事を考えていたのかとわが事ながらはずかしくなります。

20代も後半にさしかかり30代もすぐそこまで見えてくることになると、お肌にもかなり変化が現れてきます。

昔は夏の間どんなに日焼けをしても、冬にはキレイに消えていたシミやソバカス。あれ?なんかシミやソバカス増えたな~くらいに思っていても見かけよりもシミ予備軍が肌の奥で待ち構えている場合があります。そして、あるときを境に、グッと沢山のシミが肌に現れることもあります。

こうならないためにも、20代後半からは、しっかりとしたシミ予防の対策が不可欠です。ここでは大人、特に20代後半以降の女性のためのシミ予防について紹介していきます。


シミ予防の対策といって、真っ先に思いつくのが紫外線対策ではないでしょうか?もちろん、UV対策は何よりも重要です。(詳しくはUV対策化粧品のおすすめを参照)。ですが、それだけがシミができる原因ではありません

紫外線以外でシミができる原因として挙げられるのが、生活習慣の乱れ、栄養バランスの乱れ、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、色素沈着、加齢などが挙げられます。

ただし誤解のないように書いておきますが、紫外線と違って、これらがシミの直接の原因になる訳ではありません。ただ、これらが原因でお肌のターンオーバーが遅れ、結果としてシミができやすくなるのです。


では、一つひとつ対策をみていきます。まず生活習慣の乱れですが、主な原因として挙げられるのが睡眠不足です。特に睡眠時間が毎日異なると、どうしても睡眠の質が低下しますので、なるべく毎日寝る時間は合わせるようにしましょう。

同じく生活習慣の原因に入るものとして、ストレスが挙げられます。ストレスにも色々と原因があると思いますが、好き好んでストレスを溜めている人はいないと思います(特に人間関係のストレスの場合)。

そういう意味で、なかなか対策が難しかったりもするのですが、寝る前にヨガをやるなど、日々の習慣でストレス解消を取り入れたいところです。


次に、栄養バランスの乱れについてです。日々の食事でも立派にシミ予防の対策をできます。ビタミンAやビタミンC、抗酸化物質がシミ予防・シミ改善に効果的な栄養素と言われています。


ホルモンバランスの乱れは、生活習慣の乱れにより生理不順の場合もありますが、更年期や妊娠・出産が原因の場合もあります。対策としては一つには化粧品によるスキンケアがありますが、それ以外には食事によるシミ予防が効果的です(即効性はありませんが)。また、妊娠中の方は紫外線によるシミが特にできやすくなりますから、

いつも以上に紫外線対策を気を付けるようにして下さい。色素沈着は、肌のこすり過ぎが原因でおきる場合があります。詳細については、「シミ対策の洗顔方法」を参照して下さい。

また、色素沈着はニキビ(正確にはニキビ跡)が原因でできる場合もあります。詳細はニキビ跡・色素沈着を消すには?(外部ページ)を参照してもらえればと思いますが、この場合の予防法としてはニキビをできないようにするか、ニキビ跡として残らないように早めに対処するかです。


加齢についてですが、特に40代以降で肌に含まれるコラーゲン量が20代前半の半分にまで減少し、これに伴いターンオーバーの力も衰えます。対策としては上で紹介しているシミ予防の食材を積極的に摂取すること、また、コラーゲンドリンクやサプリメントを摂って、ターンオーバーの力を少しでも回復させることです。

最後に、シミ消しの化粧品も、シミ予防としても大きな効果を発揮しますので、それも併せて使ってみてもよいと思います。