顔のシミ取り、美容外科と皮膚科、おすすめは?



年をとるごとにいつのまにか増え濃くなっていくシミは、だんだんと化粧で隠すのも大変になってきます。「病院でシミ取りを受けてみようか」と考えたことがある人もいると思います。

そこで悩むことになるのが「シミ取りは美容外科?皮膚科?どちらの病院に行けばいいのか」ということです。治療内容や、レーザー治療への不安もあると思います。

そこで、美容外科と皮膚科の違いはどんなところにあるのか、シミ取りをするならどちらがいいのか、レーザー治療のリスクについて触れながら、まとめていきます。


美容外科と皮膚科の違いって?


美容外科とは?皮膚科とは?

美容外科とは、外科手術を用いて顔立ちや体のラインといった「造形」を、美容目的のために修復する医療施設です。具体的には、二重瞼のための手術や、鼻を高くしたり、顎を細くする、脂肪を吸引するといった手術を行います。

ヒアルロン酸やボトックス注入といったプチ整形や、シミ取りのレーザー治療なども取り扱いますが、主に扱うのは外科手術です。


一方皮膚科は、肌のかゆみや湿疹、イボ、水虫、アザ、ニキビや肌荒れなどの皮膚疾患を治療するところです。内服薬や外用薬の処方を中心に行います。

近年では「美容皮膚科」の看板を掲げる皮膚科が増えつつあり、皮膚科の疾患診療にプラスして、美容目的のための治療を受けられる場合があります。こういった施設では、ヒアルロン酸やボトックス注入なども行われています。

美容外科と皮膚科の違い① 専門分野

皮膚科の専門は皮膚疾患です。肌のプロである皮膚科医がいるという安心感は、シミ治療を受けていても何かと相談しやすかったり、万が一の肌トラブルにも対応してもらえる、という安心感があります。

一方美容外科の専門は美容外科手術です。肌だけを専門に扱うわけではなく、美容外科の扱う分野はより広くなります。肌トラブルに関しては皮膚科医ほど専門性が高いわけではありません。

美容外科と皮膚科の違い② 施術跡



美容外科の目的は「形状を戻すこと」であり、治療跡の美しさが重視されます。一方の皮膚科の目的は疾患を治すことで、ほとんどの場合治療跡は重視されません。

治療方針や医師のスキルにもよりますが、治療跡のきれいさにおいては、美容外科が最も期待でき、続いて美容皮膚科、皮膚科というのが一般的です。

美容外科と皮膚科の違い② レーザー機器の種類

シミ治療に使用するレーザー機器の種類は、一般的に皮膚科よりも美容外科の方が多いでしょう。治療法の選択肢が増えますし、取り扱う症例数も多くなります。ただし、その内容は施設により様々です。

同じ看板を掲げていても美容分野への注力度や経営状態により、最新のフォトフェイシャルを扱うところもあれば、旧式のレーザー治療機を使い続けるところもあります。

料金の違いについて

「皮膚科は健康保険が適応されるから美容外科よりも治療費が少なくて済む」という印象がありますが、美容目的のシミ治療は保険適応外となるため、治療費にそれほど大きな差が出ないこともあります。

とはいえ切開手術など施術内容によっては、美容外科での治療が高額になる可能性はありますし、美容外科では治療後に高額なケア化粧品を勧められる「営業」があるところは多いです。


また、美容目的の治療でも内容によっては保険適用になる場合があったり、割引のキャンペーンを行っていることがあるので、しっかり確認したほうがお得です。


シミ取りするならどっちがおすすめ?


皮膚科と美容外科の線引きが曖昧に

上記のような美容外科と皮膚科の違いを踏まえると、料金がさほど変わらないのであれば、>治療法や治療機器の選択肢が多く、さらに治療跡を目立たないようにしてくれる美容外科の方がおすすめ、という考え方もできます。

これまで「美容目的の治療は美容外科」という傾向があり、例えば最先端医療を扱う大学病院の皮膚科であっても、美容機器については古いものしか置いていないのが一般的でした。


しかし近年、皮膚科の美容分野への進出が進みつつあり、皮膚科と美容外科との線引きは曖昧になってきています。美容皮膚科で最新機器を扱うところもあれば、美容の看板を掲げていても美容分野について医師が不勉強で、納得できる治療結果が得られないケースも見られます。

診療を受けてみる

満足できる結果を得るためには、治療場所の検討に手間をかけるのがおすすめです。まずは皮膚科でシミの症状や状態を詳しく聞いたうえで美容外科を訪れ、どんな治療ができるのか比較するという方法もあります。

手間と時間はかかりますが、それぞれで診察を受けることで、医師の説明内容や治療姿勢、使用機器の状況や安心感など、自分の目で確かめられるメリットは大きいですね。


レーザー治療にもリスクはある・・・


レーザー治療でシミが改善しないことも?

レーザー機器での治療は、どの施設で受けたとしても「100%安全」ということはありません。順調にシミが消えたという声もありますが、なかには「レーザー治療をしたら肌状態が悪化した」「逆にシミが濃くなってしまった」という悲しい体験も聞かれます。


また、レーザー治療後の肌はバリア機能が低下しており、紫外線対策を徹底しなければなりませんし、使用機器によっては、赤みや腫れが引くまでのダウンタイムが長引くこともあります。仕事の都合上ダウンタイムは困る、という方は少なくないでしょう。

皮膚表面のシミはレーザーで焼きとることができても、より深部に潜んでいるシミの元は取りきれきず、定期的に通院してシミを薄くする必要があります。その結果治療費がかさむケースもあるでしょう。

レーザー治療以外のシミ取り法は

シミ取りに用いられるのはレーザーだけではなく、美白成分を塗布するという選択肢があります。皮膚科で処方されるトレチノインやハイドロキノンなどが代表的ですが、これらは効果が高い分、肌へのダメージも大きくなり、敏感肌では使用が難しい場合もあります。

レーザー治療も病院処方の美白成分もそのリスクが怖い・・・という場合、ホームケアで美白化粧品を使ってケアしてみましょう。安心して使い続けられ、かつ効果がある美白化粧品は、インターネットの口コミサイトで探してみましょう。

<顔のシミ取り、美容外科と皮膚科、おすすめは?・まとめ>

  • 美容外科は美容目的の外科手術中心
  • 皮膚科は疾患治療が主だが、美容皮膚科も増加中
  • 専門分野や仕上がり、使用機器に違いがみられる
  • 近年美容外科と皮膚科の線引きはあいまいに
  • 治療場所選びには時間をかけ、慎重に
  • レーザーのリスクが心配なら美白化粧品でのケアを