シミのレーザー治療、炭酸ガス(Co2)レーザーについて



盛り上がって見えるシミは目につきやすく、気になりますよね。この盛り上がったシミに効くと言われるのが、炭酸ガス(Co2)レーザーです。レーザー治療を受けたことがない方は、どんな治療法なのか、なかなか想像がつきにくいのではないでしょうか。

よく分からないから、とそのケアを医師に任せきりにせず、大切な自分の肌には、自分で責任を持つ必要があります。

炭酸ガス(Co2)レーザーとはどんなシミ治療法で、どのような効果があるのか、施術法や副作用のこと、注意点について学びましょう。


炭酸ガス(Co2)レーザーってどんなシミ治療?


皮膚組織を削り取って再生させる

炭酸ガスレーザーは、Co2、つまり二酸化炭素を媒介して、赤外線領域の連続波・高出力パルス波を作り出すレーザー治療機器です。

そのレーザー光には、「色に関係なく無差別に吸収される」「水に吸収されやすい」という特徴があります。これによりレーザー光のほとんどを、皮膚組織内の水分へと吸収させることができます。


吸収時、一瞬にして熱エネルギーが発生し、治療したい皮膚組織を気化・蒸散させることで良性の腫瘍を削り取ります。そのため炭酸ガスレーザーは、「レーザーメス」とも呼ばれます。

血液も瞬間的に凝固するため出血はほとんどありません。削り取られた表皮では、治癒力によって1~2週間でコラーゲン繊維や毛細血管とともに表皮が再生し、美しい肌へと生まれ変わらせることができます。

盛り上がりのあるシミを除去

水を含んだ組織を瞬間的に蒸散させる炭酸ガスレーザーは、隆起のある組織をピンポイントで除去するのに最適です。そのため美容分野では、ホクロやイボ、ウオノメ、タコ、脂漏性角化症(老人性疣贅)など盛り上がりのあるシミやニキビの治療に利用されます。

まぶたや目の周辺にできやすいブツブツした皮疹や稗粒腫、中年以降の男性に多い丘疹や小結節なども、他の治療法と合わせて炭酸ガスレーザーが役に立ちます。


外科手術分野ではレーザーメスとして、内科的にはいびきや無呼吸症候群の治療に、工業分野では加工や切断、穿孔、溶接などに利用されています。

なお炭酸ガスレーザーを用いる際には、その腫瘍が悪性でないことを確認、診断することが前提であり、悪性腫瘍の疑いがある場合には、病院で皮膚生検などの検査を受けることになります。

炭酸ガスレーザーのメリット

炭酸ガスレーザーによる施術には、以下のような特徴的なメリットがあります。

  • 治療が短時間で済む
  • 皮膚表面を均等、正確に切除することが可能
  • 傷跡が小さくて済む
  • 出血がほとんどない
  • 施術当日から入浴、洗顔可能


炭酸ガス(Co2)レーザーの施術について


施術の流れ~アフターケア

まずは診察、カウンセリングを行い、治療方針や治療内容の説明を受けます。この時に「こんなことを聞いたら怒られるだろうか」と思わずに、疑問や不安な点について医師やスタッフに質問し、納得しておくことが大切です。

承諾書類にサインしたら早速治療になります。記録用として施術前の写真を撮影しておくのが一般的です。浅いシミの場合にはクリームや氷で皮膚表面を麻痺させて、深いシミでは局所麻酔を使用してからレーザーを照射します。


施術そのものの時間は、シミの大きさや数にもよりますがだいたい5~10分程度です。施術後は患部の乾燥を防ぐため、軟膏を塗布してテーピングし、アフターケアの説明を受けます。1週間後~2週間後に皮膚の再生状態を確認していきます。

洗顔やシャワーは当日から可能、メイクもテーピング部分以外はOKです。とはいえ、濃いメイクや刺激の強い化粧品の使用はしばらく避けるようにします。入浴後にはテープを剥がして軟膏を塗り、またテープを貼って過ごします。


うまく処理できていればカサブタは出来ず、出来た場合には無理に剥がさず、自然に剥がれるのを待ちます。

施術後の肌は敏感になっているため、できるだけ患部への刺激を避け、紫外線対策は欠かさないようにします。気になる腫れや赤みなど異常がある場合には、すぐに受診するようにしましょう。


炭酸ガス(Co2)レーザーのリスク・注意点は?


炎症後色素沈着が起こる可能性

レーザー照射では高熱が生じるため皮膚に炎症が起き、施術した約半数の方には炎症後に色素沈着が発生しています。治療対象のシミそのものは術後2週間程度で改善しますが、炎症後色素沈着は赤~茶色のシミとなって、消失までには半年~1年程度かかります。

トレチノインやハイドロキノンといった美白成分の外用薬や、ビタミンCの内服などで色素沈着の予防が行われますが、決して低くない確率でこのような赤みが起こり、体質によって腫れる場合もあることを覚えておきましょう。

ほくろが再発するケースも

除去すべき細胞を取り切れず、術後から1年ほどの間にほくろが再発するケースが、10%程度の確立で起こります。

炭酸ガスレーザーが出来ない方

ケロイド体質の方、患部で感染症や炎症を引き起こしている方、重度の糖尿病の方は炭酸ガスレーザーの施術を受けることができないため、注意が必要です。

痛みはほぼないとされますが、なかには火傷後のようなヒリヒリ感があるという方もいます。治療後の色素沈着のことや、紫外線対策のことなど、しっかり医師から説明を受けていないと不安になってしまうこともあるでしょう。


不安が少ないよう、信頼できるクリニックを選んで施術を受けることが大切ですが、その前に、本当に自分のシミに炭酸ガスレーザーでの施術が必要かどうかを検討するようにしてください。

まずは美白化粧品を使ってみてシミの様子を見るという選択肢があります。自分の肌悩みや肌質に合った化粧品は、口コミサイトで探すと良いでしょう。

<シミのレーザー治療、炭酸ガス(Co2)レーザーについて・まとめ>

  • 二酸化炭素を使ったレーザー光で皮膚を削り再生する
  • ホクロや老人性のシミなど盛り上がったシミ除去に最適
  • 正確に、少ない傷で治療できる
  • 当日すぐに治療でき1~2週間で新しい肌になる
  • 炎症性の色素沈着や再発のリスク
  • まずは美白化粧品でシミを改善するのがおすすめ