美白に効果的!アスタキサンチン豊富な鮭のおいしいレシピ



魚類はヘルシーで健康に役立つ食べ物として広く取り入れられています。そんな魚の中でも鮭は美容効果が絶大な魚として知られているのです。

ここでは鮭が持つ美白効果についてご紹介しましょう。


鮭が美白に良いって知ってる?

鮭に含まれている「アスタキサンチン」という栄養素は様々な美白化粧品でも使われているためご存知の方もいるのではないでしょうか。

鮭といえばオレンジ色が特徴の身をしていますよね。ですが、実は白身魚なのです。


しかし、オキアミなどの餌を食べていく中でその餌に含まれているアスタキサンチンが体の中に蓄積し、サーモンピンクとも呼ばれる独特な色になります。

肌がくすんだりシミができる大きな原因はメラニン色素というものにあるのですが、アスタキサンチンは非常に高い抗酸化作用を持っており、メラニン色素の沈着抑制作用もあるのです。


アスタキサンチンが持っている抗酸化力は抗酸化作用が強いとして知られている栄養素ビタミンEの1,000倍ということもあり、かなりの効果が期待できます。

抗酸化作用があると肌の老化も防ぐことができるため、若々しく美しい肌を手に入れたいという方にとって鮭は非常に魅力的な魚だといえるでしょう。


美肌作りにも効果的!

美白効果だけでなく、美肌効果も大きいです。例えば、DMAE(ジメチルアミノエタノール)という成分が含まれているのですが、こちらは肌の新陳代謝機能でもあるターンオーバーを正常化させる働きを持っています。

それだけでなくたるんだ肌を引き締める働きも持っているため、鮭を食べれば若々しく美しい肌を目指せるでしょう。

健康や美容の分野で注目されているオメガ3という必須脂肪酸も含まれているため健康にも役立つ魚です。


鮭の美白効果をしっかり得るためのポイント



鮭が好きで食べているけれど、なかなか美白効果が実感できない…という方もいるはず。

鮭といえばお弁当やおにぎりの具としても定番の食材であるため、頻繁に口にする方も多いでしょう。たくさん食べているのに美白効果が得られないという方は食べ方を工夫してみてくださいね。

赤い身の鮭を探そう

先にご紹介したように白身の鮭がサーモンピンク色になるのはアスタキサンチンの蓄積によるものです。つまり、赤みの強い鮭にはそれだけたくさんのアスタキサンチンが含まれていることになります。

魚屋さんやスーパーで鮭を購入する際にはできるだけ赤みの濃いものを選びましょう。

継続して食べよう

アスタキサンチンは薬ではないため、鮭を食べたからといってすぐに美白効果が得られるわけではありません。継続して摂取することがポイントになるため、毎日の食卓に鮭が並ぶように献立を考えてみましょう。

職場や学校にお弁当を持って行っている方はおかずの一品を必ず鮭にするなどの工夫も取ってみてはどうでしょうか。


鮭の食べ方、おすすめは?


皮ごと食べるのがおすすめ

鮭の皮にはたくさんのコラーゲンが含まれています。それだけでなくDHA・EPAなども皮のすぐ下の脂質部分に含まれているため、皮ごと食べましょう。

新鮮な鮭の皮は生臭さもないので、おいしい商品を探してみてくださいね。

刺身で食べる

鮭に含まれている実薬成分であるアスタキサンチンは熱に弱いため、刺身で食べるのもおすすめです。鮭はあまり好き嫌いの別れない魚とは言われていますが、刺身だと独特の臭みが気になるという方もいるはず…。

そういった方はマヨネーズを付けてみたり、めんつゆをつけると食べやすく感じる方も多いようなので試してみてくださいね。

焼きすぎに注意しよう

美白目的で鮭を食べるのであれば焼きすぎには注意しなければなりません。なぜならば、鮭に含まれている美白成分であるアスタキサンチンは加熱し過ぎると失われてしまうからです。

うっかり魚焼きグリルから目を離してコゲコゲになっていたということがないようにしましょう。

また、アスタキサンチンはビタミンCと一緒に取り入れることにより効果が増すのでホイル焼きにしてレモン汁をかけるなどレシピにもこだわってみてはどうでしょうか。


美白効果アップ?おいしい鮭・サーモンレシピをご紹介!



鮭が美白に良いことはわかったものの、毎日食べるとどうしても飽きてしまう…という方はレシピを工夫してみてはどうでしょうか。定番の食べ方といえばムニエルや塩焼き、ホイル焼き、ちゃんちゃん焼きなどですよね。

ただ、これらの食べ方はすでに飽きてしまったという方もいるかもしれません。

そこで、おすすめの鮭のレシピについてご紹介します。

鮭の生春巻き

鮭の刺身は苦手だけれど生春巻きにすると食べられるという方も多いようです。

ライスペーパーを用意し、鮭とお好きな野菜をまきましょう。特に相性が良いのはアボカドときゅうりです。マヨネーズやレモン汁、サニーレタスなどを使ってボリュームを出してみてくださいね。


とてもヘルシーな一品であるため、ダイエット中で重いものはちょっと…という女性でも満足できるのではないでしょうか。

レモン汁にもビタミンCがたくさん含まれており、こちらも美白に役立ってくれます。ただし、ビタミンCは水溶性のビタミンであるため、その時にすぐに使われなかったものは尿として体外に排出されるので毎日継続して取り入れたいですね。

鮭の塩麹漬け

とても簡単なレシピです。塩麹小さじ2と白だし小さじ2をまぜ合わせたものに刺身用の鮭を入れ、一晩漬けるだけ。

おつまみとしても活躍してくれるメニューなのでぜひ試してみてくださいね。こちらも生鮭の生臭さが苦手という方でも無理なく食べられる一品です。


また、鮭はトマトとの相性も良いです。トマトにもリコピンが含まれており美白に効果的な野菜なので積極的に取り入れてみてくださいね。

例えば、焼いた鮭にトマト・玉ねぎ・キノコ・醤油・白ワインビネガー・コショウで作ったソースを添えるだけでもおいしい一品になります。


美白化粧品による外側からのケアも忘れずに!

鮭のおすすめレシピをご紹介しましたが、口から取り入れた美白成分は顔に集中するわけではありませんよね。美白効果をしっかり得たいと思っているのであれば美白化粧品を使ってみてはどうでしょうか。

美白化粧品であればシミが気になるポイントに対してピンポイントで成分を届けられます。

<アスタキサンチン豊富な鮭のおいしいレシピ・まとめ>

  • 鮭に含まれている「アスタキサンチン」は優秀な美容成分
  • 鮭は美白効果だけでなく、美肌効果も大きい
  • 赤い身の鮭を選びあまり加熱せずに食べるのがポイント
  • 美白効果をしっかり得たいなら美白化粧品がおすすめ