40代女子!顔のシミを消す方法は?

最近の40代の女性は、お洒落で若くみえる方が多いですよね。でもシミに関しては、年齢を感じることも少なくないのではないでしょうか。

30代から薄っすらと姿を見せ始めたシミも、40代になると全体的に濃くなってくるものです。それは、肌のターンオーバーが乱れてくるからなのです。

<関連記事>
30代以上の肌の悩み、1位はシミ!



正常に4週間でターンオーバーしていた若い頃の肌は、メラニンが蓄積されずにキチンと排出されていたのでシミが気になることもなかったでしょう。でも、40代になるとターンオーバーの働きが悪くなり、6週間もかかってしまいます。この状態が続くと、確実にメラニン色素が肌に残ってしまいシミができてしまうのです。


そして、40代はエストロゲン(卵胞ホルモン)減少などによるホルモンバランスが乱れてくる年代です。ホルモンバランスの乱れはシミの要因の一つでもあります。

ですから、積極的にイソフラボンが多く含まれる食物(大豆食品)を摂取してホルモンバランスを整える意識が必要ですし、抗酸化力の高いビタミンAの緑黄色野菜をとって、体内から肌を活性化させることも大切です。また、ホルモンバランスが崩れてくることでできる「肝班」というシミの悩みが増えるのもこの年代からですよね。


肝班とは、目の下あたりに左右対称にできるシミのかたまりのようなものです。どうしても40代になるとシミの悩みは確実にでてくるのです。シミを消すには、色んな方法があります。皮膚科に行ってレーザー治療でシミを取ってもらう事もできます。


しかし、このレーザー治療は、同じシミでも肝班に施してしまうと更に濃くなってしまうおそれがあるので、シミに対する正確な判断ができる医師の診断のもとで行わなければ後悔することにもなりかねません。ですから、最も安全なシミ対策の方法は日頃からのスキンケアです。

<関連記事>
シミ取りのレーザー治療、失敗例

肝斑は、シミのレーザー治療では消せない!




最近は、肝班に注目した美白化粧品も続々とでてきています。シミと肝班の両方ケアできるので一石二鳥ですよね。また「シミは気になってるんだけど、日頃のお手入れが面倒だからコンシーラーを塗って隠せばいいや‥」って思っている人もきっといますよね。

でも、シミが隠れるのはメイクをしている時だけです。メイクを落としてスッピンになると、シミのある顔が待っています。そして、だんだんとシミが増え続けて鏡をみるのも嫌になってくるかもしれません。できることなら、いくつになっても綺麗な素肌でいたいものですよね。

たまにシミひとつない綺麗なスッピンのお婆ちゃんをみることがありますが、きっと毎日お手入れされてきた結果なんだろうな‥と感じます。



40代は、まだまだこれからです。できてしまったシミは仕方ありません。それを消す努力をすればいいのです。そのためには、シミを消す効果のある成分が高配合されている化粧品で地道にお手入れするのが一番でしょう。手をかける程、お肌は応えてくれるはずです。


そして、肌にいいビタミンたっぷりの食事を意識することで、体内からも美白効果を感じることができると思います。下記ページでは40代の女性におすすめの美白化粧品を紹介していますので、ご参考にされるとよいでしょう。

 40代のためのシミ化粧品、人気ランキング