シミ対策の基本は保湿にあり!美白を高めるお肌の潤わし方



紫外線対策もしているし、美白化粧品を使っているのに、やっぱりシミが目立ってしまう・・・そんなときには保湿を見直してみてください。美白と保湿は密接には深い関係があります。

毎日の肌ケアで美白を目指すなら必ず知っておきたい保湿の重要性について、その理由や、保湿しながら美白が可能な美容成分、美白力を高める保湿法について紹介します。


シミ対策をする上で保湿が重要な理由とは


潤いが紫外線から肌を守る

シミ対策に保湿が欠かせない理由として最も大きいのは「角質層の潤いは肌のバリア機能を担っている」という点です。適度な潤いがある肌はプルプルとハリがあるというだけでなく、紫外線などの外的ダメージからしっかりと守られています。

しかし乾燥した砂漠のような状態の肌では、紫外線へのバリア機能が働かずに、そのまま肌の深部までダメージを受けやすくなります。ニキビは悪化しやすく、ニキビ跡が沈着してシミとなってしまうリスクもあります。

乾燥が角質層を厚くする

乾燥した皮膚では、角質がスムーズに剥がれずにどんどん厚く硬くなっていき、ターンオーバーは遅れがちです。こうして肌の透明感がなくなり、シミができやすくなるだけでなるだけでなく、硬い肌には美容成分を塗っても肌内部まで浸透しにくくなってしまいます。

化粧品の効果をしっかり得るためには、充分に肌を潤おしておく必要があるのです。エステサロンで美白コースを選ぶと、施術の前に肌のコンディションを整えていくのが一般的です。これは、美容成分をよりしっかりと浸透させるために欠かせない準備なのですね。

充分に保湿をして肌を潤すことは、バリア機能を高めて紫外線対策となり、またターンオーバーの促進にもつながって、シミを予防、改善していきます。これらの点から、シミ対策には保湿が欠かせないのです。


保湿力をアップさせる美容成分とは


美白で肌が乾燥する?

シミ対策のためにはまず保湿、ということは分かりましたが、「美白化粧品を使うとどうしても乾燥してしまう」という声も聞かれます。これは決して気のせいではなく、美白化粧品に含まれる美白成分の特性に関係しています。

美白成分の色々な作用のなかに、角質の結びつきを弱めて、角質が剥がれやすくすることで新陳代謝を促し、メラニン色素を排出するというメカニズムがあります。このなかの第一段階である「角質の結びつきが弱まった状態」は肌ダメージを受けやすく、乾燥を招いてしまうのです。

美白と保湿用、複数の化粧品を使うのもアリですが、できれば美白しながら保湿もできる商品であれば安心ですよね。ここでは保湿力が高まる美容成分をいくつか紹介します。美白化粧品探しの際には、これらの保湿成分も意識して選んでみてください。

セラミド

最もポピュラーな保湿成分のひとつです。角質の細胞間に存在し細胞同士をつなぎ合わせているセラミドは、スポンジのような性質を持ちます。必要な水分や油分を溜めこんで潤いを維持すると同時に、肌バリアとして機能します。

潤いつつハリのある、健やかな肌に欠かせない物質です。

アルギニン

天然保湿因子と呼ばれるアルギニンは強い力で水を吸着し、アミノ酸のなかでも抜群の保水力があります。ハンドクリームなどによく尿素が配合されていますが、肌内部のアルギニンは酵素によって尿素へと変換され、潤ったプルプル肌を作ってくれます。

コラーゲン



肌に弾力を与える成分として知られるコラーゲンは、肌細胞の実に7割を構成する重要なものです。コラーゲンは、同じく高い保水力を持つヒアルロン酸の保持にも関係しており、コラーゲンが減少すればヒアルロン酸も減り、肌の乾燥が進んでしまいます。

酸素や栄養素の供給、老廃物の排出にも関係し、シミ改善だけでなく美肌に欠かせない成分です。

ヒアルロン酸

ずば抜けた保水力を持つヒアルロン酸は、保湿機能だけでなく、細胞間脂質と一緒に肌バリアとしても働きます。ヒアルロン酸が足りないとシワやたるみを招き、ダメージに弱い肌を作ってしまいます。

リピジュア

コンタクトレンズの保存液に使われるリピジュアは、細胞膜を構成するリン脂質様の物質であり、塗布することで肌細胞を潤いのベールで包んでくれます。その保湿力はヒアルロン酸の2倍と言われます。

プロテオグリカン

コラーゲン間に存在し水分や栄養を蓄えるプロテオグリカンには、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力があります。ターンオーバーを促す作用でも、シミ改善をサポートします。


美白を高めるお肌の潤わし方をご紹介!


保湿と美白の順番に注意

潤っていない肌では美白化粧品が浸透しにくいのですから、まずは保湿をしてから美白成分を浸透させる必要があります。化粧水で保湿をした後に美白化粧品を浸透させ、その後乳液やクリームなどで油膜を作りましょう。

美白化粧品の前に油膜を作ってしまっては、美白成分を充分に浸透させることが難しくなります。「化粧水→美白化粧品→乳液、クリーム」の順での使用が基本です。


乳液の後に美白作用のあるクリームを使うのもいいですね。大切なのは、保湿だけ、美白だけと偏ることなく、双方をバランスよく取り入れること、美白の前に保湿をすることです。

こういった毎日のケアを継続することでシミが少しずつ排出されていき、目立たなくなったという体験談が聞かれます。

朝は保湿、夜は美白に重点

美白成分をつけた肌が紫外線を浴びると、まだらに日焼けしてしまうなど肌トラブルを起こしがちです。美白化粧品でのお手入れは夜に行い、朝は保湿に重点を置いて、UVケアでシミを予防します。

朝は慌ただしく肌ケアも急いでしまいがちですが、化粧水は2度以上塗布、手のひらで温めながら化粧品を使う、できれば保湿ケアに15分以上かけるなど、ちょっとした手間をかけることで効果が表れてきます。

生活習慣でも美白効果

美白肌を目指すときには、生活習慣の見直しも欠かせません。ターンオーバーを促す成長ホルモンは睡眠中に最も分泌量が増えます。毎日だいたい同じ時間に就寝し、睡眠時間をしっかり確保しましょう。

口にする食べ物もまた、肌の栄養になります。コラーゲンをたっぷり含む手羽先や軟骨、乾燥を防いでくれるニンジンや卵、サーモンやナッツ類がおすすめです。糖分の摂り過ぎは逆に乾燥を促進します。甘いものだけでなく、ご飯や麺なども糖が多いので、食べ過ぎに注意します。


このような潤わし方を意識しつつ、先に挙げたような保湿成分にも注意して、自分に合った美白化粧品を探してみてください。ネットの口コミサイトを使うと、情報が豊富で便利です。

<シミ対策の基本は保湿にあり!美白を高めるお肌の潤わし方・まとめ>

  • 潤いが肌を守り、新陳代謝をスムーズにする
  • 美白化粧品の成分のなかには乾燥しがちなものも
  • セラミドなど保湿成分が入った美白化粧品がおすすめ
  • 化粧水→美白成分→乳液、クリームの順番
  • 朝は丁寧に保湿、夜に美白化粧品でのケア